> How to Use > GPS位置情報変更 > iPhoneの位置情報を非公開&変更する方法4選 - EaseUS
背景"

EaseUS MobiAnyGo

セキュリティ保証のiOS位置情報変更ソフト

  • iPhone/iPad/iPodの位置情報をどこへでも変更可能
  • Pokémon GOのような位置情報サービスに基づくアプリと完璧に互換
  • SNSで仮想なロケーションを共有
  • 最新のiPhone及びiOSをサポート

iPhoneの位置情報を非公開&変更する方法4選 - EaseUS

EaseUSの筆者のプロフィール写真

Tioka | カテゴリ: GPS位置情報変更 | 2021年04月28日に更新

概要:

ある特定の人/アプリ/サービスなどに現在地をシェアしたくないときや、iPhoneの位置情報を変更したいとき、この記事で紹介する裏技を使えば、それが可能になります。

今すぐダウンロード
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼
 

iPhoneの現在地を非公開にしたり変更したりする方法

アプリを使用する際、位置情報のアクセスをアプリから求められます。一度許可すると、起動していないときでも位置情報の追跡が行われてしまいます。しかし、アプリ製作側はそこから得た情報を何に用いるかを公開していないため、個人情報漏洩のリスクが高まります。

ユーザーから得た位置情報で何を行うにせよ、個人情報が晒されるリスクがあることは確かです。この状況を防ぐために、現在地を非公開にしたり変更したり等コントロールすることが一番の解決策でしょう。次のパートでその方法をお伝えします。

方法その1. 位置情報変更ツールを使用する

位置情報変更ツールがあれば、現在地の非公開や変更が容易に行えます。iPhoneの位置情報サービスを完全に終了させるのではなく、別の場所にGPSを動かすのがこれらのツールの特徴です。そのため、偽の位置情報を利用して好きなことが何でもできるのです。

今すぐダウンロード
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

多くのアプリが存在しますが、ここではEaseUS MobiAnyGoというツールをオススメします。iPhoneの現在地を自由に動かせるため、アプリやサービス、特定の人へ自分の位置情報の公開を完全に防ぐことができます。

このツールの詳細をもっと知りたいという方は、ぜひコンピューターにダウンロードしてみてください!

ステップ1.iPhone/iPadをパソコンに接続して、EaseUS MobiAnyGoを開きます。一番最初の画面で「スタート」ボタンをクリックしてプロセスを開始します。

ポケモンゴーのGPSを変更するステップ1

ご注意:プロセスを開始する前に、バックグランドで位置情報サービスを使用しているアプリを全部閉じる必要があります。

ステップ2.iOS端末のロックを解除して、コンピューターを信頼します。ここでロードプロセスが自動的に開始されます。

ポケモンゴーのGPSを変更するステップ2

ステップ3.ロードのプロセスが完了すると、画面の右上にある「テレポートモード」を選択し、検索バーで場所を検索して、「移動」ボタンをクリックすれば、iPhone/iPadの位置情報をそこに変更することができます。

ポケモンゴーのGPSを変更するステップ3

今すぐダウンロード
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

方法その2. 機内モードを利用する

機内モードでもiPhoneのGPSが無効になります。バッテリーがほどんどない時に節約できる点も便利ですね。しかし、機内モードを設定してしまうと、オンラインアプリも使えなくなってしまうのが難点です。インターネットを切断したら、例えばオフラインのマップアプリしか機能しません。機内モードを有効にする方法を以下でご説明します。

ステップ1. iPhoneの画面を下から上へスワイプしてコントロールセンターを開きます。iPhoneX以降の場合、右隅から下へスワイプします。

ステップ2. 飛行機のアイコンをタップし機内モードを有効にします

ヒント:設定画面からも機内モードのオンオフが行えます。「設定」を開く>名前のすぐ下にある「機内モード」をタップ>スライダーをオンに動かす。

iphoneの機内モードをオンにする

方法その3. 各アプリの位置情報サービスを無効にする

アプリの位置情報のアクセスをオフにするのも方法の一つです。以下でやり方をご説明します。

ステップ1. 設定画面を開きます

ステップ2. プライバシー」へ進みます

ステップ3. 位置情報サービス」をタップし、有効になっていることを確認します

ステップ4. アプリ一覧が表示されるので、位置情報のアクセスを制限したいアプリを選択します

ステップ5. なし」、「次回確認」、「このAppの使用中のみ許可」、「常に」という4つのオプションが表示されるので、ニーズに合ったものを選びます

  • なし:アプリの位置情報へのアクセスを常に制限する
  • 次回確認:アプリ起動時、「Appの使用中は許可」「1度だけ許可」「許可しない」から選べる
  • このAppの使用中のみ許可:アプリ使用中のみ位置情報へのアクセスを許可する
  • 常に:アプリを起動していないときも位置情報のアクセスを許可する

位置情報の設定

ヒント:「位置情報サービス」自体をオフにすると、すべてのアプリに制限がかかります

方法その4.  iPhoneの「探す」を利用する

「探す」はデバイスの位置情報を追跡するアプリです。登録されているメンバーに位置情報を共有したくない場合は、以下のやり方で無効にできます。

ステップ1. 探す」を開きます

ステップ2. 下部の「自分」アイコンをタップします

ステップ3. 自分の位置情報を共有」をオフにします

ステップ4.  特定の人のみ制限をかけることもできます。タブ「人を探す」から位置情報の共有を制限したい人を探し、「自分の位置情報の共有を停止」を選択します。

自分の位置情報の共有を設定

注意:iPhoneを紛失した際に「探す」は役立つため、できれば無効化は避けた方がいいでしょう

最後に

以上、iPhoneの位置情報を非公開にする方法をお伝えしました。位置情報変更ツールを使用しても、iPhone内蔵の機能で位置情報を非公開にしても、この記事に書いてある通りにすれば問題ございません。紹介した以外の方法も実はたくさんあります。例えば、iPhoneの電源を切れば位置情報を非公開にでき、現在地の追跡を完全に防ぐことができます。

今すぐダウンロード
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

どのやり方を選んだとしても、スムーズに設定を行えたら良いですね!

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>