> How to Use > 動画/音声のダウンロード > 「詳細」YouTubeの動画をiPhoneにダウンロードする方法

「詳細」YouTubeの動画をiPhoneにダウンロードする方法

Tioka | カテゴリ: 動画/音声のダウンロード | 2022年06月08日に更新

概要:

このYouTubeの動画をiPhoneにダウンロードしたいなと思っている時がありますか。YouTube動画のURLをコピーするだけでその動画をダウンロードできるという話を聞いたことがありますか。EaseUS Video DownloaderがカンタンにYouTubeの動画をダウンロードできるプログラムとして、ダウンロードした動画を簡単にiPhoneに入れることができます。また、本文では、YouTubeのPremiumを購読して、iPhoneのYouTubeアプリで直接にYouTube動画をダウンロードする方法も一緒に紹介したいと思いますので、ご参照ください。

 

普段、YouTubeで動画を見る時に、これ、マジ面白いって思っていてiPhoneにもダウンロードしたいと思っていた動画がありませんか。しかし、どんなにiPhoneにダウンロードしたい動画でも、サイト側の制限のせいか、iPhone端末側の制限のせいでその動画をiPhoneに導入することが不可能でとても残念でしたね。

それでは、気に入るYouTubeの動画をiPhoneにダウンロードするのは、本当にしょうがないですか。実はそうでもありません。EaseUS Video Downloaderは、人気の動画投稿サイト―YouTubeから動画を自分のPCにダウンロードできるようになりました。PCにダウンロードした動画は、iTunesかほかのiPhoneデータ移行ソフトを使って、それを簡単にiPhoneやiPadに転送することができるので、非常に便利です!YouTubeから動画をiPhoneにダウンロードしたいユーザーなら、このソフトを見逃しすると損だと。。。

YouTube動画のダウンロードは違法ですか?

YouTube上の動画は、著作権によって保護されているものたくさんあります。それでは、勝手にYouTubeの動画をダウンロードするのは著作権違反の事件に巻き込まれる可能性がありませんでしょうか?

実際には、動画のダウンロードという行為自体は違法ではありません。YouTubeからダウンロードした動画は私的利用の場合は、著作権違反事件に巻き込まれることはありません。ただし、ダウンロードした動画を再配布したり、ほかのプラットフォームに公開したりするのは、違法になりますので要注意!

1.YouTube Premiumで動画をダウンロードする

YouTube Premiumとは?できることとは?

YouTube Premiumは、YouTube側が提供している会員購読サービスです。YouTube Premiumを購読すると、広告なしでYouTubeとYouTube Musicを視聴することができますし、スマホ端末(iOS/Android)で動画をオフラインに保存することもできます。

  • YouTube Premiunでできること

1.広告なし:モバイルデバイス、パソコン、対応テレビからログインすれば、いつでも広告なしでYouTubeを視聴できます。

2.オフライン再生:動画を一時保存して、インターネットが使えないときでもオフラインで視聴できます。(スマホ用アプリのみ)

3.バックグラウンドで再生:YouTube Premiumなら、ほかのアプリを使っている時でもバックグラウンドで動画を再生できます。

4.YouTube Music Premium:広告なし、オフライン再生、バックグラウンド再生で音楽の世界を楽しみましょう。モバイルでも、デスクトップでも使えます。

YouTube Premiumでできること

YouTube PremiumでiPhoneのアプリで動画をオフラインに保存する方法

iPhone/iPadでYouTubeアプリを使用している場合、YouTubeのPremiumを購読すると、アプリ内で動画を直接にダウンロードすることができます。本文では、まずはこの一番公式的なダウンロード対策を皆さんに紹介していきたいと思います。

ステップ1.YouTubeのPremiumの購読ページにアクセスして、「使ってみる(無料)」ボタンをクリックします。

YouTube Premiumを購読するステップ1

ステップ2.購入手続きを完了するには、クレジットカード、またはPayPalアカウントを追加しましょう。

  • YouTube Premiumは、1ヶ月間無料トライアル期間があります、その後、料金は1,180円/月となります。

YouTube Premiumを購読するステップ2

ステップ3.iPhoneでYouTubeアプリをインストールして、アプリでYouTube Premiumアカウントをログインします。

ステップ4.動画を一時保存します。

  1. YouTube モバイルアプリで動画の再生を開始します。
  2. 動画タイトルの横にある縦の「...」をクリックして、「オフラインに一時保存オフラインに一時保存」をタップします。
  3. 画質を選択します。
  4. 動画の一時保存が完了すると、動画プレイヤーの下に「一時保存済み」アイコン一時保存済みアイコンが表示されます。

オフラインに一時保存した動画は、「ライブラリ」タブライブラリタブアイコンまたは「アカウント」タブアカウントタブアイコンに表示されます。

一時保存した動画を削除するには、「一時保存済み一時保存済みアイコンをタップして「削除」を選択します。

参照元:YouTube Premium の特典を利用するより一部参照

2.動画のURLをコピー&ペーストだけでiPhoneにダウンロードできる!

EaseUS Video Downloaderは、人気の動画投稿サイト―YouTubeから動画を自分のPCにダウンロードできるようになりました。PCにダウンロードした動画は、iTunesかほかのiPhoneデータ移行ソフトを使って、それを簡単にiPhoneやiPadに転送することができるので、非常に便利です!それでは、下記の2つの手順を参照して、簡単にYouTubeから好きな動画をダウンロードして、それをiPhoneに入れましょう。

ご案内:この方法でYouTubeの動画をダウンロードすると、一時保存ではなく、永久に保存することができます。また、iPhoneに移行すると、iPhoneの写真アプリで直接に閲覧することもできるようになります。

手順1.パソコンでYouTubeを自由にダウンロードする方法

ステップ1.EaseUS Video Downloaderを開き、左側のメニューで「クイックリサーチ」をクリックして、YouTubeの動画のURLを入力して「検索」ボタンをクリックします。

EaseUS Video DownloaderでYouTubeの動画をダウンロードするステップ1

ステップ2.ここでソフトはYouTubeの動画のページに移動します。動画の下に「ダウンロード」ボタンをクリックします。

EaseUS Video DownloaderでYouTubeの動画をダウンロードするステップ2

ステップ3.ここでYouTubeの動画のダウンロードオプションが表示されます。YouTubeの動画の形式を選択して、「ダウンロード」をクリックします。

EaseUS Video DownloaderでYouTubeの動画をダウンロードするステップ3

ステップ4.ここでダウンロードが始まります。左側メニューの「ダウンローダー」でダウンロードのプロセスを確認することができます。

EaseUS Video DownloaderでYouTubeの動画をダウンロードするステップ4

手順2.ダウンロードした動画をiPhoneに移行する

無料iPhoneデータ移行対策ソフトとして、ダウンロードした動画をiPhoneやiPadに簡単に移行することができます。無料で使える「EaseUS MobiMover」も便利すぎます!下記のダウンロードボタンをクリックして無料で体験してみましょう。ちなみに、WindowsにもMacにも対応している点もこのソフトの良いところです。

ステップ1. iPhoneをパソコンに接続して、EaseUS MobiMoverを立ち上げます。それから、左側のメニューで「PC To フォン」をクリックして、ファイルを選択し始めます。

pcからiPhoneにデータを移行するステップ1

ステップ2. iOS端末まで移行したいデータを選択してください。

pcからiPhoneにデータを移行するステップ2

ステップ3. ファイルを確認した上、転送 をクリックすることで、iOSデバイスまでのデータ移行を開始します。

pcからiPhoneにデータを移行するステップ3

まとめ

上記の2つの方法のいずれかを参照したら、好きなYouTube動画を簡単にiPhone端末に入れることができますが、YouTube Premiumの場合、動画をオフラインで一時のみ保持しますが、YouTubeアプリのみで動画を視聴することができます。その一方で、パソコンでYouTubeの動画をまずダウンロードして、無料なデータ移行ソフトを使って、動画をiPhoneに入れると、その動画を永久に保持することもできますし、動画ファイルを写真アプリで見つけれら、簡単に家族や親友に共有することも非常に簡単です。

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>