[2022最新]Windows 11/10用クローンソフトウェアトップ5

Harumoe |カテゴリ:ディスクコピー| 2022年06月27日に更新

概要:

パソコンの動作が遅いのでまだ悩んでいますか?HDDをSSDにアップグレードする方法について、まだ途方に暮れているのですか?本記事は、HDDからSSDへのクローンソフトウェア5つをご紹介いたします。本記事を読んで、簡単にHDDをSSDにアップグレードする方法を学びましょう。

なぜHDDからSSDにアップグレードするのが必要?

現在では、Solid-State Drive(SSD)がユーザーに好まれています。一般的なユーザーであれば、大容量のHDDで十分かもしれませんが、高解像度、高フレームレートを好むゲーマーや、動作速度に高い要求を持つユーザー、複数のタスクを処理し、大容量のソースファイルを転送するデザイナーにとっては、HDDをSSDに置き換えることが最良の方法となります。ここでは、SSDのメリットをご紹介いたします。

  • 高速なデータ読み取りと転送速度
  • 信頼性の向上
  • 熱拡散率が低い
  • ノイズなし

Windows 11/10用HDDからSSDへのクローンソフトは何ですか?

パソコン初心者の方でも、操作方法がわからなくても心配する必要はありません。今、多くの専門的なソフトがあります。HDDからSSDへのクローンソフトを利用して、Windowsシステム、データ、写真、ファイルなどを失うことがなく、簡単にHDDからSSDにアップグレードすることができます。ここでは、インターネットで最も優れたクローンソフトウェアを紹介します。

HDDからSSDへのクローンソフトのベスト5選

現在、市場にはあらゆる種類のソフトウェアがあり、それぞれが上記の問題を解決できます。ただ、これらのソフトはそれぞれ長所と短所があります。様々な選択肢の中から、どのように正しいものを選べばいいのでしょうか?これから、最も優れたディスククローンソフトウェア五つを見ていきましょう。

  1. EaseUS Disk Copy
  2. クロネジラ Clonezilla
  3. アクロニス Acronis
  4. Macrium Reflect
  5. パラゴン Paragon

1.EaseUS Disk Copy

EaseUS Disk Copyは最高のクローンソフトとして、スムーズにHDDをSSDに交換し、データ損失なしにOS、アプリケーションなどを簡単に移行することができます。有料のソフトですが、素晴らしいユーザー体験を楽しみます。

EaseUS Disk Copyの長所

  • シンプルでわかりやすいインターフェイス
  • フールプルーフオペレーション
  • ディスクおよびパーティションのクローニングをサポート
  • 無料トライアルを提供

EaseUS Disk Copyの短所

  • 有料ソフト
  • Windowsのみ対応

2.クロネジラ

Clonezillaはパーティションとディスクのイメージング/クローニングプログラムで、システム展開、ベアメタルバックアップ、リカバリをサポートし、フリーでオープンソースのソフトウェアです。そのため、ユーザー、特に開発者に一定の専門的な知識と技術を要求する。一般的なユーザーにとって、このソフトウェアは少し複雑です。

Clonezillaの長所

  • 100%無料
  • データへのアクセス、保存、転送の安全性
  • 単一のイメージを同時に複数のローカルデバイスに復元できる。
  • オープンソースを提供
  • 複数のファイル形式をサポート
  • 異なるOSに対応(OS、Windows、Mac、Linux)

Clonezillaの短所

  • 操作が複雑
  • 場合によってユーザーサポートは制限される可能性あり

3.アクロニス

Acronisは、OS、ソフトウェア、パッチ、ドライブのクローンを作成することができます。複数のPCの設定を複製し、各システムを同じようにセットアップすることができます。またこのツール二重保護という素晴らしい機能を備えて、この機能によりユーザーはローカルバックアップとクラウドバックアップを同時に作成できます。

アクロニスの長所

  • 厳しいセキュリティ(二重保護)を持つ
  • 操作が簡単 
  • 故障が少なく効率的

アクロニスの短所

  • 料金高い

4.Macrium Reflect

Macrium Reflectは、初心者に向いてのデータのバックアップとクローン作成ソフトです。無料なので、使える機能も基本的で限られています。しかし、高い機能をの望んでいないないユーザーにとっては十分です。インターフェースも非常にシンプルで、操作手順もわかりやすいです。

Macrium Reflectの長所

  • 無料
  • シンプルなユーザーインターフェース
  • 保持ルールの定義を許可する

Macrium Reflectの短所

  • 非常に限られた機能(無料版)
  • パフォーマンスが少し遅くなる(無料バージョン)

関連記事:対処法:Macrium Reflectがクローンに失敗した

5.パラゴン

パラゴンは、HDDをSSDにアップグレードする人気のあるソフトウェアの一つです。このソフトによってWindows OSとアプリケーション、データ、ファイル、設定などのクローン、転送、移行が可能です。

パラゴンの長所

  • ディスクの構成
  • 無料版と有料版二つバージョンがある(高い)。
  • ユーザーフレンドリー

パラゴンの短所

  • クラウド連携なし
  • バックアップ検証機能なし

HDDからSSDへのアップグレード方法

クローンソフト - EaseUS Disk Copyを使えば、ハードディスクのクローンを簡単に作成できます。ちゃんと準備して、下の手順に従って作業を始めましょう。

事前通知:

  • 「セクターバイセクター方式コピー」では、ターゲットディスクのサイズが少なくともソースディスクより大きいであるかどうかを確認します。大きなハードディスクを小さなハードディスクに複製する場合は、この機能をオフのままにします。
  • ターゲットディスク上のすべてのデータが完全に消去されるので、注意してください。

ステップ1.[ディスクモード]でこのディスクをソースディスクとして選択し、[次へ]をクリックします。

ステップ2.ターゲットディスクを選択した上、「次へ」をクリックします。ターゲット上のデータが全て消去されますという警告メッセージが表示されます。ターゲットディスクに大事なデータがない場合、「OK」をクリックして継続します。

:ターゲットディスクは少なくともソースディスクと同じ又はそれ以上の容量であるかを確認してください。

ステップ3.2つのディスクのディスクレイアウトを確認します。[ディスクの自動調整][ソースとしてコピー]、または[ディスクレイアウトの編集]を選択すると、ターゲットディスクのディスクレイアウトを管理できます。 

  • 「ディスクの自動調整」では、デフォルトで宛先ディスクレイアウトにいくつかの変更が加えられ、最適な状態で動作できるようになります。
  • 「ソースとしてコピー」はターゲットディスク上で何も変更せず、レイアウトはソースディスクと同じです。
  • 「ディスクレイアウトの編集」を使用すると、このターゲットディスクのパーティションレイアウトを手動でサイズ変更/移動できます。

ターゲットディスクがSSDの場合、SSDの最適化をチェックしてください。

ステップ4.コピーのプロセスが始まります。しばらく待つと、そのプロセスが完了することができます。

結論

本記事はディスククローンためのソフトウェアを五つをご紹介いたします。その長所と短所を理解した後、自分のニーズによって、最も適切な一つを選んで作業を始めましょう。ここで最もお勧めするのはEaseUS Disk Copyです。このソフトは分かりやすいインタフェース、簡単な操作、と多様な機能を備えて、さらに、解決できない問題が発生した場合、当社からのサポートはいつでも受けられます。