> How to Use > Macデータ復元 > macOS Sierraアップデート中のエラーや不具合を解決する方法

macOS Sierraアップデート中のエラーや不具合を解決する方法

2016-09-22 Posted by Bak to Macデータ復元

概要:
macOS Sierraがリリースされたからは、間もなく多くのユーザーにMacにインストールされました。しかし、アップデートを実行する過程に、不明なエラーメッセージ或いは不具合が出て、アップデートプロセスが止められたり、インストールされてもシステムが正常に動かなかったりなどで、macOS Sierraへアップデートが失敗となってしまいます。どうすれば、macOS Sierraアップデート中のエラーや不具合を解決できるでしょうか?その方法を皆さんに紹介します。

macOS Sierraアップデート中エラーが

「Macを使っています。先日最新のmacOS Sierraがリリースされたと聞いて、早速自分のMacでアップデートを行いましたが、うまくできませんでした。アップデートプロセスが45%のところで止まってしまいまして、何時間も待ったが、変わりありませんでした。ネットで調べてみると、何かパソコンでは不具合があるらしいです。macOS Sierraアップデート中のエラーや不具合を解決する方法あるでしょうか?是非教えてください。お願いします。」

macOS Sierraがリリースされた以来、アップデートが失敗したという声がよく耳に入っています。この記事では、macOS Sierraアップデート中のエラーや不具合を解決する方法、またはアップデートする前の準備と過程中の注意点を皆さんに紹介します。

macOS Sierraアップデート中のエラーを避けるためには

1.パソコンであらゆるウィルス対策ソフトを一旦閉じます。

2.タイムマシンのバックアップを事前に取っておきます。

3.パワーボタンとShiftキーを押します。

4.サーフモードでアップデートを行います。

5.無線ネット接続ではなく、有線接続でアップデートを行います。

注意点1 macOS Sierraの互換性をチェック

macOS Sierraが全部のMacデバイスをサポートできるわけではありませんので、まずは自分のデバイスがmacOS Sierraにサポートされているかどうかを確認してください。下記はmacOS Sierraの対応機種です。

2009年以降生産された:

  • iMac
  • MacBook

2010年以降生産された:

  • MacBook Air
  • MacBook Pro
  • Mac mini
  • Mac Pro

注意点2 アップデートする前の準備

  • Macデバイスでは最低限2GBのメモリと8.8GBのストレージスペースを残します。
  • 最低限45%の電量を残します。
  • Time Machine或いは他のバックアップソフトでMacでの大事なデータをバックアップしておきます。

注意点3 macOS Sierraにアップデートした後のデータ紛失

システムバージョンアップした後、特にシステムディスクではデータ紛失の現象が頻発なので、事前にバックアップを取っておいたら問題ないですが、もしバックアップを取らずにデータ紛失が起こったらどうすればいいでしょうか。ここで、皆さんにMac向けデータ復旧ソフトEaseUS Data Recovery Wizard for Macを皆さんにお薦めします。システム更新により紛失されたデータを簡単に復元することができます。macデータ復旧に需要がある方なら、是非試してみてください。

1.EaseUS Data Recovery Wizard for Macを運行して、紛失されたファイルの種類を選択してから「続ける」をクリックします。

紛失ファイルの種類を選択

2.データが消えた場所を選んで「スキャン」をクリックします。

スキャンをクリック

3.スキャンが終わると、復元したいファイルをチェック入れてから、「リカバリー」をクリックして、パソコンに復元します。

紛失データを復元

無料体験版がありますので、まずは無料体験版でmacデータ復元を試してはいかがでしょうか。 

EaseUSが選ばれる理由