> How to Use > iPhoneロック解除 > 2021更新:パスワードなしでiPhone消去する方法3選ーEaseUS

2021更新:パスワードなしでiPhone消去する方法3選ーEaseUS

EaseUSの筆者のプロフィール写真

Tioka | カテゴリ: iPhoneロック解除 | 2020年12月28日に更新

概要:

パスワードなしでiPhone消去するには、本記事のガイドが参考になります。この記事では、有効な3つの解決方法を紹介します。

今すぐダウンロード
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼
 

パスワードなしでiPhoneを消去しなければならない理由

iPhoneのパスワード忘れてしまうトラブルはよく起きますが、パスワードがないと非常に困ります。iPhoneのパスワードを忘れてしまった場合、iPhoneを消去する事でのみ、問題を解決できます。iPhoneを消去すると、iOS端末の以前のパスワードを消去し、新しいものを設定することが可能です。また、iPhoneが盗難に遭い、個人情報を悪用されるのを防ぐために、パスワードなしでiPhoneを消去する場合も考えられます。

このようにiPhoneをパスワードなしで消去する理由は様々ありますが、今回紹介する3つの対処法のうち、1つを試して、パスワードを忘れてしまうトラブルを解決できるとおもいます。

パスワードなしでiPhoneを消去する方法

パスワードなしでiPhoneを工場出荷状態にリセットする方法には、3種類あります。今回紹介する方法は、iPhoneロック解除ツールを使用する方法、iTunesを使用する方法、iCloudを使用する方法の3つです。どの対処法が適切かは、それぞれの条件とiPhone設定によりますので、読み進めて、適切なiPhone消去方法を試してみてください。

注意:これから紹介する対処法を試す前に、iPhoneを消去するとは、どういうことかを知っておく必要があります。iPhoneを消去すると、iPhoneの画面ロックパスワードは消去されるものの、Apple IDとそのパスワードは消去されません。そのため、端末を使い続ける予定がある場合は、Apple IDアカウントを覚えておきましょう。また、iPhoneを消去すると、端末上のほとんどすべてのデータが消去されるので、バックアップを行わなかった場合、データ損失に繫がるので、気をつけましょう。

1.iPhoneロック解除ツールを使う

リカバリーモードにしたり、iTunesを使用したりせずにiPhoneを消去したい場合は、iPhone専用のロック解除ツールEaseUS MobiUnlockを使用して、パスワードなしでiPhoneを紹介することができます。

4桁、6桁、Touch ID、Face IDのいずれのロック方法を使用していても、このツール1つでパスワードを含むiPhoneのデータや設定を全て消去しすることが可能です。

今すぐダウンロード
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

iPhoneロック解除ツールの操作手順

ステップ1.EaseUS MobiUnlockを起動し、iPhoneをコンピュータに接続、「スタート」をクリックする。

mobiunlockでiPhoneのロックを解除するステップ1

ステップ2.接続された「端末のモデル」を確認し、「ファームウェアをダウンロード」をクリックし、端末の最新のファームウェアをダウンロードする。ファームウェアがダウンロードされたら、パッケージを選択する。

mobiunlockでiPhoneのロックを解除するステップ2

ステップ3.選択したファームウェアがダウンロードされたら、「フォームウェアを認証」をクリックして、プロセスを完了する。

mobiunlockでiPhoneのロックを解除するステップ3

ステップ4.認証が完了したら、「ロック解除」ボタンをクリックする。続いて開くウィンドウで、表示された情報を入力し、再度「ロック解除」ボタンをクリックすることで、iPhoneの初期化プロセスが始まります。(パスワードによってiPhoneをロックされていても、初期化も行えます。)

mobiunlockでiPhoneのロックを解除するステップ4

ステップ5.処理が完了するのを待つ。iPhone端末が初期化され、パスワードも消去されます。

mobiunlockでiPhoneのロックを解除するステップ5

今すぐダウンロード
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

2.iTunesを使う

間違ったパスワードを何度も入力すると、iPhoneはロックされ、無効化されてしまい、iTunes

に接続するように画面に表示されます。iTunesを使用するロック解除方法は公式の方法です。最新版のiTunesをインストールすれば、iTunesを使ってiPhoneをパスワードなしで消去することができます。以下の手順に沿って操作をすすめて、iPhoneパスワードなしで工場出荷状態にリセットしてみましょう。

操作手順

1.iPhoneの電源を切り、コンピュータにはまだ接続しないでおく。

2.iPhoneをリカバリーモードにする:サイドボタン(iPhone 8/8 Plus以降)/音量を下げるボタン(iPhone 7/7 Plus)/ホームボタン(iPhone 6s以前)を長押ししながら、iPhoneをコンピュータに接続する。リカバリーモードの画面になるまで、ボタンを押し続ける。

3.iTunesが自動で起動されるのを待つ。

4.表示されるiTunes画面で「復元」を選択し、端末にソフトがダウンロードされるのを待つ。その後、ガイドに従ってiPhoneを消去する。

5.iPhoneを再度セットアップする。以前バックアップをとったことがある場合は、AppとデータのiTunesやiCloudバックアップから復元することも可能です。

iTunesでiPhoneを復元する

3.iCloudを使う

ロックされた端末でiPhoneを探す機能が有効であれば、iCloudを使うことも可能です。iCloudでは、2通りの方法で解決可能です:icloud.comを開き、iPhoneを消去する、または、Apple IDが同様の別のiOS端末を使うことができます。

iCloudを使ってパスワードなしでiPhoneを消去するには:

1.iCloud.comを開き、Apple IDとパスワードを入力する、または、ロックされた端末と同様のApple IDを使用している別のiOS端末でiPhoneを探すアプリを起動する。

2.端末を選択し、消去する。

3.iCloud.comのサイトを使用した場合、「iPhoneを探す」欄>「すべてのデバイス」から消去したい端末を選択>「iPhoneを消去」する。

4.iPhoneを探すアプリを使用している場合は、「デバイス」タブからロックされた端末を消去し、画面をスクロール>「このデバイスを消去」する。

5.消去のプロセスが完了するまで待つ。完了したら、端末を再度設定して、使用可能。

iPhoneを探す機能でロック解除

まとめ

今回紹介した方法は、パスワードの紛失トラブルでよく使われる解決法で、パスワードがなくてもiPhoneのロックを解除可能です。これらの方法は、iPhoneを工場出荷状態にリセットするだけでなく、無効化されたiPhoneのロック解除、パスワードを忘れた場合の対処法としても活用できます。

パスワードを使用せずにロックされたiPhoneの解除を行いたい場合、パスワードを消去して端末をリセットする方法が、唯一の解決方法です。そのため、iPhoneを再設定したら、どこかにメモしておき、パスワード紛失を未然に防ぎましょう。

今すぐダウンロード
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>