Windows 11にアップデートする前にCドライブの空き容量を確保する方法 - EaseUS

Yiko |カテゴリ:PC引越し| 2022年05月23日に更新

概要:

これは、Windows 11 にアップグレードする前にCドライブの空き容量を確保する方法についての完全なガイドです。ここで紹介する5つの方法てを通じて、簡単にCドライブの空き容量をすべて解放することができます。

Windows 11にアップデートするためのcドライブの容量を確保する方法

Windows11にアップグレードする前に、Cドライブに十分な空き容量があるかを確認してください。システムドライブの容量が足りないと、パソコンにWindows11をインストールできなくなります。以下の操作手順に従って、Cドライブの空き容量の状況を確認してください。

以下の手順に従って、ドライブの使用済みの容量を確認することができます。

  • Winアイコンをクリックして、設定タブを選択します。
  • システムオプションをクリックします。
  • 次に、左側にあるメニューから記憶域をタブで移動します。

  • 次に、記憶域セクションのもとで、ハードドライブで最も多くの容量を占めているものを確認できます。
  • 各ファイルタイプを調べて、ファイルとそれが使用しているストレージスペースを確認できます。必要に応じて、「今すぐ空き領域を増やす」をクリックして、一時ファイルの一部を削除します。

上記はシステムの各フォルダの使用容量を確認する方法です。また、Windows11をインストールするために、通常はCドライブが少なくとも64GBの空き容量が必要となります。もし、システムドライブの容量が足りない場合は、以下のWindows11に更新するためのディスク容量を増やす方法を参考にしてください。

Windows11にアップデートするためのディスク容量を増やす方法

ディスク容量を増やす基本的な方法は、全てのシャングファイルを削除することです。でも、実は、ファイルを削除せずにディスク容量を増やす方法もあります。それは、EaseUSTodoPCTransというデータ引っ越しソフトを使って、Cドライブからジャンクファイルや大容量ファイルを削除したり、アプリケーションやプログラムを移行したりすることです。また、この専門な引っ越しソフトには、ネットワークの経由で転送、画像ファイル、ローカル転送の3つの異なるモードを提供します。Adobeソフトウェア、、Zoom、Spotify、AutoCAD、Dropboxなどの色々なアプリケーションをサポートします。ご興味があれば、以下の青ボタンをクリックして、無料ダウンロードできます。

ステップ1. EaseUS Todo PCTransを実行して左側のメニューで「大容量ファイルクリックアップ」を選択して、「スタート」ボタンをクリックして大容量ファイルのクリーンアップを開始します。

ステップ2.スキャンしたいドライブを選択して、「スキャン」をクリックすることで、当該ドライブに存在している20MB以上のファイルが全て検出されます。

ステップ3.ここで削除したい大容量ファイルを選択して「移動」をクリックします。(参照ボタンをクリックすることで、大容量ファイルの移動先を指定することができます。)

 

Windows古いフォルダを削除する

Windowsの古いフォルダを削除するには、以下の手順に従います。

  • Windowsアイコンから「ディスククリーンアップ」タブを検索します。
  • ディスクのクリーンアップオプションをクリックします。
  • 「システムファイルのクリーンアップ」をクリックします。

その後、内部処理がシステム上で行われるまで、しばらくお待ちください。その後、別のボックスがポップアップ表示され、計算することがわかります。ここで、計算処理が完了するまでしばらく待ちます。すると、別の新しいウィンドウが画面にポップアップ表示されます。現在のメニューから、スクロールダウンして以前のWindowsのインストールを検索します。見つかったら、その左側にある四角いボックスをクリックします。

Windows 記憶域を使用する

Windowsの記憶域を使用するには、次の手順で操作します。

  • Windowsアイコンをクリックして、設定を開きます。
  • システムオプションをクリックします。
  • 左側にあるメニューから、記憶域をクリックします。
  • 記憶域ニューの下にあるローカルストレージというオプションをクリックします。

すると、「空き領域を自動的に増やす方法を変更する」上にあるアイコンを有効にします。

ディスクの管理を使用してシステムファイルをクリーンアップする

ディスクの管理を使用してシステムファイルをクリーンアップするには、古いフォルダのクリーンアップに使用したのと同じ手順を踏むことができます。まず、不要なシステムファイルを確認してください。システムファイルのクリーンアップを行って、それらを削除します。しばらく待つと、すべての不要なシステムファイルが削除されます。

一時ファイルやフォルダを削除する

  • 定期的に一時ファイルを削除すると、ドライブの空き領域を増やすことができます。
  • 一時ファイルを削除するには、「設定」タブの「ストレージ」オプションに移動します。
  • ここで、一時ファイルオプションをクリックします。
  • 一時ファイルのさまざまなカテゴリのメニューが表示されます。削除したい一時ファイルの種類をすべて選択します。
  • 今すぐ削除したいファイルを選択すると、ファイルの削除オプションをクリックします。

しばらく待つと、すべての一時ファイルが削除されます。

CドライブのWindows 11 / 10でディスク容量不足のエラーを予防する対策

以下は、Windows 11/10のディスク容量不足のエラーを予防するための対策についてご紹介します。Cドライブに十分な空き領域を確保するように、他のドライブに大きなプログラムをインストールします。また、ファイルやプログラムをインストールする前に、ファイルサイズを確認することを忘れないでください。Cドライブにある無駄な大容量ファイルをクリーンアップして削除します。また、あまり使わないアプリやソフトウェアを削除することもお勧めします。EaseUS Todo PCTransは簡単でシンプルなので、このすべてを行うために使用することができます。 windowsフォルダのサイズを小さくします。

ステップ1. EaseUS Todo PCTransを実行して左側のメニューで「大容量ファイルクリックアップ」を選択して、「スタート」ボタンをクリックして大容量ファイルのクリーンアップを開始します。

ステップ2.スキャンしたいドライブを選択して、「スキャン」をクリックすることで、当該ドライブに存在している20MB以上のファイルが全て検出されます。

ステップ3.ここで削除したい大容量ファイルを選択して「移動」をクリックします。(参照ボタンをクリックすることで、大容量ファイルの移動先を指定することができます。)

 

まとめ

Windows 11 Updateを行う前に、Cドライブの空き領域を確保する方法についてご紹介しました。いかがでしょうか?記事内で紹介しているEaseUS Todo PCTransまず、ストレージ容量を食いつぶしているさまざまなファイルをすべてチェックします。あなたは簡単にすべての上記の5つのメソッドを介してあなたのCドライブのすべてのストレージスペースを解放することができます言及した。あなたのストレージスペースを最大化することを行ったら、今度はストレージスペースを管理するための時間です。ジャンクファイルを削除し、定期的にそれらをクリーンアップする必要があります。それを成功させるために、上記のすべての指示に従ってください。最後に、これは将来的により良いストレージスペースの管理を持つことになります。