> How to Use > ファイル復旧 > 切り取り操作の後失われたファイルの復旧方法

切り取り操作の後失われたファイルの復旧方法

2014-08-14 Posted by James.R to ファイル復旧

概要:
ファイルを扱う時、「Ctrl + C」、「Ctrl + X」や「Ctrl + V」などのショットカットを使ってから、切り取りされたデータが紛失する可能性があります。EaseUS Data Recovery Wizardを使用したら、失われたファイルを復旧できます。

データが失ったことに時々遭いまして、もちろん困ります。たとえば、いくらかのファイルを扱う時、我々は「Ctrl + C」、「Ctrl + X」や「Ctrl + V」などのショットカットを使って、仕事を完成します。でも、事故は起こりがちなものです。切り取り操作の後で、「Ctrl + V」を押す前に、データが紛失する可能性があります。そういう時、切り取り操作の後失われたファイルの復旧方法を尋ねる必要があるかもしれません。

概要

ショットカットキーを使ってファイルを切り取りする時データが失われたという状況が本当に通常なので誰でも会えます。普通の人々にとって、切り取り操作の後失われたファイルを復旧することが簡単ではないです。そういう問題に会う時、どう解決すればいいでしょうか。

まず、元のデータに新のことを入れて上書きをしないでください。でなかったらデータが永久に消えてしまいました。また、データを復元するために、EaseUS Data Recovery Wizardというプロのソフトウェアが必要です。EaseUS Data Recovery Wizardを使用したら、切り取り操作の後失われたファイルを復旧できます。

切り取り操作の後失われたファイルを復旧する方法

トラブルに会う時、もっと多くの過失を避けるために、一つのプロのデータ復旧ソフトウェアを求めるべきです。EaseUS Data Recovery Wizardは強力的かつ完備的なデータ復旧のソフトウェアで、どんなデータが無くされた状況でも対応できます。この認定されたソフトウェアは切り取り操作の後失われたファイルの復旧にオフィスユーザを手伝えます。

EaseUS Data Recovery Wizardを使ったら、切り取り操作の後どのように失われたファイルを復旧しますか?

Step1.EaseUS Data Recovery Wizardを実行して、復元したいファイルが失った場所を選んでください。それから、スキャンをクリックします。

切り取り操作の後EaseUS Data Recovery Wizardで失われたファイルを復旧するステップ 1

Step2.クイックスキャンが完了した後、出て来たファイルをご確認いただけます。そして、より多くのファイルを検出できるディープスキャンも自動的に行っています。

切り取り操作の後EaseUS Data Recovery Wizardで失われたファイルを復旧するステップ 2

Step3.スキゃンが終わったら、リストされたファイルを一つずつプレビューして必要のことを選んでください。それから、「リカバリー」をクリックして復旧します。ここでは、データを上書きされることを防止するために、ほかのディスクで復旧したファイルを保存してください。

切り取り操作の後EaseUS Data Recovery Wizardで失われたファイルを復旧するステップ 3

EaseUS Data Recovery Wizardはデータを有効に復旧できるので、このソフトを利用して切り取り操作の後失われたファイルを復旧するなどの問題に二度と心配する必要はないと思っています。 EaseUS Data Recovery Wizard for Macも失われたMacファイルを復旧でき、Macユーザにも援助できる強力なソフトウェアです。

EaseUSが選ばれる理由