> How to Use > バックアップと復元 > EaseUS クローンソフトをダウンロードする理由三選(HDDとSSDのクローン/OS移行するため)

EaseUS クローンソフトをダウンロードする理由三選(HDDとSSDのクローン/OS移行するため)

EaseUSの筆者のプロフィール写真

Kenji | カテゴリ: バックアップと復元 | 2022年03月30日に更新

概要:

ディスクは故障したり、ディスクドライブを換装したり、新しいパソコンを購入したりなどの場合は、データのクローンやOSの移行に役立つEaseUS Todo Backupをダウンロードする理由三つを紹介します。

無料体験Windows向け
クローンのアイコン システム/ディスククローン 自動バックアップのアイコン 自動バックアップ
 

あなたが遊んだり、仕事をしたりするパソコンやノートパソコンには、あらかじめ設定されたハードディスクが搭載されています。それは、通常いくつのTBの容量がある大型ハードディスクドライブ(HDD)を搭載した従来型であったり、比較的250GB前後のソリッドステートドライブ(SSD)を搭載した最新型であったりします。パソコンが遅れたり、クラッシュしたときに、新しいパソコンを購入しなければならないとは限りません。ハードディスクの容量不足、不良セクタの発生、古すぎて高速に動作しないなど、ハードディスクに問題がある場合があります。したがって、本当の理由を見つけると、新しいコンピュータを購入するか、単に新しいハードドライブに変更することを決定します。

以下は、新しいコンピュータを購入することではなく、ハードドライブを交換することで問題を解決できるいくつの兆しです。

  • ハードドライブが四年以上使われた
  • ハードディスクの速度が極端に低下する
  • ハードディスクにデータには空き容量がない
  • Windows OSが頻繫にクラッシュまたはフリーズする
  • 変な音やクリック音が聞こえる

ハードディスクを交換するためのクローンソフトEaseUSをダウンロードする

ハードディスクを交換する時、Windows OS、構成、設定、プログラム、ゲーム及び個人データを含めて、元のハードディスクを新しいハードディスクに100%複製するために、ディスククローニングユーティリティがおすすめです。そこで、EaseUS Todo Backupは最高のハードディスククローニングソフトウェアとして、再びお先に紹介します。

ハードディスクを交換する作業には、EaseUSはどういう仕組みで働きますか?

コピー元のハードディスクやパーティションから、コピー先のハードディスクやパーティションへ、あらゆるデータをスムーズにクローンするプロセスを自動的に進行します。クローンを作成することで、すべてのデータと起動システムを新しいハードディスクに保存します。そのため、新しいハードディスクにWindows 11または10をクリーンインストールできないことや、すべてのデータのバックアップを作成するために1日かかるなどの心配は不要です

無料体験Windows向け
クローンのアイコン システム/ディスククローン 自動バックアップのアイコン 自動バックアップ

ローニングのためのEaseUS Todo Backupをダウンロードする3つの理由

確かに、市場にはたくさんのハードディスククローンソフトがあり、よく知られているのは、例えば、EaseUS Todo Backup、Macrium Reflect、Paragon Hard Disk Manager、Clonezillaなどです。もしあなたがここで特定のユーティリティを決めていなかったなら、ワンストップであるEaseUS Todo Backupをダウンロードするトップ5の理由を皆さんに紹介したいと思います。

大勢な人が使われてきた優秀なソフト:EaseUS Todo Backupは有名なハードディスククローニングソフトウェアであり、同時に、ハイテクノロジーによってシームレスに動作し、個人ファイル、システム、メール、ディスク/パーティションを完全に保護する。EaseUS Todo Backupに統合されたすべての機能は、私たちの日常業務や使用において有効に活用できます。これから例を挙げて説明します。

完全バックアップ:ファイル、OS、メール、ディスク、パーティションの完全バックアップ、増分バックアップ、差分バックアップをサポートする

ローカルとクラウドのバックアップを一挙に実現:ローカルドライブ、ネットワークドライブ、NASドライブ、OneDrive、Dropbox、Google Drive、EaseUS Cloud Driveへのバックアップをサポートする

スマートバックアップ:指定したファイルやフォルダーを30分ごとに監視し、30分以内に変更があった場合に新しいバックアップイメージを生成するインテリジェントなスケジュールを作成できる

HDDからSSDへのクローン:大容量のHDDから小容量のSSDへのクローンも可能です

ディスクドライブ間の移行:パーティション間のクローン作成をサポートする

HDDからSSDにOSを移行する:OSだけを新しいSSDにクローンするので、Windowsを一から再インストールする必要がありません。

不良セクタのクローン:多くの場合、ハードディスクを交換するように私たちを促します。そのケースの一つは、ハードディスクは、不良セクタがスキャンされ、修復不能であるため、時々に故障することです。不良セクタがあるハードディスクをクローンするために、先進的なディスククローニングソフトウェアだけがそれを対応できます。EaseUS Todo Backupはクローン作成中、不良セクタを無視し、故障中のハードディスクからアクセス可能なすべてのデータを、故障することなく新しいハードディスクに最大限コピーすることが可能です。

これから、EaseUS Todo Backupは大勢のバックアップ製品から目立つ理由三つを紹介します。

技術先端に立つ二つのクローンイング機能

Windows 11、10、8、7ユーザー向けのディスククローニングツールであるため、他の同等なソフトウェアではできない顕著な利点がある。EaseUSのクローンソフトはMBRとGPTのハードディスクをクローンする主な機能以外に、ワンクリックシステムクローンとWindowsポータブルUSB作成を提供し、他のソフトより優れている。

ワンクリックでシステムクローン

ワンクリックでWindows OSを移行できます。OSの移行や、再インストールせずにコンピュータ間でシステムを移行することを目的とする場合、このシステムクローン機能を使用することができます。このソフトは自動的にシステムドライブと起動ドライブを検出するので、あなたは移行先のドライブを選択するだけで完了です。ワンクリックで、WindowsのOSを簡単に移行できます。

WindowsポータブルUSBドライブ作成できる

これは、EaseUS Todo Backupのシステムクローンオプションでならではの特別な機能です。それは、システムドライブ全体を外付けUSBハードディスクやフラッシュドライブにクローンして、他のデバイスで起動できるようにすることです。出張先で自宅の会社のパソコンを使いたいときなど、非常に重要な意味を持っています。

EaseUS Todo Backupの使用ガイド

ハードディスクがひどく破損して起動できない場合、WinPE環境でクローンを作業をできます。その場合なら、まず、起動可能なEaseUS Todo Backup USBドライブを作成します。まずはEaseUS Todo Backupをダウンロードし、下記の手順で従って、EaseUS Todo Backupにある機能を試してみましょう。

目標ハードドライブを接続する

必要なツール:ドライバー、電源分岐アダプタケーブル、SATAケーブルまたはUSB-SATAアダプタ。ターゲットHDD/SSDが現在のドライブの使用領域より大きいことを確認してください。

  • ターゲットディスクをコンピューターに接続する
  • デスクトップの場合、ドライバーで本体を開き、ディスクをSATAケーブルでメインボードに接続し、ディスクの電源分配アダプタケーブルを電源ボックスに接続する
  • ノートパソコンの場合は、USB-SATAアダプタを使用してディスクを接続する
  • 新しいHDD/SSDを使用する前に、MBRまたはGPTに初期化する(ターゲットの新しいディスクを現在のディスクと同じスタイルに保つため)。

無料体験Windows向け
クローンのアイコン システム/ディスククローン 自動バックアップのアイコン 自動バックアップ

OSを移行する

1.EaseUS Todo Backupを実行して、右上にある「ツール」をクリックして「システムクローン」を選択します。

システムクローン手順1

2. ターゲットディスクを選択して、[次へ]をクリックします。

システムクローン手順2

注意:ターゲットディスクに十分な未割り当て領域がありません。システムクローンを開始するためにパーティションを削除します。

3.ターゲットディスクのレイアウトをプレビューまたは調整できます。問題がない場合は、「実行」をクリックすると、システムクローンが開始します。

システムクローン手順3

クローンしたハードドライブから起動する方法

  • PCを再起動し、F2 (F8,F10,DEL...) を押してBIOS設定に入る。
  • ブートオプションで、新しいHDD/SSDを新しい起動ドライブとして選択します。
  • BIOSを終了し、PCを再起動します。

ブートメニュー

ポータブルWindows USBドライブを作成する

ステップ1.EaseUS Todo Backupを起動します。「ツール」メニューを展開し、「システムクローン」をクリックします。

システムクローン1

ステップ2.「システムクローン」ウィンドウで、ソフトウェアはデフォルトでシステムパーティションとブートパーティションを選択しますから、ターゲットディスクとしてUSBドライブを選択する必要だけがあります。「高度なオプション」>「ポータブルWindows USBドライブを作成」>「OK」>「次へ」をクリックします。

システムクローン2

ステップ3.ターゲットディスクのレイアウトをプレビューまたは調整できます。問題がない場合は、「実行」をクリックすると、クローンのプロセスを開始します。クローン作成プロセスが終了したら、USBドライブを安全に引く抜きます。

システムクローン3

ステップ4.USBドライブから起動します。

  • ポータブルUSBをコンピューターに接続します
  • コンピュータを再起動し、「Del」キーを押してBIOSに入ります
  • 「boot」を選択し、「boot device priotity」(起動デバイス)の中で、一番目のブートデバイスをポータブルUSBから起動するように設定します。
  • 変更を保存すると、システムがUSBドライブから起動します。

おわりに

EaseUSクローンソフトウェアをダウンロードする3つの理由は、丁度に安全で信頼でき、スムーズなクローン体験を提供するEaseUS Todo Backupの素晴らしさを説明出来たと思います。

24x7カスタマーサポートはEaseUSEaseUSソフトをダウンロードし、クローン中に発生した技術的な問題があり、お客様が対処できない場合、サポートチームがリモートでお客様に連絡し、できるだけ早くトラブルを解決できます。

EaseUS Todo Backupをダウンロードして試してみませんか?

無料体験Windows向け
クローンのアイコン システム/ディスククローン 自動バックアップのアイコン 自動バックアップ

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

EaseUS Todo Backup

PC中のデータのセキュリティのため、完全・自動的にバックアップを実行できるバックアップソフトでもあり、ハードディスク・OSを完璧にクローニングできる高度なクローンソフトでもあります。