> How to Use > iPhoneデータ移行 > 「徹底解説」iOS 11/iOS 12端末でAirDropのやり方

「徹底解説」iOS 11/iOS 12端末でAirDropのやり方

Tioka | カテゴリ: iPhoneデータ移行 | 2020年10月20日に更新

概要:

この記事では、iOS 11/iOS 12が搭載されている iPhone 8、iPhone 8 Plus、iPhone X若しくは他のiOS 11/iOS 12端末において、AirDropのやり方を皆さんにご紹介しますので、この記事を参照してそのやり方を学びましょう。

 

AirDropとは

AirDropはiOS端末で最も優れている機能の一つだと思います。AirDropを通じて、画像、ビデオ、ドキュメントを含むおよそすべてのデータを他のiOS端末まで転送することが可能です。ただし、多くのユーザが手持ちiPhone/iPadをiOS 11/iOS 12へ更新した後、AirDropのやり方が分からなくなったようですので、本文は、iOS 11/iOS 12端末でAirDropをオン/オフにする方法や、データ転送のやり方などAirDropのやり方を皆さんに徹底解説します。

iOS 11/iOS 12でAirDropの設定

AirDropを使うには、まずAirDrop機能をオンにする必要があります。ただし、いおいてへ更新した後、設定の場所が分からなくなるユーザも少なくありません。下記の内容を参照して、正確にAirDropをスイッチオンすることができます。

iOS 11/iOS 12、コントロールセンターでAirDropをスイッチオン/オフ

iOS 11/iOS 12へ更新した後、コントロールセンターでAirDropのアイコンが見られなくなります。それでは、AirDropのアイコンはどこに行ってしまって、どうやってAirDropをオンにしますか。実際には、AirDropのアイコンは依然として、コントロールセンター内にあります。以下のiOS 11/iOS 12でAirDropの設定及びAirDropをオンにするやり方を皆さんに紹介します。

ご存知のように、iOS 11/iOS 12へ更新すると、コントロールセンターが一変しました。相変わらず画面の底から上にスリーブするという開け方なのですが、コントロールセンターでのデザインが完全に変わってしまいました。AirDropのアイコンが完全に消えた気がしていますが。実はそうではありません。

ios11コントロールセンターの画像

上記の画像を見てください。左側の画像の赤枠のとこを押し込んだり(3D Touch)、3D Touchがない場合長押ししたりすると、さらに多くの項目を表示することができます。その画面でAirDropのアイコンが見られますよ。そのアイコンをタップしてAirDropをオンにすることができます

設定でAirDropをスイッチオン/オフ

iPhoneで以下の順に一つずつタップしてください:設定一般AirDrop

AirDropの場所が分かって正確にスイッチオンした場合、AirDropが依然として使えない場合、下記の記事を参照してください。

対処法:iOS 11/iOS 12でAirDropが使えない

AirDropで他のiPhoneにデータを共有する方法

AirDropでiPhoneから他のiOS端末にファイルを共有したい場合、まず両方の端末で上記の方法に従って、正確にAirDrop機能をオンにする必要があります。

それから、iPhoneで転送したいアイテムを選択して、共有ボタンを押して、AirDropの近くのデバイスをタップして共有ターゲット端末を選択することができます。(データを共有可能なデバイス画像の赤枠のところに表示されます。)

airdropでデータを共有
 

注:AirDropの転送には、距離、ネットワーク状況やiOSのバージョンによって使えない場合もありますので、ここで他の選択をも一緒に皆さんにおススメします。それは、iPhoneデータ移行ソフトEaseUS MobiMover Freeです。完全無料なソフトで使用の制限もありませんので、同じくiOS端末間でのデータ転送に完璧に対応し、iPhoneのデータを他のiOS端末に転送する最優秀な選択だと思います。詳細な操作ガイドはリンクページへ!

他のiOSデバイスまでデータを移行

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>