> How to Use > iPhoneデータ移行 > iPhoneのメモをコンピュータに移行する方法

iPhoneのメモをコンピュータに移行する方法

EaseUSの筆者のプロフィール写真

Tioka | カテゴリ: iPhoneデータ移行 | 2020年12月18日に更新

概要:

iPhoneのメモをコンピュータへ移行するには、どうすればいいのでしょうか。この記事では、iPhoneからメモをコンピュータに移行して保存する方法を紹介するので、ぜひ参考にしてください。

 

多くのユーザー様は、メモアプリを使って絵を描いたり、レッスンのメモを残したりしているようです。最も使われているiPhoneのアプリですし、内容をしっかり保存しておくことは大事なことですよね。それでは、バックアップとして、どうやってiPhoneのメモをコンピュータに移行すればいいんでしょうか。3つの方法をご紹介します。特に無料iphoneデータ移行ソフトーEaseUS MobiMover Freeをお勧めます。なぜなら、このソフト無料版は1日最大30個のファイルを転送することが可能です。また、数クリックで高速的に転送できます。ユーザー様にとって、お得なツールです。御試してiphoneのメモを pcに転送することがやくに立つと思っています。

Airdropを活用してiphone メモ を移行

iphoneメモをMacやipadに転送したい場合は、Airdropを使って簡単にできます。しかも、ネットワークがない環境に操作できます。操作手順としては、まず画面の右上のシェアのアイコンをクリックし、AirDropをタップし、共有相手を選択してください。2つの端末にもAirDropを開く必要があります。そこで、iphoneメモをPCに転送だけではく、バックアップする機能もあります。

airdropでiphoneメモをPCに転送

iPhoneやiPadのメモはデバイスの中だけなのか

実はメモ機能はメールアカウント作成時に一緒に設定されています。
メモは、iPhoneなどのメールアカウントを作成するときに、一緒にメモもオンしています。

例えば設定 > メール > アカウントを開いてみて下さい。

そこから各アカウントを開いてみて下さい。

そこに各メールアカウントのメモがオンになっているか確認でき、オンになっているメールアカウントでメモが使えます。

iCloudの場合

メモをコンピュータに移行iCloud

Gmailの場合

メモをコンピュータに移行Gmail

メールアカウントを作成している時についメモもオンしていますよね。そしてメモのアプリを開いて、上の左のをタップして下さい。

メモをコンピュータに移行メモページ

ここからメモはデバイスの中だけでなく、各メールアカウントでも確認できそうですね。

しかしこの方法はメモをiCloudやメールの中に保存する方法です。

iCloudはよく写真で容量を取るので、すぐ足りなくなります。iCloudの容量は、無料で5GBしかないので、出来れば、長くとっておきたいメモは違う方法で保存したいですよね。

そこで、完全無料のiPhoneデータ移行ソフトを使ってメモをiPhoneからコンピュータへ転送する方法を皆さんにおすすめします。

iPhoneのメモをパソコンに移行する方法

下記のステップに従って簡単にiPhoneのメモをコンピュータにバックアップすることができます。

以上のダウンロードボタンをクリックして、iPhoneデータ移行ソフトをパソコンにインストールすることができます。そして、このiPhoneデータ移行ソフトを開き、ケーブルでiphoneをパソコンに接続します。そして、iphoneで接続しているパソコンを信頼するをクリックして初めてソフトがiPhoneのデータにアクセスができるようになります。

ステップ1:ソフトを開き、「フォン To PC」を選択し、次へをクリックしてください。

iPhoneからPCまでのデータ移行1

ステップ2:ソフトが自動にiPhoneのデータのカテゴリを読み込みます。そして、メモにチェックを入れてください。(パスをクリックすることで、保存場所を変更することも可能です。)

iPhoneからPCまでのデータ移行2

ステップ3:転送をクリックすると、デバイスでのすべてのメモがパソコンの指定された場所に移行されます。

iPhoneからPCまでのデータ移行3

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>