• Step 1: ソフトを実行

    まずデータ移行ソフトのTodo PCTransをダウンロードして、パソコン同士にインストールする必要があります。Todo PCTransを2台のPCに同時に実行し、「PCからPCへ」を選択します。
    データ転送するステップ1
  • Step 2: データ転送の要件を確認

    画面の提示のように、2台のPCとも同じネットワークに繋いでTodo PCTransをインストールして開いてください。それから、「続ける」をクリックします。
    データ転送するステップ2
  • Step 3: パソコン同士を接続

    Todo PCTransが自動に同じネットワーク下のPCを検出します。PCをクリックして接続します。目標PCが表示されない場合、PCを追加ボタンをクリックしてIPアドレスを入力することで手動に追加できます。(手動にPCを追加する場合、目標PCのパスワードが要求される可能性があります。
    データ転送するステップ3
  • Step 4: データ移行の方向を決定

    パソコン同士が繋いだ後、転送方向を確認します。このPCから他のPCへ転送する、若しくは他のPCからこのPCへ転送するを選択して「OK」ボタンをクリックします。
    データ転送するステップ4
  • Step 5: データの選択

    転送したいファイル、アプリ、またはアカウントを選択します。「編集」ボタンをクリックして転送したいデータを自由に選択します。
    データ転送するステップ5
  • Step 6: 移行開始

    転送したいデータを全て決定した後、「転送」ボタンをクリックして、移行を始めてください。
    データ転送するステップ6

各OSのサポート期限をチェック!

  • Windows 10/ 8.1/ 7/ Vistaぞれぞれのサポート期限はいつかを今すぐ確認する!

Win 7サポート終了ってどうなる?

  • Windows 7のサポートが終了したら、どういう状況になりますか?
  • 何をしなければなりませんか?何に注意を払わなければなりませんか?

個人・ホームのお客様向け:

楽なPC引越し解決案

もっと見る>
 

ビジネス・法人様向け:

コストを大幅に削減するデータ移行対策

もっと見る>
 
 
  • 各OSのサポート期限
  • Win 7サポート終了
  • 現役PCをWin 10にUP
  • 個人向けのPC引越し
  • 法人向けのデータ移行対策

Windowsの各OSのサポート期限について

 

Windows Vista

  • 2007 年 1 月 25 日 ライフ サイクル開始
  • 2010 年 4 月 13 日 サービス パック サポート終了
  • 2012 年 4 月 10 日 メインストリーム サポート終了
  • 2017 年 4 月 11 日 延長サポート終了
 

Windows 7

  • 2009 年 10 月 22 日 ライフ サイクル開始
  • 2013 年 4 月 9 日 サービス パック サポート終了
  • 2015 年 1 月 13 日 メインストリーム サポート終了
  • 2020 年 1 月 14 日 延長サポート終了
 

Windows 8

  • 2012 年 10 月 30 日 ライフ サイクル開始
  • 2016 年 1 月 12 日 サービス パック サポート終了
 

Windows 8.1

  • 2013 年 11 月 13 日 ライフ サイクル開始
  • 2018 年 1 月 9 日 メインストリーム サポート終了
  • 2023 年 1 月 10 日 延長サポート終了

Windows 7サポート終了まであと

Windows 7のサポート終了

マイクロソフトの製品は発売後、最低5年間の「メインストリームサポート」と、最低5年間の「延長サポート」が提供される。メインストリームサポートでは、新機能の追加や仕様変更も含めて幅広いサポートが提供されるが、延長サポートに入ると基本的に、セキュリティ関連の更新プログラムのみの提供となる。つまり、延長サポートが終わるということは、セキュリティ更新プログラムが提供されなくなるということだ。

Windows 7は、2009年10月からサポート開始、2015年1月13日のメインストリームサポート終了を経て、2020月1月14日をもって延長サポートも終了する見込みです。

Windows 7サポート終了まであとと

Windows 7の延長サポート終了後、以下の被害を受ける可能性があります:

 

ウィルスへの感染

 

個人情報の漏洩

 

フィッシング詐欺

 

パソコンの乗っ取り

注:まだWindows 7を使っているユーザーは一刻も早くWindows 10にアップグレードする必要があると思います。

現役PCをWin 10にアップグレード

  • step 1. 各項目を確認する
  • step 2. インストールツールをダウンロード
  • step 3. アップグレードを開始
  • *別のPCでインストールする方法
  • 1.Windows 10のシステム要件を確認:

    Microsoftのページで記載されている条件はWindows 10が動けるため最低使える条件です。また、PCメーカーのホームページで現在使用中のモデルがWindows 10に対応するかを確認することもできます。

    2.システムディスク・ドライブの空き容量確認:

    Windows 10にアップグレード・インストールするため、最低10GBの空き容量が必要です。

    3.周辺機器を取り外したことを確認:

    パソコンに接続中のUSBメモリ、CD/DVD、外付けHDDは、アップグレードの邪魔になるかもしれないので、アップグレードを進む前に、取り外す必要があります。

    4.ウィルス対策ソフトウェアを無効にしたことを確認:

    ウィルス対策ソフトを無効にしないと、アップグレードする時に、ウィルスと勘違いしてシステムファイルを消去することがあります。

    個人・ホームユーザー向けのPC引越し

    Todo PCTransによる完全・自動のデータ移行を始めよう!

    によってデータ:

    •  

      2台のPCでデータ移行ソフトをインストールします。

    •  

      データソフトを実行し、ネットワーク経由でパソコン同士を接続します。

    •  

      データ、アプリ、設定、アカウントなどを選択して一括に移行します。

    詳細操作ガイドはこちら >>
    無料ダウンロード

    対応OS:Windows 10/8.1/8/7/Vista/XP

    • ネット経由でデータ移行
    • イメージファイル経由で移行可能
    • インストール済みのアプリの場所を変更
    Todo PCTransをもっと知る>>

    ご法人様向けのデータ移行策

    Todo PCTransによって社内のデータ移行を自動化!

    移行先のパソコンに繋がって、データ、アプリ、設定、アカウントなどを一括に、完全に移行する完璧なデータ移行策です。
    ご法人様用のTechnicianライセンスなら、認証回数に制限なし!社内で何台のパソコンがあっても、効率的にデータ移行が行えますので、ご法人様にとって最適なデータ移行策でもあります。

    EaseUS Todo PCTrans Technician

    コスパに優れていて、柔軟なご法人様向けのデータ移行ソリューション。
    PC一台当たりでなんと10時間、支出73,500円を削減!

    無料体験

    対応OS:
    Windows 10/8.1/8/7/Vista/XP
    Windows Server 2019/2016/2012/2008

    Windows 7サポート終了まであと

    PC引越しに関するトピックス