> How to Use > バックアップと復元 > 【TOP 5】大切なデータを保護する方法

【TOP 5】大切なデータを保護する方法

EaseUSの筆者のプロフィール写真

Bak | カテゴリ: バックアップと復元 | 2022年03月16日に更新

概要:

ウィルス、パソコンの破損、HDD障害、システムクラッシュ、操作ミスなど、われわれは毎日データ消失のリスクを直面しています。アプリケーションやシステムを損失した場合、再インストールすればいいですが、写真、ドキュメントなどの個人データの復元はそんなに簡単ではありません。更に、重要なビジネスデータを失った場合、会社に巨大な損失を齎す可能性があります。そこで、重要のデータを安全に守るために、多くのユーザがデータ保護の措置を取っています。

無料ダウンロードWindows向け
クローンのアイコン システム/ディスククローン 自動バックアップのアイコン 自動バックアップ
 

データ保護が重要

ウィルス、パソコンの破損、HDD障害、システムクラッシュ、操作ミスなど、われわれは毎日データ消失のリスクを直面しています。アプリケーションやシステムを損失した場合、再インストールすればいいですが、写真、ドキュメントなどの個人データの復元はそんなに簡単ではありません。更に、重要なビジネスデータを失った場合、会社に巨大な損失を齎す可能性があります。そこで、重要のデータを安全に守るために、多くのユーザがデータ保護の措置を取っています。

一番簡単でよく使われる方法はファイルをコピーしてバックアップすることです。しかし、大量のデータやファイル、またはシステムを含むパソコンのデータ全体を保護するには、より専門的な方法が必要です。この記事では、大切なデータを保護するトップ5の仕方を紹介します。

TOP 5 大切なデータを保護する方法

1.よくデータを「保存する」

Word、Excel、PowerPoint、またはPhotoShop、Illustratorなどのアプリケーションを使っているとき、ソフトが突然の障害によって強制終了してしまう場合がよくあります。作業中によくデータを「保存する」と、データ損失の機会が小さくなります。ほとんどのソフトが「自動保存」機能を提供していますが、データ損失が発生した時まで編集したすべてのデータが保存されたとは保証できません。それで、よくデータを保存する習慣が、大切なデータを保護する第一歩です。

2.常にバックアップを取る

パソコンを使う時、一番怖いのはデータの消失です。データが消えたら、データ復元ソフトを使って復元できますけど、100%に復元できません。これは常識ですね。もしお使いデバイスのデータが上書きされたら、元々復元可能なデータが復元できなくなる可能性もかなり高いです。なので、日常で定期的にバックアップを取るのは非常に重要です。常にファイル、パーティション、ディスク、またはシステムを別のHDDや外付けHDDにバックアップすると、データ損失が発生しても、簡単に回復させることができます。「EaseUS Todo Backup Free」無料のバックアップソフトです。簡単で安全に重要なデータのバックアップを定期的で自動的に取ることができます。下記ボタンからダウンロードすることができます。

無料ダウンロードWindows向け
クローンのアイコン システム/ディスククローン 自動バックアップのアイコン 自動バックアップ

「EaseUS Todo Backup Free」の紹介動画

ステップ1. 「バックアップ内容を選択」ボタンをクリックし、バックアップを開始します。

データバックアップ手順1

ステップ2. 「ファイル」「ディスク」「OS」「メール」の4つのデータバックアップオプションがありますので、「ファイル」をクリックします。

データバックアップ手順2

ステップ3. ローカルファイルとネットワークファイルが左側に表示されます。ディレクトリを展開すると、バックアップするファイルを選択することができます。

データバックアップ手順3

ステップ4. 画面上のガイドに従って、バックアップを保存する先を選択します。

データバックアップ手順4

「オプション」をクリックして、「バックアップオプション」でパスワードの設定、バックアップスケジュールの設定し、特定のイベント時にバックアップを開始する時間の設定など多くのオプションがあり、必要に応じてバックアップタスクをカスタマイズすることができます。

ステップ5. バックアップはローカルドライブ、EaseUSのクラウドサービス、NASに保存することができます。

データバックアップ手順5

ステップ6. EaseUS Todo Backupは、サードパーティのクラウドドライブと独自のクラウドドライブの両方にデータをバックアップすることができます。

データバックアップ手順6

クラウドドライブにデータをバックアップしたい場合、ローカルドライブを選択し、スクロールダウンしてクラウドデバイスを追加し、アカウントを追加してログインします。

また、EaseUS独自のクラウドドライブを選択することもできます。EaseUS クラウドをクリックし、EaseUSアカウントでサインアップし、ログインします。

ステップ7. 「今すぐバックアップ」をクリックし、バックアップを開始します。バックアップタスクが完了すると、パネルの左側にカードの形で表示されます。バックアップタスクを右クリックして、さらに管理します。

データバックアップ手順7
 

3.不明なソフトや記憶装置を信頼しない

不明なディスクや記憶メディアをパソコンに接続すると、パソコンがウィルスに感染される可能性があります。出所不明なソフトをパソコンにダウンロードすると、プラグインやマルウェアがインストールされる可能性があります。不明なソフトや記憶装置を使わなければならない場合、必ずウィルス対策ソフトをインストールしておきます。また、定期的にパソコンとデバイスをスキャンして、ウィルスを駆除することも大事です。

4.パスワードを安全に守る

決済プラットフォームや個人情報を記録しているアカウントのパスワードを定期的に変更し、パスワード管理ソフトを利用して、パスワードを暗号化させて保存します。

5.万が一の時に役立つツール - データ復元ソフト

データのバックアップを忘れてしまい、データ損失に遭遇した場合、最後の方法はデータ復旧ソフトを利用することです。高機能の復元ソフトは簡単に失われたデータを救出できます。ここでは緊急時にお役に立てる復元ソフトの「EaseUS Data Recovery Wizard」をお勧めします。このソフトはWindowsとMacで消失したすべてのデータを簡単で迅速に復元することができます。

「EaseUS Data Recovery Wizard」

無料ダウンロードWindows向け
クローンのアイコン システム/ディスククローン 自動バックアップのアイコン 自動バックアップ

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

EaseUS Todo Backup

PC中のデータのセキュリティのため、完全・自動的にバックアップを実行できるバックアップソフトでもあり、ハードディスク・OSを完璧にクローニングできる高度なクローンソフトでもあります。