> How to Use > iPhoneデータ移行 > 「ガイド」iPhone 8/iPhone XでiPhoneを探す機能をオフにする方法

「ガイド」iPhone 8/iPhone XでiPhoneを探す機能をオフにする方法

Tioka | カテゴリ: iPhoneデータ移行 | 2020年10月20日に更新

概要:

iOS11が搭載されているiPhone 8/iPhone XでiPhoneを探す機能をオフにしたいが、そのやり方はわかってない?ご心配なくこの記事では、iPhone 8/iPhone XでiPhoneを探す機能をオフにする方法を皆さんにご紹介しますので、この方法を参照してiPhoneを探す機能をオフにしましょう。

 


サードパーティーソフトウェアを使うかiTunes/iCloudからiPhoneを復元する時、iPhoneを探す機能がオフにされていることが求められています。もしも、あなたはそのように提示されてiPhoneを探す機能をオフにしたい場合、必ず下記のステップを参照してください。このステップによってiPhone 8/iPhone Xで快適にiPhoneを探す機能をオフにすることができます。

iPhone 8/iPhone XでiPhoneを探す機能をオフにする方法

パート1.iPhoneを探す機能をオフにする方法

iPhoneの位置情報サービスを無効にするように、iPhoneを探す機能をオフにすることも設定でやり遂げます。

1.iPhone 8/iPhone Xで設定アプリに入ってください。

2.あなたの名前をタップして、iCloudに入ってください。

3.画面を下にスワイプし、iPhoneを探すを選択してください。

4.iPhoneを探すの右側にあるボタンをタップしてオフにすることができます。

iPhoneを探すをオフにするには、Apple IDのパスワードを入力する必要があります。

iPhoneを探す機能をオフにするにはパスワードを入力


パート2.iPhoneを探すからデバイスを削除

iPhone 8/iPhone XでiPhoneを探す機能をオフにした後、icloudアカウントからそのデバイスを削除するのも可能です。

1.ブラウザを開き、 iCloud.comに移動してください。

2.iCloudにログインするため、Apple ID及びパスワードを入力してください。

3.iPhoneを探すをクリックしてください。

4.画面上部の真ん中にあるすべてのデバイスをクリックして、削除したいデバイスを選択してください。

5.アカウントから削除をクリックすれば削除することが可能です。

アカウントからiPhoneを削除

注:iPhoneを使っている場合、完全無料なiPhoneデータ移行ソフトが必要となるのでしょう。 EaseUS MobiMover Freeは、iPhoneデータ移行ソフトで1クリックだけでiPhoneのデータをパソコンに移行して保存することができます。また、PC/他の端末からデータをiPhoneに書き込むことも可能です。着信音をiPhoneに追加し、iPhoneのデータを管理するなど多彩な機能を備えていますので、是非無料でご利用ください。

ソフトのインタフェース

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>