Windows 10におけるWindows転送ツールの無料代替手段

モンディー |カテゴリ:PC引越し| 2022年07月26日に更新

概要:

Windows 10ではWindows転送ツールが利用できないことはよく知られています。では、Windows転送ツールの代わりとして、何が利用されているのでしょうか。その代替手段を入手したいなら、こちらの記事を参考になさってください。

Windows転送ツールはどうなる?

Windows Vista/7/8/8.1で利用可能なWindows転送ツールは、Microsoftにリリースされた公式のデータ移行ツールで、ファイル(ユーザーアカウント、ドキュメント、音楽、写真、電子メール、お気に入り、ビデオなど)とPC設定を転送するように設計されています。古いデバイスを交換したり、PCのアップグレードをしたりする場合、Windows転送ツールは、異なるPCの間でファイルと設定をコピーするのに役立ちます。例えば:

  • Windows VistaからWindows 7
  • Windows 7からWindows 8

ただし、Windows転送ツールはWindows 10では使用できません。Windows 7からWindows 8以降のOSバージョン(Windows 7からWindows 10、Windows 8からWindows 10、Windows 8からWindows 11、Windows 10からWindows 11など)にデータを転送する場合、Windows転送ツールが何のためにもなりません。 
では、Windows 10にはデータ移行ツールがあるのでしょうか?応えはイエスです。利用可能なサードパーティソフトウェアがいくつかあります。詳細については、次のパートに入りましょう。 

Windows 10でのWindows転送ツールに代わるものは何?

さまざまなPC転送ソフトウェアの中から、最も信頼性の高い3つのツールと1つの転送ケーブルを選び出して説明します。それらにより、2つのデバイス間でファイルと設定を転送したり、プログラムを新しい宛先に自動的に移動したりできます。 

トップ3のデータ移行ツールと1つの媒介:

  • EaseUS Todo PCTrans-無料転送、最速
  • Windowsデータ転送ケーブル
  • PCmoverExpress -MicrosoftおよびIntelと提携
  • Zinstall WinWin-使いやすい

次のパートでは、これらの転送ツールの主な機能と、PC間/ドライブ間でデータを転送する方法について説明します。

#1.Windows転送ツールの無料代替-EaseUS Todo PCTrans

Windowsの古いバージョンからWindows 10またはWindows 11にデータを転送する場合は、EaseUS Todo PCTransを参照してください。EaseUS Todo PCTransは、インストールされているプログラム、既存のファイル、およびユーザーアカウントをLAN経由で別のPCまたはHDD/SSDに移行できます。
その他の機能:

  • すべてをコピーして、ユーザーエクスペリエンスを容易にし、古いPCと同じように新しいPCを実行します。
  • データ保護: 「バックアップと復元」機能を使用してアプリとデータを外付けハードドライブにバックアップしてから、ローカルPCまたは新しいPCに復元します。
  • Cドライブの空き容量を増やす:システムディスクまたはパーティションの空き容量が不足になったら、「アプリの移行」機能を利用してスペース容量を解放します。
  • 起動しないまたはフリーズしたPCからデータをエクスポート:コンピューターでブルースクリーンなどの予期しない起動エラーが発生したら、すべての個人データを正常なPCにエクスポートします。
  • プロダクトキー確認:Windows、Office、およびAdobeを移動した後、それらを再度アクティブ化するには、プロダクトキーが必要です。

無料のデータ転送アプリをダウンロードするには: 

古いPCから新しいPCにすべてのデータを転送する方法

Step 1:Todo PCTransを2台のPCに同時に実行し、「PCからPCへ」を選択します。(画面の右上にある「認証コード」をクリックすることで本PCの認証コードを確認することが可能)

Step 2:ここで移行可能なPCが自動的に検出され、左側に表示されます左側から目標PCを選択して「接続する」ことができます。目標PCがない場合は、「PCを追加」ボタンをクリックしてipアドレスで追加することができます。

ご案内:認証コード」をクリックして認証コードでPCを追加することも可能です。

Step 3:転送したいファイル、アプリ、またはアカウントを選択します。「編集」ボタンをクリックして転送したいデータを自由に選択します。

Step 4: 転送したいデータを全て決定した後、「転送」ボタンをクリックして、移行を始めてください。

#2.Windowsデータ転送ケーブル

Windowsイージートランスファーケーブルは、Windowsバージョンでデータを転送するのに用いられています。

手順1.両方のコンピューターを起動して、USBケーブルで接続します。USBケーブルが認識できることを確認してください。
手順2.インストールウィザードが起動します。[USB Super Link Adapter]を選択し、[次へ]をクリックします。
手順3.[Mode]ドロップダウンメニューで、[High-Speed Data Bridge]を選択します。
手順4.スタートアイコンを右クリックし、メニューから[デバイスマネージャー]を選択します。[システムデバイス]を展開して、USBケーブルを確認します。
手順5.インストールディスクをCD/DVD-ROMドライブに挿入し、ガイドに従ってデータ転送ソフトウェアを使用します。
関連記事:USBメモリを使ってPC引越しを行う方法

#3.強力なWindows転送ツール-PCmoverExpress 

PCmoverExpressは、MicrosoftおよびIntelと提携しており、Windows XP/Vista/7/8/8.1/10/11のデータ転送分野でなかなかのいい評判を持っています。そのサーバーは、異なるWindowsデバイス間でファイル、プログラム、および設定を自動的に転送します。 
個人ユーザーの場合、アプリ移行機能は無料ではありません。
PCMover Professionalのダウンロードと支払い:https://web.laplink.com/jap/product/pcmover-professional-jap/#tabs2

#4.Zinstall WinWin

Zinstallは、プログラム、ドキュメント、音楽、写真、お気に入り、電子メール、アカウント、パスワード、プロファイル、設定、そしてすべてのファイルを移行できます。また、古いPCからすべてをちゃんと取り除くことにも信頼できます。
Zinstallの操作手順:両方のコンピューターにZinstall WinWinをダウンロードして実行>転送するファイルとアプリケーションを選択>[移動]をクリックして転送プロセスを開始します。

最後に

すべてのデータ転送プログラムをテストした後、転送プロセスを実行するには、EaseUS Todo PCTransを強くお勧めします。サポートチームのテスト結果によると、EaseUS Todo PCTransはデータ転送にかかる時間が短縮されているし、そのI/O(読み込み・書き込み速度)パフォーマンスも向上するのです。つまり、このソフトウェアを利用して、すべてのファイル、アプリケーション、および設定を簡単かつ安全に移動できます。