> How to Use > バックアップと復元 > Windows 11の新しいセキュリティ機能でマルウェア攻撃を防ぐ

Windows 11の新しいセキュリティ機能でマルウェア攻撃を防ぐ

EaseUSの筆者のプロフィール写真

Harumoe | カテゴリ: バックアップと復元 | 2022年08月22日に更新

概要:

Windows 11の正式リリースに伴い、その新しいセキュリティ機能について疑問に思う人がかなりいるでしょう。本記事は、Windows 11の新しいセキュリティ機能をご説明します。そして、Windowsを更新する時に、データの損失を防ぐためのバックアップ作成ツールも紹介します。今すぐ見ていきましょう。

無料ダウンロードWindows向け
クローンのアイコン システム/ディスククローン 自動バックアップのアイコン 自動バックアップ
 

2021年10 月、MicrosoftはWindows 11をリリースしました。この新バージョンでは、データセキュリティの面でさまざまな新機能が追加され、ハードウェアレベルでのユーザー保護も強化されました。 これは、デバイスからクラウドまで、ゼロトラストのセキュリティを提供するための大きな一歩です。 また、Windowsが必要なセキュリティハードウェアを要求するのは思い切った手段で、この要求でさえ、かなりの割合のWindows 10PCがWindows 11にアップグレードできないことになります。 しかし、Windows 11の新機能から見ると、Windowsユーザーのデバイスをマルウェアやウイルスから保護するというMicrosoftの取り組みが理解できるのではないでしょうか。

Windows 11の新しいセキュリティ機能

2021年には、Microsoftの組み込みの保護機能により、96億件を超えるマルウェアの脅威、357 億件を超えるフィッシングおよびスパム メール、256 億件を超える盗まれたパスワードがブロックされました。Microsoft の OS およびエンタープライズ セキュリティ担当ディレクタであるDavid Weston 氏は、Windows 11は多くの調整を通じてはるかに強力なベースラインを設定しているため、この大きな成果を前もって実現することで、セキュリティにおける「非常に大きな勝利」であると述べています。

次の部分では、Windows 11の強化されたセキュリティ機能について説明します。

1.トラステッド プラットフォーム モジュール(TPM) 

Windows 11の最も注目すべきハードウェア要件の1つは、トラステッド プラットフォーム モジュール(以下はTPM2.0)だといえます。TPM 2.0 は、主に機密情報を保護し、暗号化操作を実行する役割を果たします。

TPM 2.0 チップを使用すると、悪意のあるソフトウェアがセキュリティ機能を改ざんする可能性が低くなります。既にWindows 11 をインストールしている場合、または新しい Windows 11 コンピューターを購入した場合は、Bitlocker 暗号化が既定でオンになっていることがわかります。BitLocker はデバイス上のすべてのデータを暗号化し、デバイスが紛失または盗難にあった場合にデータにアクセスできないようにします。

2.デフォルトで実行されるセキュリティ機能

Windows 10 では、VBS などの組み込みのセキュリティ機能はオプションであり、自動的には実行されません。ほとんどのユーザーはこれらの機能を検索してオンにすることは決してないため、結果としてこれらのセキュリティ機能の使用率はかなり低くなります。この結果から、Microsoft は、何かのことを選択的にすると、人々はそれを使わないという教訓を学びました。

そのため、Windows 11 では、Microsoftはチップメーカーと協力して、Bitlocker 暗号化、VBS、セキュアブートなどのセキュリティ機能をデフォルトで有効にしています。

3.Windows Helloでパスワードから解放される

Windows Hello は、Windows 10 および Windows 11が備えたPIN、指紋、または顔認識によって、デバイスに安全にアクセスできるようにする生体認証ベースのテクノロジです。セットアップが完了すると、ユーザーはより簡単かつ安全な方法で自分のPCにサインインできます。従来のパスワードには、漏洩のされたり、忘れたりすることがよく起こしたので、生体情報をパスワードとして設定すると、より安全になり、このパスワードを忘れることはありません。

4.組み込みのセキュリティ機能: VBS および HVCI

前述のように、Windows 11 は TPM 2.0 チップを必要とするため、デフォルトで VBS (仮想化ベースのセキュリティ) を有効にすることができます。Windows 11を自動的に保護するもう 1 つのセキュリティ機能は、HVCI (ハイパーバイザーで保護されたコードの整合性) です。これは実際には VBS 機能であり、メモリ整合性と呼ばれます。HVCI と VBS は、Windows の脅威モデルを改善し、Windows カーネルを悪用しようとするマルウェアに対するより強力な保護を提供します。

他の方法でWindows 11を保護する

自分のデータとプライバシーを保護するには、Windows システムのセキュリティの向上だけに頼るのではなく、予防措置を講じる必要があります。最も確認されている方法は、重要なファイルを定期的にバックアップすることです。市場にはたくさんのバックアップ ソフトウェアがあり、Windows 自体にも ファイル履歴やバックアップと復元 (Windows 7) などの組み込みのバックアップ ユーティリティが開発されており、好きなものを選択できます。

ただし、マルウェアやウイルスもバックアップ ファイルを攻撃する可能性があるため、ローカル バックアップ ファイルにアクセスして復元する方法がありません。この場合、EaseUS Todo Backupは、バックアップ ファイルのセキュリティ ゾーンを作成することで、すべてのユーザーがこのジレンマに陥らないようにしたいと考えています。簡単に言えば、セキュリティ ゾーンは、Todo Backup によって作成されたバックアップ ファイルを格納するパーティションであり、作成されると、マルウェアやランサムウェアがゾーン内のバックアップ ファイルに影響を与えないように、アクセスできないパーティションとして設定されます。

無料ダウンロードWindows向け
クローンのアイコン システム/ディスククローン 自動バックアップのアイコン 自動バックアップ

ステップ1.バックアップの内容を選択する

メイン ウィンドウで、[バックアップの追加]項目をクリックして、バックアップ コンテンツを選択します。ファイル、ディスクまたはパーティション全体、オペレーティング システム、およびメールを選択できます。 

easeus todo backupによるバックアップステップ1

ステップ2.バックアップ先としてセキュリティ ゾーンを選択する

バックアップ先を選択すると、[セキュリティ ゾーン]オプションが表示されます。[セキュリティ ゾーン]をクリックし、バックアップ先として使用します。

easeus todo backupによるバックアップステップ2

注意:セキュリティ ゾーン機能を初めて使用する場合、EaseUS Todo Backupはセキュリティ ゾーンの作成を案内します。「セキュリティゾーンの作成」をクリックします。

easeus todo backupによるバックアップステップ2-セキュリティゾーンの作成1

バックアップに十分な空き容量があるパーティションを選択し、[続ける] をクリックします。

easeus todo backupによるバックアップステップ2-セキュリティゾーンの作成2

セキュリティ ゾーンのサイズを調整して、[作成]をクリックして完了します。 

easeus todo backupによるバックアップステップ2-セキュリティゾーンの作成3

ステップ3.バックアップ タスクを実行する

[今すぐバックアップ]をクリックして、バックアップ プロセスを開始します。セキュリティ ゾーン内のOS、ファイル、ドライブ、およびメールのバックアップは、ウイルス、ランサムウェア、およびトロイ木馬によって見られたり破壊されたりすることから完全に保護されます。

easeus todo backupによるバックアップステップ3 

最後に

本記事は、Windows11の新しいセキュリティ機能について説明したうえで、さらにデータを保護するように、EaseUS Todo Backupというバックアップ作成ツールをご紹介しました。このソフトに興味がある方は、今すぐ下のボックスをクリックして、ダウンロードしましょう。

無料ダウンロードWindows向け
クローンのアイコン システム/ディスククローン 自動バックアップのアイコン 自動バックアップ

Windows 11の新しいセキュリティ機能に関するFAQ

1.Windows 11は無料で、アップグレードできますか?その手順は?

Windows 10のユーザーにとって、Windows 11には無料でアップグレード可能です。Windows 11のシステム要件を満たしているかどうかを確認した上、最新バージョンのWindows 10にアップグレードする必要があります。もしWindows 11の最小要件を満たすこともできない場合は、新しいパソコンを購入するか、満たさない部件を置き換える必要があります。

Windows 11をインストールする方法

ステップ1.「設定」→「更新とセキュリティ」→「Windows Update」→「更新プログラムのチェック」をクリックします。

ステップ2.利用可能なWindows 11更新プログラムがあれば、検出することができます。

ステップ3.更新プログラムをダウンロードしてインストールします。

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

EaseUS Todo Backup

PC中のデータのセキュリティのため、完全・自動的にバックアップを実行できるバックアップソフトでもあり、ハードディスク・OSを完璧にクローニングできる高度なクローンソフトでもあります。