> How to Use > iPhoneデータ移行 > 対処法:iOS 11のiPhone/iPadで位置情報サービスが動作しない

対処法:iOS 11のiPhone/iPadで位置情報サービスが動作しない

EaseUSの筆者のプロフィール写真

Tioka | カテゴリ: iPhoneデータ移行 | 2021年02月25日に更新

概要:

iPhoneを最新のiOS11へアップデートした後、位置情報サービスが使えなくなりましたか?そのような問題が発生したなら、この記事を参照してGPSが使えない問題を解決しましょう。

 

「iPhone6sをiOS11へ更新した後、位置情報サービスが使えなくなりました。アップルマップ若しくはグーグルマップを開いても、アプリが私の居場所をとらえてくれません。僕は方向音痴なので、本当に困っています。何か解決方法はありますか。」

上記のように、多くのiPhoneユーザが手持ちのiPhoneをiOS11へ更新した後、GPS機能が使えなくなる問題が発生しています。ネットワーク接続の不具合か、位置情報サービスが壊れたか、iPhone若しくはiOS11の不調によって起こる可能性が高いと思われます。この記事では、原因を問わず問題の対処法をまとめて皆さんにご紹介します。


対処法:iOS 11のiPhone/iPadで位置情報サービスが動作しない

iOS11へ更新した後、airdropが使えないなど、いろんな問題が生じてくるかもしれません。もし、位置情報サービスが急に使えなくなった場合、どうすればいいのでしょうか。それでは、以下の対処法を参照して問題を解決してみましょう。

 

対処法1.ネットワーク設定をリセット

GPSが使える前提として、ネット接続が不可欠です。だから、ネットワークのエラーがGPSが使えない原因になりうるので、位置情報サービスが使えない場合、まずネットワーク設定をリセットしてください。

設定 > 一般 > リセット > ネットワーク設定をリセット をタップしてネットワーク設定をリセットすることができます。

 

対処法2.アプリのGPS使用許可を確認

特定なアプリが急にGPSサービスを使用することができなくなる場合、そのアプリのGPS使用権限を確認してください。

設定 > プライバシー > 位置情報サービス に入り、特定なアプリを見つけ、タップして、位置情報の利用を許可項目をこのAppの使用中のみ許可若しくは常に許可に変えてください。

iOS 11端末の位置情報サービスの設定画面

 

対処法3.位置情報サービスをリフレッシュ

設定 > プライバシー > 位置情報サービス に入り、位置情報サービスを一旦オフにして、再度とオンに切り替えて下さい。

 

対処法4.位置情報とプライバシーをリセット

iOS11で位置情報サービスが使えない場合、全ての位置情報とプライバシーをリセットすれば効果があるかもしれません。

設定 > 一般 > リセット > 位置情報とプライバシーをリセット

 

対処法5.iPhoneを復元

以上の対処法が全部効果ないなら、iPhoneを全部デフォルトに戻すことも役に立ちます。ただし、iPhoneを復元することによってiPhone上のすべてのデータが失われるので、その前に、iPhoneのデータをパソコンに移行して保存する必要があります。ここで、完全無料もiPhoneデータ移行ソフトを皆さんにおススメします。MobiMoverというソフトを使うことで、数クリックだけで、簡単にiPhoneのデータをパソコン若しくはほかのiOS端末まで移行することができます。iPhoneを復元してから、このソフトを使うことで、全てバックアップ済みのデータをまたiPhoneに書き込見やすいです。

iPhoneデータ移行ソフトのインタフェース

設定 > 一般 > リセット > すべてのコンテンツと設定をリセット

 

対処法6.iPhoneをiOS 10へダウングレード

iPhoneを復元しても位置情報サービスを直せない場合、端末をiOS10に復元してはいかがでしょう。後述のリンクページでiPhoneをiOS11からiOS10へダウングレードする方法を参照してみましょう。

 

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>