> How to Use > バックアップと復元 > Windows10にアップグレードする前に準備すべきこと

Windows10にアップグレードする前に準備すべきこと

EaseUSの筆者のプロフィール写真

Bak | カテゴリ: バックアップと復元 | 2022年03月31日に更新

概要:

Windows OSを旧バージョンから最新版にアップグレードする初心者にとって、windows10にアップグレードしないとどうなるか、Windows 10にアップグレードする前にやっておくべきことを知る必要があります。たくさんのユーザが、Windowsアップグレード後のデータ損失、またはWindowsの最新バージョンに使い慣れないときにOSを旧バージョンに戻す方法について心配しています。次は経験のないユーザに、Windows 10にアップグレードする前に、やっておくべきことを紹介します。

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼
 

Windows OSを旧バージョンから最新版にアップグレードする初心者にとって、windows10にアップグレードしないとどうなるか、Windows 10にアップグレードする前にやっておくべきことを知る必要があります。たくさんのユーザが、Windowsアップグレード後のデータ損失、またはWindows の最新バージョンに使い慣れないときにOSを旧バージョンに戻す方法について心配しています。

次は経験のないユーザに、Windows 10にアップグレードする前に、やっておくべきことを紹介します。

関連記事:「最新」Windows 11をWindows 10にダウングレードする方法

windowsの最新バージョンにアップグレードしないリスク

windowsの最新バージョンにアップグレードしないと、どうなりますか?主に3つのリスクがあります。

1.あるバージョンの公式のサポートを既に終了した

最近、マイクロソフトはwindows11をリリースしました。しかし、Windows7、Windows8、Windows10をまだ利用しているユーザが数多くいらっしゃいます。今、Windows10のサポート期間がまだ長期間が残りっていますけど、Windows7とWindows8の公式サポートを受けられなくなります。何か被害が起きたら、非常に厄介なことになりますよね。

サポートを終了するWindowsバージョン

2.システムの動作が不安定になる

結構古いバージョンを使うとき、プログラムやシステムファイルの不具合などの原因でパソコン使用中に動作が不安定になる可能性がかなり高いです。

3.データ損失のリスクが高くなる

サーバー攻撃による被害を受けやすいです。

windows10 にバックアップする前にやっておくこと

1.システム/パーティションのバックアップ

「後悔先に立たず」とは、よく言ったものです。それで、行動する前によく考える必要があります。旧バージョンのOSをちゃんと保存したいなら、システムのバックアップを厄介なことと思わないでください。また、Windowsアップグレード後のデータロースのドラブルがよく発生します。そして、OSのバックアップを大いに勧めます。

EaseUS Todo BackupのダウンロードEaseUS Todo Backup  (安全!安心!)

EaseUS Todo Backupはおすすめのシステムバックアップソフトです。Windowsをアップグレードする前に、Todo Backupをパソコンにダウロードして、システム、パーティション、ファイル/フォルダなどのデータを簡単にバックアップできます。

ステップ1. EaseUS Todo Backupを実行して、メインウィンドウで【OS】をクリックします。

ステップ1.『システムバックアップ』をクリックする

ステップ2. バックアップの目的場所を自分で選択する、或いはソフトが自動的に最適な場所を選択します。

ステップ2.バックアップの目的場所を選択する

ステップ3. 「オプション」ボタンをクリックして、スケジュールを設定して自動的にバックアップを実行することもできます。

バックアップを実行する期間を毎日、毎週、毎月などの周期を設定できます。設定を有効化させるために、管理員のアカウント及びパスワードを入力する必要があります。

ステップ3.スケジュールバックアップを設定する

ステップ4. 当該ウィンドウの下の「バックアップオプション」をクリックして、バックアップの圧縮率、パスワードなどを設定することができます。

ステップ4.『バックアップオプション』を設定する

ステップ5. 最後に、[今すぐバックアップ]をクリックして、システムバックアップを開始します。

ステップ5.[適用]をクリックする

2.パーティション管理

適切なパーティション分割はWindows 10アップグレードの効果を決めています。Windows 7/8.1が直接Windows 10にアップグレードできます。最良の結果は、Windows 10のアップグレードが順調に完了し、すべての前のWindowsデータは、10GBぐらいのWindows 10データと共に、システムパーティションに格納されます。

ほとんどのWindows 7やWindows 8.1搭載のパソコンはWindows 10にアップグレードできます。注意すべきことは、記憶容量が16GBや32GBしかないWindowsタブレット、またはほかのデバイスが16GB(32 ビット版)、或いは20GB(64ビット版)の空き領域を要求するWindows 10をサポートしないかもしれません。

システムパーティションに空き領域が不足になったら、Windows 10にアップグレードするには何をしておくべきでしょうか?ディスク領域が不足になると、アップグレードに失敗し、システム障害が発生してしまうかもしれません。EaseUS Partition Masterを使って、システムパーティションに十分な領域を分割することをお勧めします。パーティションのサイズを確認して、Partition Masterを使って、見割り当て領域や別のパーティションからシステムをパーティションに分割します。こちらをクリックして、パーティションを再分割する簡単な方法を見てください。

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

操作手順

1.EaseUS Partition Masterを実行して、ソフトのメイン画面で容量を調整したいパーティションを右クリックして、「サイズ調整/移動」を選択します。

ご案内:EaseUS Partition Masterは「スマートリサイズ技術」を採用しています。この技術によりますと、ディスクにある未割当容量を自動的に検出され、パーティションの末の黒点をトラックして、直接に選定のパーティションに容量を調整できるので、隣接領域で未割当容量を作る必要がありません。

EaseUS Partition Masterでパーティションのサイズを変更する1

2.パーティションの末にある黒い点を右にトラックしてパーティションの容量を拡大し、左にトラックして容量を縮小して「OK」ボタンをクリックします。

EaseUS Partition Masterでパーティションのサイズを変更する2

3.ソフトのメイン画面で上部で保留中の操作をクリックして、「適用」をクリックして、変更を適用します。

EaseUS Partition Masterでパーティションのサイズを変更する3

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

EaseUS Todo Backup

PC中のデータのセキュリティのため、完全・自動的にバックアップを実行できるバックアップソフトでもあり、ハードディスク・OSを完璧にクローニングできる高度なクローンソフトでもあります。