> How to Use > バックアップと復元 > [バックアップ方法比較】Windows 11 バックアップ vs Windows 10 バックアップ vs EaseUS Todo Backup

[バックアップ方法比較】Windows 11 バックアップ vs Windows 10 バックアップ vs EaseUS Todo Backup

EaseUSの筆者のプロフィール写真

Yiko | カテゴリ: バックアップと復元 | 2022年04月18日に更新

概要:

PCのすべてのデータやファイルのバックアップを作成する予定がある場合、Windows 10バックアップ、Windows 11バックアップなどのいくつかのオプションがあります。しかし、すべてのファイルをドライブに安全にバックアップするためには、EaseUS Todo Backupのようなサードパーティソフトウェアを使用するのがよいでしょう。

無料ダウンロードWindows向け
クローンのアイコン システム/ディスククローン 自動バックアップのアイコン 自動バックアップ
 

最近、Windows 11がリリースされました。Windows 11のバックアップ機能 とWindows の10バックアップ機能は何か違いがありますか?サードパーティ製のバックアップソフトー EaseUS Todo Backupとの違うところは何ですか?本記事では、この3つのバックアップ方法を初心者向けに分かりやすく解説しています。

Windows11のバックアップオプションで何が変わったのか?

Windows 11では、インターフェース、ユーザビリティ、パフォーマンスの面で多くの変更が見られました。ユーザーが内蔵機能を使用してバックアップを作成できるようになったことは顕著な変更の1つです。Windows 11でバックアップを作成する方法は2つあります。1つは外付けハードディスクにファイルの履歴をバックアップする方法、もう1つはOneDriveでファイルやフォルダーを同期させる方法です。

しかし、Windows 11では、ユーザーは設定からファイル履歴を見つけることができず、コントロールパネルで検索する必要があります。バックアップのセクションには、OneDriveフォルダの同期、アプリ、プリファレンスという3つのオプションしか見ることができません。

Windows 11でバックアップを作成する方法とは?

それでも、ほとんどのユーザーはファイルをPCに保存しています。しかし、データが消去されるケースを避けるためには、事前にバックアップを作成することが重要です。Windows 11のバックアップ vs Windows 10のバックアップ vsEaseUS Todo Backupのどちらが使ってもファイルをバックアップすることができます。

しかも、Windows 11を使えば、手間をかけずにバックアップを作成することができます。Windows 11でバックアップを作成するには、I) ファイル履歴でバックアップを作成するII) Windows バックアップでバックアップを作成する、の2つの機能に分かれます。以下では、この2つの方法の詳細な使用方法を説明します。

1. ファイル履歴を使用してバックアップを作成する

ファイル履歴は、その名の通り、選択したファイルの異なるバージョンを保存するために使用されます。Windows 11では、デフォルト以外のフォルダーを追加することができなくなりました。それでもファイル履歴を使用したい場合は、以下の手順で使用方法を確認してください。

操作手順

ステップ1. タスクバーでファイル履歴を検索して、クリックします。

ステップ2. 外付けHDDをバックアップドライブとして接続します。

ステップ3. ファイル履歴をオンにすると、デスクトップ、ライブラリ、連絡先、お気に入りからファイルがコピーされます。

ステップ4. 詳細設定で、ファイル履歴のバックアップを取る頻度と、以前のバックアップバージョンを保存する期間を選択することもできます。

ファイル履歴を設定する手順

注:ファイル履歴のバックアップはいつでも設定からオフにすることができます。

2. Windows バックアップでファイルと設定を同期する

Windowsバックアップは、Windows11の新機能で、オンにすると、MicrosoftアカウントでサインインしたPCで選択したすべての設定をWindowsがバックアップします。では、Windowsバックアップをオンにして同期を開始するにはどうすればよいのでしょうか?

ここでは、Windowsのバックアップをオンにする方法を説明します。

ステップ 1. [設定」>「アカウント」>「Windowsバックアップ」をクリックして、Windowsバックアップの新機能を確認します。

ステップ2. 同期したいコンテンツを選択します。OneDriveとフォルダを同期したい場合、「同期設定を管理」をクリックすると、デスクトップ、ドキュメント、ピクチャのコンテンツはすべてのデバイスで利用できるようになります。

その他の2項目はバックアップ可能です。

  • アプリケーションを記憶する

Windows 11は、インストールしたアプリを記憶することができます。そして、これらは新しいデバイスに復元することができます。

  • プリファレンスを記憶する

パスワードや言語などのWindowsの環境設定も復元できます。

注意事項:MicrosoftアカウントやOne DriveをPCと連携させていない場合は、Microsoftアカウントでサインインする必要があります。

Windows 10 バックアップユーティリティーファイル履歴とバックアップと復元(Windows 7)

Windows 10もWindows 11と同じように、バックアップユーティリティを内蔵しています。ファイル履歴バックアップと復元(Windows 7)です。 この2つのバックアップ機能は、Windows 10ユーザーにとって主要なバックアップオプションとなります。どちらもPC全体のフルバックアップを作成することはできませんが、個人的なデータやファイルをすべて安全にバックアップすることができます。

Windows 10のファイル履歴の主な機能は、Windows 11のそれと同じです。デスクトップ、ドキュメント、ダウンロード、ミュージック、ピクチャー、ビデオ、AppDataフォルダの一部など、PCのフォルダから必要なファイルをバックアップすることが可能です。また、どのフォルダをいつバックアップするかをカスタマイズすることができます。

バックアップと復元(Windows 7)とは、Windows 7で初めて公開された機能です。バックアップと復元(Windows 7)を使用すると、ユーザーは外付けハードドライブにシステムイメージを作成することができます。

Windowsバックアップの代替品 - EaseUS Todo Backup

windowsに搭載されているバックアップ機能を無料で使えますけど、ユーザーに与える権限やカスタマイズのオプションはあまり多くありません。しかし、EaseUS Todo Backupのようなサードパーティソフトウェアを使えば、いつでもファイルやフォルダ、さらにはPC全体のバックアップを取ることができます。EaseUS Todo Backupは、バックアップ計画をカスタマイズする機能があって、バックアップを作成するための利用可能なオプションもより多くなっています。ここでは、EaseUS Todo Backupの機能をいくつかご紹介します。

  •  バックアップファイル、ディスク/パーティション、システム、Outlookメールのバックアップなどのバックアップオプションがあります。
  • バックアッププランまた、増分バックアップ、差分バックアップ、スケジュールバックアップ、特定イベント時のバックアップなど、バックアップを作成するタイミングをカスタマイズすることも可能です。
  • EaseUS Todo Backupは、Windows 11とWindows 10などほぼ全てのWindowsバージョンに対応できるバックアップソフトです。

無料ダウンロードWindows向け
クローンのアイコン システム/ディスククローン 自動バックアップのアイコン 自動バックアップ

ステップ1. 「バックアップ内容を選択」ボタンをクリックし、バックアップを開始します。

データバックアップ手順1

ステップ2. 「ファイル」「ディスク」「OS」「メール」の4つのデータバックアップオプションがありますので、「ファイル」をクリックします。

データバックアップ手順2

ステップ3. ローカルファイルとネットワークファイルが左側に表示されます。ディレクトリを展開すると、バックアップするファイルを選択することができます。

データバックアップ手順3

ステップ4. 画面上のガイドに従って、バックアップを保存する先を選択します。

データバックアップ手順4

「オプション」をクリックして、「バックアップオプション」でパスワードの設定、バックアップスケジュールの設定し、特定のイベント時にバックアップを開始する時間の設定など多くのオプションがあり、必要に応じてバックアップタスクをカスタマイズすることができます。

ステップ5. バックアップはローカルドライブ、EaseUSのクラウドサービス、NASに保存することができます。

データバックアップ手順5

ステップ6. EaseUS Todo Backupは、サードパーティのクラウドドライブと独自のクラウドドライブの両方にデータをバックアップすることができます。

データバックアップ手順6

クラウドドライブにデータをバックアップしたい場合、ローカルドライブを選択し、スクロールダウンしてクラウドデバイスを追加し、アカウントを追加してログインします。

また、EaseUS独自のクラウドドライブを選択することもできます。EaseUS クラウドをクリックし、EaseUSアカウントでサインアップし、ログインします。

ステップ7. 「今すぐバックアップ」をクリックし、バックアップを開始します。バックアップタスクが完了すると、パネルの左側にカードの形で表示されます。バックアップタスクを右クリックして、さらに管理します。

データバックアップ手順7
 

Windows 11 バックアップ vsWindows 10 バックアップ vsEaseUS Todo Backup

つまり、Windows 10と11のすべての内蔵ツールは、個人データやファイルの小規模なバックアップを作成しようとするときに、かなり便利です。しかし、ファイル履歴のバックアップとWindowsバックアップの両方は、PC全体のバックアップを作成することはできません。そのため、PCのフルバックアップを作成する予定がある場合は、EaseUS Todo Backupなどのサードパーティ製ソフトウェアを使用して、すべてのファイルがドライブに安全にバックアップできます。EaseUS Todo Backupについてもっと知りたい方は、当社のウェブサイトをご覧ください。

無料ダウンロードWindows向け
クローンのアイコン システム/ディスククローン 自動バックアップのアイコン 自動バックアップ

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

EaseUS Todo Backup

PC中のデータのセキュリティのため、完全・自動的にバックアップを実行できるバックアップソフトでもあり、ハードディスク・OSを完璧にクローニングできる高度なクローンソフトでもあります。