> How to Use > iPhoneロック解除 > 【解決済み】iPhoneパスワードの入力を連続で失敗した

【解決済み】iPhoneパスワードの入力を連続で失敗した

EaseUSの筆者のプロフィール写真

モンディー | カテゴリ: iPhoneロック解除 | 2022年11月17日に更新

概要:

Appleでは、iPhoneに間違ったパスワードを9回連続で入力することを許可しています。10回失敗してiPhoneのロックを解除できなかった場合、iPhoneは無効になり、使用できなくなります。この記事では、パスコードの入力を連続で失敗したため無効化されたiPhoneを修正する方法を説明します。

 

iPhoneのパスワードを忘れた場合、またはパスワードが子供に誤って変更された場合は、考えられるパスワードを入力して、iPhoneのロックを解除しようとするかもしれません。しかし、間違ったパスワードの入力回数には制限があるので注意してください。この記事では、パスワードの試行が連続で失敗したらどうなるのか、およびこの問題を解決する方法について詳しく説明します。

パート1.iPhoneのロックを解除するためのパスコードの入力回数制限

以下のとおり、間違ったパスワードの入力回数によっては、解決する問題も異なります。

  • 間違ったパスワードを5回入力すると、iPhoneが振動し、エラー メッセージは表示されません。
  • 間違ったパスコードを6回入力すると、「iPhoneは使用できません 1分後にやり直してください」というメッセージが表示されます。次のパスワードを試すには、少なくとも1分間待つ必要があります。
  • 間違ったパスコードを7回入力すると、「iPhoneは使用できません 5分後にやり直してください」というエラー メッセージが表示されます。
  • 間違ったパスコードを8回入力すると、「iPhoneは使用できません 15分後にやり直してください」と表示されます。
  • 間違ったパスコードを9回入力すると、「iPhoneは使用できません 60分後にやり直してください」と表示されます。
  • 間違ったパスコードを10回入力すると、iPhoneに「iPhoneは使用できません iTunesに接続」と表示され、次のパスコードを試行するチャンスはなくなります。問題を解決するには、その他のソリューションを試すしかありません。

iPhoneが使用不可の場合、iTunesに接続する

パート2.パスワードを何度も間違えて無効化したiPhoneのロックを解除する方法

上記で述べたように、間違ったパスワードを10回入力すると、iPhoneがロックされ、使用できなくなります。別のパスワードを試すチャンスはもうありません。「iPhoneはしようできません」問題を解決するには、iPhoneを消去してこのパスワードを削除する必要があります。以下は、パスワードを削除してiPhoneへのアクセスを取り戻す2つの方法です。

方法1.EaseUS MobiUnlockでiPhoneのパスワードを削除する

パスワードの入力を何度も間違えて無効にしたiPhoneを修正する1つ目の方法は、iPhoneロック解除ツールを使用してロックを解除することです。EaseUS MobiUnlockはこちらのお勧めです。このツールを使用すると、iPhoneパスワードを削除して、iPhoneに使用されたApple IDとパスワードを覚えていれば、iPhoneに再びアクセスすることができます。
1
1
EaseUS MobiUnlockにより、無効になっているiPhoneを修正して正常に再アクセスすることができます。この方法ではiPhoneのデータが消去されるため、iPhoneを再度セットアップする必要があります。以前にiTunesでバックアップを作成したことがある場合は、そのバックアップをiPhoneに同期してiPhoneを復元します。

related articles

iPhoneの各種バックアップ方法

データiPhoneを買い替える場合、iPhoneに非常に肝心なデータを保存している場合など、様々な場合では、iPhoneをバックアップする必要があります。それでは、iPhoneをバックアップする方法が分かっていない方、または、どちらの方法を選択することに迷っている方に、今までに一番詳しいiPhoneのバックアップ方法を紹介します。このページで紹介する複数の方法から、自分に最もふさわしい方法に従って、お手持ちのiPhoneをバックアップしましょう。

Migrate Windows 10 from HDD to SSD

方法2.iTunesで無効化されたiPhoneのロックを解除する

「iPhoneは使用できません iTunesに接続」というエラー メッセージが示すように、iTunesを使用すると、パスコードの入力を連続で失敗したため無効化されたiPhoneを修復することができます。
操作手順:
ステップ1.Windows PCまたはMacコンピュータでiTunesを立ち上げます。
ステップ2.無効なiPhoneをUSBケーブルでPCに接続します。iPhoneの復元を求めるポップアップ ウインドウが表示されます。
ステップ3.[復元]ボタンをクリックしてiPhoneをリセットします。これで、パスワードが削除され、iPhoneが再度セットアップできるようになります。

iTunesで故障したiPhoneを修復する

このPCでiTunesを使用してバックアップを作成した場合は、このiTunesバックアップからiPhoneデータを復元します。

まとめ

iPhoneがセキュリティ ロックアウトになったら、ロック画面のパスワードをリセットできません。パスコードを10回試行してもiPhoneのロックが解除されない場合、iPhoneは永久にロックされます。その場合、現在のパスワードを削除してiPhoneをリセットするしかありません。この記事で紹介した2つの方法を選択して、無効になったiPhoneを修正して再度アクセスできるようにしましょう。

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>