> How to Use > ホットトピック > 失敗せずにiOS 10にアップデートする方法

失敗せずにiOS 10にアップデートする方法

2016-09-18 Posted by Bak to ホットトピック

概要:
iOS 10がリリースされた後多くのユーザーがアップデートを試したのですが、失敗報告が多いらしいです。どうすれば、アップデート中のエラーを避けて、失敗せずにiOS 10にアップデートできるでしょうか?その方法を皆さんに紹介します。

待望のiOS 10ようやくリリースされました。披露された色んな新機能を試すため、多くのユーザーが即アップデートを行いました。ですが、ネットで調べてみたら、iOS 10アップデートの失敗報告が多いらしいです。アップデートがアップルロゴのところで止まったままになったり、デバイスが工場出荷状態に戻ってしまったり、デバイスが文鎮化されたりするなど、むしろiOS 10に無事にアップデートできるならラッキーとも言えるでしょう。確かにiOS 10アップデートについては、新バージョンがリリースされたからわずか数日間ですし、バッグや不具合が修復されるまでしばらく様子見をしてもいいですね。

次は、できるだけ早くiOS 10を体験したい方々に、失敗せずにiOS 10にアップデートする方法を紹介します。

よく現れるiOS 10アップデートエラー

今まで一番多く見られたエラーは、OTAアップデート(無線ネットワークを経由してアップデート)でデバイスが動けなくなり、つまり文鎮化されることです。他には、プロセス停止、リカバリモード、デバイスリセットなどの状況もよくあります。

失敗せずにiOS 10にアップデートする方法

ステップずつiOS 10のアップデート手順を紹介します。

ステップ1 iOS 10の互換性をチェック

まずは、iOS 10の互換性をチェックしないといけません。特に、iPhone 4s及びその以前のバージョンのデバイスがiOS 10に対応していませんので、要注意です。

ステップ2 iOSデバイスでのデータをバックアップしておく

万が一アップデート中でエラーが発生して、データ紛失になったら大変なので、事前にデバイスでの大事なデータをバックアップしておくのがお勧めです。ここでは、iOS向けのデータリカバリソフトEaseUS MobiSaverを皆さんにお薦めします。簡単な操作で、iOSデバイスでのデータをリカバリ/バックアップすることができます。

ステップ3 iTunesでしかアップデートを行えない場合

1.Wifi接続が安定性に欠ける場合。

2.iOS 6或いはもっと古いバージョンからのアップデート。

3.デバイスが既に脱獄かした場合。

ステップ4 OTAでiOS 10にアップデート

1.必要な準備をします。(1.5GB以上の空き容量、十分な電量、安定したWifi、バックアップ済み)

2.「設定」「一般」「アップデート」「ダウンロード」

OTAでiOS 10にアップデート

ステップ5 iTunesでiOS 10にアップデート

1.iTunesを最新バージョンに更新させて運行して、デバイスをパソコンに接続します。

iTunesでiOS 10にアップデート

2.「デバイス」「アップデートをチェック」「ダウンロード&アップデート」