> How to Use > ホットトピック > macOS Sierra 10.12.1アップデート失敗時の対策

macOS Sierra 10.12.1アップデート失敗時の対策

2016-11-01 Posted by Bak to ホットトピック

概要:
macOSの新しいアップデートmacOS Sierra 10.12.1がリリースされました。しかしアップデート中にエラーが発生して、アップデートが失敗したこともよくあります。この記事では、macOS Sierra 10.12.1アップデート失敗の対策、またはアップデート中に発生するエラーの解決法を皆さんに紹介します。

macOS Sierra 10.12.1アップデートが失敗した?

「macパソコンを使っています。最新のアップデートmacOS Sierra 10.12.1が既にリリースされたと知って、早速アップデートしようとしたが、アップデートプロセスが99%に止まっていて何時間も変わらない状態です。エラーコードも出てなかったので、具体的にはどういう問題なのかは分かりません。macOS Sierra 10.12.1アップデート失敗時の対策を教えていただけないでしょうか?」

macOS Sierra 10.12.1がリリースされた以来、エラーが頻発し、アップデートが失敗するケースが現れました。でもご心配なく、この記事では、macOS Sierra 10.12.1アップデート失敗の対策、またはアップデート中に発生するエラーの解決法を皆さんに紹介します。

macOS Sierraアップデート中のエラーを避けるために

1.パソコンであらゆるウィルス対策ソフトを一旦閉じます。

2.タイムマシンのバックアップを事前に取っておきます。

3.パワーボタンとShiftキーを押します。

4.サーフモードでアップデートを行います。

5.無線ネット接続ではなく、有線接続でアップデートを行います。

アップデートする前の仕度

  • Macデバイスでは最低限2GBのメモリと8.8GBのストレージスペースを残します。
  • 最低限45%の電量を残します。
  • Time Machine或いは他のバックアップソフトでMacでの大事なデータをバックアップしておきます。

macOS Sierra 10.12.1にアップデートした後のデータ紛失

システムのバージョンアップですから、もしうまくアップデートできなかったら、特にシステムディスクではデータ紛失が発生する恐れがあります。事前にバックアップを取っておけばその心配は要りませんが、もしバックアップを取らずにデータが紛失されたら、どうすれば復旧できるでしょうか。ここで、皆さんに無料のMac向けデータ復旧ソフトEaseUS Data Recovery Wizard for Mac freeを皆さんにお薦めします。macOSバージョンアップにより紛失されたデータを簡単に復元することができます。macデータ復旧に需要がある方は是非試してみてください。

1.リカバリソフトを運行して、紛失されたファイルの種類を指定してから「続ける」をクリックします。

紛失ファイルの種類を指定

2.データが消えた場所を選んで「スキャン」をクリックします。

データが消えた場所を選んでスキャンを開始する

3.スキャンが終わると、復元したいファイルの前にチェック入れてから、「リカバリー」をクリックして、パソコンに復元します。

紛失データを復元

 

無料で
紛失データを
完全復活!

強力なスキャン機能で、様々な紛失データを素早く復元しましょう。