[初心者向け]HDDをSSDにミラーリングする方法

Harumoe |カテゴリ:ディスクコピー| 2022年05月26日に更新

概要:

ハードドライブとソリッドステートドライブとは何ですか。HDDの性能を向上させるにはどうすればいいですか。HDDをクローンする必要があるとき、具体的にどうしますか。本文はHDDとSSDの概念を解明したうえで、HDDをSDDにミラーリングする方法を紹介します。

HDDとSSD

HDDとは

ハードディスクドライブ(HDD)とソリッドステートドライブ(SSD)は、物理的な構成は似ていますが、データの保存方法がまったく異なります。両方ともメリットとデメリットがあります。適切なタイプを選択するには、コンピューターでのアクティビティによって異なります。

HDDは、情報の読み取りと書き込みをプラッターに依存しています。これは、1つまたは複数の磁気テンダープラッター、各プラッター用の読み取り/書き込みヘッドを備えたセレクターアーム、およびアームを動かしてプラッターを回転させるローラーブレードで構成されています。

HDDプラッターは、4200 rpm〜7200 rpmの事前設定速度で回転し、読み取り/書き込み速度を決定しています。事前設定された速度が速い場合、ハードドライブはデータの読み取りと書き込みも高速になります。HDDはテスト済みのテクノロジーであり、同量のストレージを備えたSSDと比較して安価です。

SSDとは

SSDは、フラッシュメモリーを利用することで、より高い耐久性と性能を発揮します。また、エネルギー消費量も少なく、可動部品もありません。同じような技術を使用しているので、大きなUSBドライブとすることもできます。

SSDは、データをブロックに格納し、データの一部が更新されるたびにリフレッシュする必要があります。古いブロックに保存されているデータは、新しいブロックに転送され、変更内容とともに書き直され、古いブロックは消去されます。SSDは、以下のようなメリットがあるため、HDDより人気を受けています。

  • 速い読み取りおよび書き込み速度:  SSDは、3400/3000MB/秒という圧倒的な読み取りおよび書き込み速度を実現する。
  • HDDに比べ耐久性が高い:可動部が多く故障しやすいHDDに比べ、SSDはサイズが小さいため、転送中のデータの損失を防ぐ。
  • 電力とエネルギー効率:  SSDが消費したエネルギーが少ないため、コンピューターでの様々の操作をうまくいくことを。
  • より実用的なサイズ要因:  SSDはHDDに比べてサイズが非常に小いので持ちやすい。

HDDをSSDにミラーリングする時必要な準備

HDDからSSDへのクローン作成は様々な理由がありますが、その利点は内蔵ハードドライブのクローンのと同じです。それはデータ保護、及びHDDのアップグレードに役に立っている。

下記に従って、HDDのクローンを作成しましょう。

  • SSD上のすべてのデータのバックアップと消去:ターゲットデバイス上のすべてのデータがクローン作成中に消去されるため、SSD上のデータをバックアップするのを忘れないようにします。SSDの消去は、クローン作業に十分なスペースを作成するために避けないステップです。
  • 接続されている外部デバイスをすべて取り除く:デスクトップコンピューターは、複数のハードドライブを接続できるので、HDDからSSDにファイルを正しくクローンするには、USBストレージデバイスやプリンターなどの外部デバイスを切断するのが必要です。
  • ディスククローンソフトウェアをダウンロードしてインストールする:ディスククローンソフトウェアを使うと、クローン作業を迅速かつスムーズに行うことができる。Windowsは内蔵のツールがないので、サードパーティのディスククローンツールを利用したほうがいい。
  • USB-SATAアダプター: ラップトップを使用している場合、SSDにはハードドライブスロットしかないため、USB-SATAアダプターを利用してSSDを接続します。

HDDミラーソフトウェア–EaseUS Disk Copy

ユーザーは、HDDをアップグレードしたいときに、HDDのクローニングはたまたま必要です。MicrosoftOS上でコピーとペーストに似た方法ですべてのファイルを一つ一つコピーすることができます。でも、このプロセスの問題は、ハードドライブのすべての内容を別のドライブにコピーするための信頼できかつ効率的な手段がないことです。デバイスのハードドライブを別のハードドライブに安全かつ効果的にクローンするには、EaseUS Disk Copyなどのサードパーティのソフトウェアが必要です。

EaseUS Disk Copyは効果的で安定したクローンソフトウェアで、クローン処理中にファイルの安全を保証します。データ損失なしに、100%のオリジナルデータを新しいドライブにクローンすることができます。

EaseUS Disk CopyでHDDをSSDにミラーリングする方法

EaseUS Disk CopyでHDDをSSDにミラーリングするには、まず、このソフトをダウンロードしてインストールします。ソフトをインストールされたあと、それを起動して、後は次の手順に従ってください。

ステップ1:ソフトの初期画面で「ディスクモード」を選択してください。それから、ソースディスクを指定して「次へ」をクリックします。

ご案内:セクターレベルのクーロンを望むなら、「セクターバイセクター方式コピー」をチェックしてください。それから、ソフトはディスクのセクターを1つずつコピーします。コピー操作は完了した後、クローン先とクローン元は完全一致となります。

ステップ2:ターゲットディスクを選択した上、「次へ」をクリックします。ターゲット上のデータが全て消去されますという警告メッセージが表示されます。ターゲットディスクに大事なデータがない場合、「OK」をクリックして継続します。

ステップ3:ディスクのレイアウトを編集して「実行」をクリックすることで継続します。

ご案内:ターゲットディスクがSSDの場合、SSDの最適化をチェックしてください。

ステップ4:コピーのプロセスが始まります。しばらく待つと、そのプロセスが完了することができます。

結論

HDDからSSDへのミラーリングは、古いディスクをアップグレードし、システムクラッシュ、ハードディスク故障、突然の削除によるデータ損失を防止するための最良の手段です。SSDはHDDより効率的で、PCで作業する時、より良い体験ができる。

ハードディスクをクローンする場合、高性能なサードパーティツールとして、EaseUS Disk Copyは最適な選択と言えます。