> How to Use > iPhoneロック解除 > パスワードを忘れてもiPhoneを解除できるーEaseUS

パスワードを忘れてもiPhoneを解除できるーEaseUS

EaseUSの筆者のプロフィール写真

Tioka | カテゴリ: iPhoneロック解除 | 2021年01月06日に更新

概要:

iPhoneパスワードを忘れてしまって、どうしたらいいかわからない方に、この記事が参考になります。本ガイドを読めば、パスワードを忘れてしまった場合に、端末を解除する方法を習得できます。

今すぐダウンロード
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼
 

iPhoneのパスワードを忘れたらどうなる?

iPhoneのパスワードを忘れたら、緊急電話をかける以外の操作ができなくなってしまいます。さらに、誤ったパスワードを何回も入力すると、iPhoneをしようできませんというエラーメッセージが表示されて、1分後、5分後、1時間など、一定時間後にしか再度挑戦できません。

そのため、パスワードを忘れてしますと、端末を消去することで、ロック画面のパスワードも消去して、ロックを解除し、端末を再使用しなければなりません。

パスワードなしでiPhoneのロック解除をする前に・・・

パスワードを使用せずに行ういずれのロック解除方法でも、端末の全てのデータと設定を消去することになります。そのため、端末のバックアップをとっていなければ、iPhoneのデータや設定をすべて失うことになります。また、iPhoneデータを復元するのは、かなり難しいです。

さらに、ロックされた端末のApple IDとパスワードを覚えていないと、端末を再度使用できませんので、注意してください。

方法1:iTunesを使用してロック解除する

パスワードを忘れてしまった場合にロックを解除する方法として代表的なのが、iTunesを使用する方法です。iTunesを使用して、端末データを消去することで、iPhoneのパスワードも消去可能です。その後、iPhoneパスワードを新しく設定し直し、使用可能です。

iTunesを使用してiPhoneロックを解除するには:

(操作手順)

1.iPhoneはコンピュータにまだ接続せずに、iPhoneの電源を切る。

2.iPhoneをリカバリーモードにする。

  • iPhone 8/8 Plus以降:サイドボタンを押しながら、iPhoneをコンピュータに接続する。リカバリーモード画面が表示されるまで、サイドボタンを押し続ける。
  • iPhone 7/7 Plus:音量を下げるボタンを押しながら、端末をコンピュータに接続する。そのまま、リカバリーモード画面が表示されるまでボタンを押し続ける。
  • iPhone 6s以前:iPhoneのホームボタンを押しながら、iOSデバイスをコンピュータに接続する。上記と同様に、リカバリーモード画面が表示されるまでホームボタンを押し続ける。

3.iTunesが自動で起動するのを待ち、ポップアップするウィンドウで「復元」を選択して、iPhoneを消去する。

4.iPhoneを再度設定する。

itunesでiPhoneのパスワードを消去

以前バックアップをとったことがある場合は、AppとデータのiTunesやiCloudバックアップから復元することも可能です。

方法2:iPhoneロック解除ツールを使用してロック解除する

iPhoneのパスワードを忘れてしまったら、どうしたらいいでしょうか?上記でも述べたように、端末を消去することで画面ロックパスワードも消去し、iPhoneを再度使用可能な状態にします。iTunesを使用する方法以外にも、パスワードなしでiPhoneロックを解除する他の方法があります。まずは、iPhone専門ロック解除ツールであるEaseUS MobiUnlockを使った方法を紹介します。

iOS端末ロック解除ツールを使えば、手動でリカバリーモードにしたり、iTunesをインストールして操作したりする必要もありません。このEaseUS MobiUnlockを使えば、画面に表示される操作ガイドに従って操作を進めるだけで、ロックされたiPhoneを簡単に工場出荷状態にリセットすることが可能です。4桁、6桁、Touch ID、Face IDのいずれの種類のパスワードを使用していても、EaseUS MobiUnlockでパスワードロックを解除可能です。

パスワードを忘れてしまった場合に、iPhoneのロックを解除するには、EaseUS MobiUnlockを下記のダウンロードボタンから無料ダウンロード:

今すぐダウンロード
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

(EaseUS MobiUnlockの操作手順)

ステップ1.EaseUS MobiUnlockを起動し、iPhoneをコンピュータに接続、「スタート」をクリックする。

mobiunlockでiPhoneのロックを解除するステップ1

ステップ2.接続された「端末のモデル」を確認し、「ファームウェアをダウンロード」をクリックし、端末の最新のファームウェアをダウンロードする。ファームウェアがダウンロードされたら、パッケージを選択する。

mobiunlockでiPhoneのロックを解除するステップ2

ステップ3.選択したファームウェアがダウンロードされたら、「フォームウェアを認証」をクリックして、プロセスを完了する。

mobiunlockでiPhoneのロックを解除するステップ3

ステップ4.認証が完了したら、「ロック解除」ボタンをクリックする。続いて開くウィンドウで、表示された情報を入力し、再度「ロック解除」ボタンをクリックして、iPhoneのパスワードを消去する。

mobiunlockでiPhoneのロックを解除するステップ4

ステップ5.処理が完了するのを待つ。iPhone端末がリセットされ、パスワードも消去される。

mobiunlockでiPhoneのロックを解除するステップ5

今すぐダウンロード
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

方法3:iCloudを使用してロック解除する

iCloudを使用する方法も、便利なロック解除方法で、パスワードを忘れる前に、iPhone端末上で「iPhoneを探す」機能を有効化していた場合にのみ機能します。iCloud.comのサイトで、iPhoneを遠隔で消去することが可能です。この方法を使って、パスワードを消去して、iPhoneのロックを解除することができます。

iCloudを使ってパスワードを消去するには:

(操作手順)

1.iCloud.comを開き、Apple IDとパスワードでサインインする。

2.「iPhoneを探す」欄を開き、「すべてのデバイス」を選択>ロック解除したい端末を選び、「iPhoneを消去」する。

icloud.comの消去機能でiPhoneのパスワードを消去

実は、iPhoneをパスワードなしでロック解除するもう一つの方法があり、Siriを使用することで、パスワードを忘れてもロック解除することができます。しかし、この方法は全てのiPhoneで機能するわけではありません。より詳しいガイドは、iPhoneパスワードのバイパス方法をご覧ください。

まとめ

今回は3種類のパスワードなしでのiPhoneロック解除方法を紹介しました。iTunesを使用する方法とiOS専門ロック解除ツールを使用する方法では、パスワードを使用せずに端末ロックを解除できます。また、iCloudを使用する方法は、ロックされた端末で「iPhoneを探す」機能が有効である場合にのみ実行可能です。

ちなみに、ロック画面パスワードを消去しても、Apple IDとパスワードは消去されません。iPhoneを再度使用するには、Apple IDとパスワードが必要になるので、覚えておきましょう。

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>