> How to Use > 記憶媒体復旧 > Windows 8.1でUSBメモリの復元方法

Windows 8.1でUSBメモリの復元方法

2015-02-13 Posted by Bak to 記憶媒体復旧

概要:
Windows 8.1でUSBメモリのデータを削除した後、データはゴミ箱に移動しません。しかし、USBメモリで削除したデータはすぐに消えてしまうというわけでもありません。削除したとしても、データが新しいデータに上書きされる前に、USBメモリに残されています。それで、すぐにUSBメモリのデータ復旧を行ったら、削除した写真や動画が復元できます。

Windows 8.1でUSBメモリを復旧する方法がありませんか?

「Windows 8.1ユーザです。USBメモリのデータをパソコンに移行しようとしたところ、誤ってUSBに保存していた写真と動画ファイルを削除してしまいました。USBで削除したファイルはゴミ箱に移動されないなら、USBメモリ本体から復元できないのでしょうか?方法を教えていただけませんか?」

Windows 8.1でUSBメモリを復旧する方法

Windows 8.1でUSBメモリのデータを削除した後、データはゴミ箱に移動しません。しかし、USBメモリで削除したデータはすぐに消えてしまうというわけでもありません。削除したとしても、データが新しいデータに上書きされる前に、USBメモリに残されています。それで、すぐにUSBメモリのデータ復旧を行ったら、削除した写真や動画が復元できます。

EaseUS Data Recovery WizardはWindows 8.1対応のファイル復元ソフトです。写真、動画のほかに、削除したや消えた音楽、Microsoft Officeの文書、圧縮ファイル、メールなども簡単で効率的に復元できます。以下は3ステップでWindows 8.1でUSBメモリのデータを復旧する方法を紹介します。

3ステップでWidnows 8.1環境でUSBメモリのファイルを復元

1.USBメモリをWindows 8.1搭載のパソコンに繋がって、ソフトをインストールして実行します。ソフトのメインウィンドウでファイルが削除したUSBメモリのボリュームを選んで、「スキャン」をクリックします。

EaseUS Data Recovery WizardでWindows 8.1でUSBメモリを復元するステップ1.

2.クイックスキャンが完了した後、ディープスキャンが自動的に行います。

EaseUS Data Recovery WizardでWindows 8.1でUSBメモリを復元するステップ2 .

3.ソフトがすべての復元可能なファイルをリストします。復旧したいファイルを選んで、「リカバリー」ボタンをクリックし、ファイルの保存先を選んで、「保存」をクリックします。

EaseUS Data Recovery WizardでWindows 8.1でUSBメモリを復元するステップ3.

EaseUSが選ばれる理由