> How to Use > Androidデータ復旧 > 「Move to iOS」の使い方や移行失敗時の対策法

「Move to iOS」の使い方や移行失敗時の対策法

2016-04-20 Posted by ishi to Androidデータ復旧

概要:
Androidスマホのユーザーは、iPhoneデバイスに買い換えたいとする時は、AndroidデバイスでのすべてのデータやアプリをiPhoneに移行することが必要となります。「Move to iOS」を使って、Android端末からiPhoneへデータを簡単に移行できるが、万が一のとき、移行が失敗する可能性があります。そういう場合に、EaseUS Mobisaver for Androidという復元ソフトが手伝ってくれます。

「Move to iOS」でAndroidからiPhoneへデータ移行

Appleが「Move to iOS」を公開して以来、AndroidからiPhoneへ機種変更した人はどんどん多くなります。「Move to iOS」は、Androidからメールや連絡先、メッセージの履歴、写真などを、iPhoneにまとめて移行できるアプリです。仕組みとしてはAndroidデバイスから新しいiOSデバイスにワイヤレスで移行することができます。それでは使い方をチェックしましょう。

  • iPhoneの初期設定で「Appとデータ」まで進めて、「Androidからデータを移行」という項目があります。画面に10ケタのPINコードが表示されます。これで、iPhone側の準備は完了です。
  • Google Playから「Move to iOS」のアプリをAndroid端末にダウンロードして、起動し、利用条件に同意しコードの検索という画面に進みます。先ほどiPhone側に表示されたPINコードを入力して、移行させたい項目を選びましょう。画面右上の「次へ」をタップするとデータ移行が始まります。

移行失敗としたら、データが紛失しまった

普通的に、時間がかかったものの必要なデータが簡単に移行できるが、時には、移行作業は突然中断されたり、端末はシャットダウンされたりする可能性があります。そういう場合、データが紛失された恐れがあるでしょう。すぐにデータを取り戻す方法はありませんか?慌てなくても大丈夫です!移行時のデータ紛失に対応する復元ソフトを使うと、失われたデータを簡単に復活させます。

「Move to iOS」で移行失敗時の対策

「Move to iOS」での移行が失敗すると、あるいはAndroid端末でデータがなくなった場合、EaseUS Mobisaver for Androidという信頼できる復元ソフトがオススメです。データ移行の失敗をはじめ、誤削除、フォーマット、初期化、Root化、ウイルス攻撃などの場面にも対応しています。また、メッセージ、連絡先、写真、ビデオ、音楽、通話履歴などのデータが復旧することができます。そして、EaseUS Mobisaver for Androidでデータを復元する方法を紹介します。
ステップ1.USBケーブルでAndroid端末をパソコンに接続し、EaseUS Mobisaver For Androidを起動します。

Android端末をパソコンに接続し、EaseUS Mobisaver For Androidを起動

ステップ2.「スタート」ボタンをクリックして、ソフトがAndroid端末を認識してから、自動的にスキャンします。

「スタート」ボタンをクリックして、ソフトがAndroid端末を認識

ステップ3. スキャンが完了した後、復元可能なデータがすべて表示され、復元したいデータをプレビューすることができます。「復元」ボタンをクリックして、ファイルを保存します。

「復元」ボタンをクリックして、ファイルを保存

詳しい手順はチュートリアルビデオをご参照ください

EaseUSが選ばれる理由