> How to Use > ホットトピック > 「Petya」の亜種ー「Petrwrap」被害防止のために役立つ対処法

「Petya」の亜種ー「Petrwrap」被害防止のために役立つ対処法

2017-06-28 15:51:25 Posted by Bak to ホットトピック

概要:
ランサムウェア「Petya」の新しい亜種である「Petrwrap」が6月27日から、欧州やロシアなど世界各地で大規模攻撃をしました。現時点まで日本での被害報告はあまり出ていませんが、「Petrwrap」の被害を防止し、リスクを回避するために、何もしないと不安になるでしょうね。それで、この記事では、ランサムウェアの「Petrwrap」被害防止のために役立つ対処法を皆さんにご紹介します。

ランサムウェア「Petrwrap」とは

ランサムウェア「Petrwrap」は、ランサムウェア「Petya」の新しい亜種であり、直接にシステムをコントロールすることで、ユーザをハードドライブとデータにアクセスさせられません。そして、パソコンのファイルとドライブを暗号化にします。ユーザから暗号解除の頼みがやってきたら、高額な身代金を要求します。問題なのは、身代金を払えな必ずパソコンを復旧してくれる保証はどこでもありませんから、本当にチクショウですね。

では、ランサムウェア「Petrwrap」に感染されるリスクを抑え、被害を控えるには、どうすればいいでしょうか?

ランサムウェア「Petrwrap」の予防

まず、アンチウィルスソフトをパソコンにインストールしてください。アンチウィルスソフトによって「Petrwrap」などのウィルスの攻撃から自分のパソコンを強く守られます。

そして、Windows defenderウィルス対策や更新プログラムをいつも有効にして、あやしいランサムウェア「Petrwrap」ファイルのパソコンにダウンロードを阻止することができます。

また、怪しくて不安全なリンクを決してクリックしません。

なお、知らない人からのメールを随意に開けないほうがいいです。

重要なファイルをバックアップすることは大事

事前に大事なデータやファイルを複数のデバイス ハードディスクにバックアップするのは最善な予防手段と思われています。ここで、人気バックアップソフトEaseUS Todo Backupでデータバックアップの操作方法を皆さんに紹介します。このソフトを利用して、データとファイルをバックアップし、ランサムウェア「Petrwrap」感染によるデータ紛失のリスクを無くしてやるぞ。

ステップ1.ソフトを実行して、「ディスク/パーティションバックアップ」或いは「ファイルバックアップ」を選択します。

ディスク・パーティションバックアップを選択

 

ステップ.バックアップしたいソースデータ、及びバックアップを保存するターゲットディスクを指定します。

バックアップしたいデータと保存先を選択

ステップ.最後に、「実行」をクリックし、バックアップを実行します。


大事なデータをバックアップ済みでしたら、また何か新しいウィルスを遭遇する場合も、万が一パソコンに何か不具合が発生する場合も、データ紛失の心配はなく、すぐデータを取り戻せるようになりました。また、すでに被害を受けた方には、どうにかしてデータの復元を試してみましょう。