簡単・迅速|異なるネットワークのPC間でファイルを共有

aoki |カテゴリ:PC引越し| 2023年02月21日に更新

概要:

この記事では、異なるネットワーク上の2台のPC間でファイルを共有するために役立つ、試行錯誤のガイドを提供します。2つのパソコンが異なる場所にある場合は、心配しないでください、我々は助けることができます。この記事を注意深く読んで、異なるネットワーク上のPC間でファイルを共有してください。

「ここで私のジレンマは、ビジネスパートナーが自宅で仕事をし、私はオフィスでWindows 10のデスクトップを使用していることです。このデスクトップには、ほとんどのファイルが入っています。彼がファイルにアクセスする必要がある場合が多いので、私は彼に電子メールを送る必要があります。それが気が散って、私たちの仕事のプロセスを遅らせることになっています。そこで質問ですが、これを改善する最善の方法は何でしょうか?私のファイルを彼と共有するには、どのような方法が一番良いのでしょうか?何か提案はありますか?」

今日では、PC間でファイルを共有することが一般的です。ありがたいことに、2つのラップトップやパソコンの間でファイルを共有することは、あなたが思うよりもはるかに簡単であり、あなたは彼らが別のネットワーク上にある場合でも、複数の方法でそれを行うことができます。以下の3つの方法に従って、2つのパソコンまたはラップトップ間でファイルを転送します。

異なるネットワーク上のPC間でファイルを共有する三つの方法

異なるネットワーク上のPC間でファイルを共有する場合、ネットワーク接続の問題を解決する方法の分析に時間を費やすユーザーもいるでしょう。ここでは、3つの方法をご紹介します。最適な方法をお試しください。

時間を節約し、スムーズなデータ転送を実現するために、パソコンに余分なストレージスペースを必要としないPC 用ファイル共有ソフト - EaseUS Todo PCTrans Freeを強くお勧めします。ファイルエクスプローラーとクラウドサービスは、異なるネットワークの下でファイル転送の問題を解決することができ、一方はより多くの接続手順を必要とし、もう一方は十分なクラウドスペースを必要とします。

ファイル転送ソフトを無料でダウンロード:

1.推奨-ファイル転送ツールによるファイル共有

2台のパソコンが別々の場所にある場合やインターネット上にある場合は、PC 用のファイル共有ツールの利用をお勧めします。また、外付けのハードディスクやUSBを用意する必要があります。しかし、この方法は、他の2つの方法と比較して、ストレージのスペースと時間を節約することができます。

PC間でファイルを共有するこの方法は、ニーズが一時的な場合や、ネットワーク共有やホームグループなどを作成したくない場合に便利です。さらに、この方法では、ネットワークに接続する必要がありません。外付けハードディスクドライブをパソコンに接続し、そこにバックアップファイルを作成するだけです。

バックアップ&復元によるファイル共有の詳細

ステップ1.転送するバックアップファイルを作成します。

  • 移行元PCでEaseUS Todo PCTransを起動します。「バックアップと復元」をクリックし、「スタート」をクリックして先に進みます。
  • 「データバックアップ」を選択し、「次へ」をクリックします。バックアップファイルの名前を決め、バックアップ先として外付けUSBドライブを設定します。
  • 「ファイル」セクションをクリックして、ファイルを選択します。その後、「バックアップする」をクリックし、処理が完了するのを待ちます。

作成が完了したら、「OK」をクリックして確認します。USBドライブを安全に取り出して、ターゲットPCに接続します。USBを使用して新しいPCにファイルのバックアップを復元するために移動します。

ステップ2.ネットワークがないパソコンにバックアップファイルを復元・転送します。

  • 移行元PCで作成したファイルを保存した外付けUSBメモリを移行先PCに接続します。EaseUS Todo PCTransを起動し、「バックアップと復元」→「スタート」→「データの復元」→「次へ」をクリックします。
  • 「参照」をクリックして、USB ドライブにあるイメージファイルを探します。その後、正しいバックアップファイルを選択し、「復元」をクリックして続行します。
  • 特定のファイルを選択し、「復元」をクリックします。

そして、異なるネットワーク上のPC間でファイルを共有することが許可されます。

ファイル共有ソフトでできること

  • ネットワーク接続やバックアップファイル経由でのユーザーアカウントの転送
  • Windowsのインプレースアップグレード後に、ユーザーのアカウント設定、ユーザーデータ、個人設定、電源設定を、あるPCから別のPCへ、または以前のOSから新しいOSへの移行
  • ネットワーク接続やバックアップファイル経由でアプリケーションやデータの転送
  • Windowsのインプレースアップグレード後に、選択したアプリケーションとデータをPC間で、または以前のOSから新しいOSへの転送
  • アプリケーションの転送(最新のアプリケーション互換性リストにより、転送可能な最新のアプリケーションを取得することができる。新しいPC/OSでアプリケーションの再アクティベーションが必要な場合がある。Windows XP/7/8からWindows 10へのデータ/アプリの転送に対応している)

ファイルを共有したいパソコンが同じLAN上にある場合は、こちらの記事「同一ネットワークでのPC間でファイルを共有・転送する方法」もおすすめです。

同一ネットワークでのPC間でファイルを共有・転送する方法

本記事は、LANファイル共有ソフト「EaseUS Todo PCTrans」、「Windows Nearby Sharing」、クラウドサービス「Windows OneDrive」を使って、PCからPCへワイヤレスでファイルを共有する代表的な方法を紹介します。

2.ファイルエクスプローラーで2台のPC間でファイル共有

ファイルエクスプローラーは、Windows 10でファイルを共有する方法についての方法を提供します。異なるネットワーク環境のために、Windowsのファイル共有のための異なる伝送方法を提供します。

ステップ1:ファイルエクスプローラーを開きます。

ステップ2:共有したいファイルを含むフォルダを選択します。

ステップ3:リボン上の「共有」をダブルクリックします。

ステップ4:共有」ボタンをクリックします。

ステップ5:メールやマイクロソフトのアプリなど、共有アプリを選択します。

3.クラウドサービスによるファイルの同期

Dropbox、Google Drive、OneDrive、iCloudなどのクラウドサービスを使って、2台のPC間でファイルやフォルダを同期することもできます。この方法の唯一の欠点は、クラウドの容量が限られており、ファイルをクラウドにアップロードしてから、もう一方のデバイスでダウンロードする必要があることです。これは、インターネット接続が遅い場合には、楽しむことができないものです。

ここでは、OneDriveを例にして、異なるネットワーク上のPC間でファイルを共有する方法を紹介します。

OneDriveによるWindowsファイル共有:

PC間でファイルを共有したい場合は、以下の手順で行います:

Step1:検索バーにOneDriveを入力し、開きます。

Step2:共有したいファイルを右クリックし、「OneDriveリンクの共有」を選択して、共有可能なリンクを作成します。

ステップ3:リンクをコピーして、リモートPCを操作する人に送信します。すると、リンクを受け取った人は、OneDriveに保存されているファイルにアクセスできるようになります。

あなたの選択は?

他の2つの方法と比較して、EaseUS Todo PCTransはストレージスペースと時間を節約することができます。実際に使ってみて、このファイル転送ツールが役に立ったかどうか教えてください。使用方法などについて、何かご質問があれば、右側のライブチャット、support@easeus.com にメールを送るか、サポートセンターまでご連絡ください。