> How to Use > バックアップと復元 > 【決勝戦】EaseUS Todo BackupとMacrium Reflectどちらが良い?

【決勝戦】EaseUS Todo BackupとMacrium Reflectどちらが良い?

EaseUSの筆者のプロフィール写真

kenji | カテゴリ: バックアップと復元 | 2022年03月30日に更新

概要:

データの安全を保つために、定期的にバックアップすることは最も有効な方法です。そこで、いろんなバックアップソフトから適切なツールを選ぶのは少し難しいと思います。本文では、市販で最も人気のある二つのバックアップツールEaseUS Todo BackupとMacrium Reflectを紹介して比較します。皆さんがバックアップツールを選択する時の力になれると何よりです。

無料ダウンロードWindows向け
クローンのアイコン システム/ディスククローン 自動バックアップのアイコン 自動バックアップ
 

パソコンバックアップソフトとは

誤って削除してしまったり、ディスクをフォーマットしてしまったり、システムクラッシュやウイルス・サイバー攻撃を受けたりすると、データを失うという大惨事になることがあります。残念ですが、これらの現象は、事前にバックアップを作成していない限り、回避することはできません。個人ユーザーにとって、貴重な写真や文書を失うことは、思い出や給料を失うことを意味します。一方、企業にとっては、データとデータベースがすべてである。たとえ一度でも、顧客のデータを失ったり、突然のシステムダウンが起これば、ブランドや業界における長年の好評が台無しになりかねない。その結果、常連客や収入を他社に渡してしまうことになります。

パソコンをつかっている企業や個人の方は、サイバーセキュリティの鉄則として「バックアップは死活問題だ」とよくおっしゃっています。では、守りたいものをバックアップする方法とは何でしょうか?それはバックアップソフトを使うことです。バックアップソフトの目的は、ファイル、データベース、オペレーティングシステム、コンピュータ全体のコピーを作成することです。ハードウェアやソフトウェアの故障、データの破損、マルウェアの感染によってデータやシステムに損害が生じた場合、損傷を最低限に抑えるために、以前のバックアップからリカバリーを実行することができます。

バックアップとは

無料ダウンロードWindows向け
クローンのアイコン システム/ディスククローン 自動バックアップのアイコン 自動バックアップ

個人、法人向けバックアップソフトの選び方

Windows 10/8.1には「File History」というバックアッププログラムが内蔵されており、Windows 7には「Windowsバックアップと復元」という古いものがあります。

これらのWindowsネイティブのバックアッププログラムは無料で使用でき、同程度に、基本的なバックアップオプションを提供しています。「File History」では、ドキュメント、ミュージック、ピクチャー、ビデオ、デスクトップファイルのみ外付けハードディスクにバックアップすることができます。残念ですが、Windows 11には、バックアップ機能がついてないので、ユーザーは非常に困っています。

「File History」にいろんな制限はあり、写真やドキュメントのごく一部しか管理できません。個人ユーザーやホームユーザーにとっては、無料のオプションとして利用できます。しかし、あらゆる種類のファイルのサポート、フォルダのバックアップ、オペレーティングシステムのバックアップ、ディスク全体/パーティションのバックアップ、企業レベルのデータベースのバックアップなどを成し遂げるには、完全なバックアップ戦略を統合した専門的なサードパーティのバックアップソフトウェアが必要です。このコンピュータバックアップ分野における長年のIT経験により、私は大人気の製品EaseUS Todo BackupとMacrium Reflectをお勧めします。

EaseUS Todo BackupとMacrium Reflectの比較(10分野から)

どちらも、最新のWindows 11を含むWindows OSの全バージョンを対応できる評判の良いバックアップソフトですが、どっちが良いのか?これは製品の品質、ユーザーの評価、価格プラン、重要な機能、カスタマーサポートなど、あなたが気にするあらゆる側面に大きく依存しています。

次に、この2つのWindowsバックアップソフトをQ&A方式で比較してみます。ネットで集まった人々が最も気にしている質問に答えることで、人々にとって大切にするところを判明し、より深く明確に判断することができるのです。

Q1 会社の所在地はどこですか?ブランドの歴史はどのくらいですか?

Chengdu Yiwo Tech Development Co. Ltd: EaseUS Todo Backup は、2004年に設立され、アリババ、テンセント、ファーウェイ、レノボ、JD.com などの世界的に有名な IT 大手のブランドオフィスがある中国の四川省成都市に本社を置く成都易沃科技有限公司が開発され、Windows の総合バックアップおよびリカバリのプログラムです。

Paramount Software UK Limited: Macrium Reflect は、ロンドンに本社を置く Paramount Software UK Ltd が 2006 年に開発した Microsoft Windows 用のバックアップユーティリティです。

Q2:無料に使えますか?使いやすいですか?

それぞれの公式サイトやオンラインサービスを確認した結果、両製品とも個人/家庭向けの無料版を用意しています。

EaseUS-todo-Backuo無料版

Macrium Relflect FREE

無料ダウンロードWindows向け
クローンのアイコン システム/ディスククローン 自動バックアップのアイコン 自動バックアップ

使い勝手については、EaseUS Todo Backupの方が、あらゆるスキルレベルに対してより使いやすいと思えます。すべてのバックアップモードへのアクセスが右のメニューバーに並んでおり、各操作の実行ボタンが太字で表示されます。一方、Macrium Reflect は直感的なインターフェースがないため、使いこなすまでに一定の時間がかかり、多くのバックアップ操作では同じ場所にたどり着くまでに EaseUS Todo Backup よりも少なくとも 2~3 ステップ多く必要があります。とはいえ、一度慣れると、Macrium Reflect はそれほど難しいではありません。

使いやすいEaseUS Todo Backup

macrium Reflect インターフェース

Q3:どっちのバックアップ機能が優れていますか?

EaseUS Todo BackupとMacrium Reflectを、基本的なバックアップ機能から高度なバックアップ機能、そしてバックアップサポート以外のいくつかの統合機能に基づいて比較しました。まとめると、EaseUS Todo Backupはより多くのバックアップカスタマイズ設定が可能で、Macrium Reflectはより業務に密着したバックアップ作業が可能です。それぞれの特徴は、以下の通りです。

共通している機能

  • ファイルおよびフォルダーのバックアップ
  • OSバックアップ、Windows 11からXPまで対応
  • ディスク/パーティションのバックアップとディスクイメージ
  • Exchange、Outlookを含む電子メールのバックアップ
  • バックアップイメージのマウント/ディスマウント
  • ディスク/パーティションクローン
  • スケジュールバックアップ

EaseUS Todo Backupが優れる機能

  • 10以上の言語バージョンあり
  • オンラインチャットおよびアフターセールス相談
  • バックアップイメージの圧縮
  • バックアップイメージの暗号化
  • 古いファイルや重複したファイルの置き換え
  • WindowsポータブルUSBドライブの作成

Marium Reflectが優れる機能

  • Synthetic Fullバックアップに対応したバックアップファイルの統合化
  • ユーザー書き置きにサポート
  • あらかじめ用意されたバックアッププランのテンプレート

Q4:EaseUS Todo BackupとMacrium Reflectの使用料金はどっちが高い?

EaseUS Todo Backup は、Macrium Reflect よりも安価な料金で、メンテナンスとサポートにかかる隠れたコストがありません。

EaseUS Todo Backup 製品版は、1 ライセンスあたり 19.95 ドルからです。アップグレードサブスクリプションの価格は、月単位、年単位、終身単位から選択可能です。ライフタイムライセンスは59ドルです。

Macrium Reflect 製品版は69.95ドルから。

Q5:クラウドバックアップのサービスはありますか?

Macrium Reflectにはクラウドバックアップの情報はなく、現代のクラウドコンピューティングの世界では少し時代遅れな製品となっています。EaseUS Todo Backupは、クラウドバックアップを開発し、クラウドバックアップの体験をより良く、より安全にすることに専念しています。現在ではEaseUSブランドの専用クラウドサービスを所有し、さらにGoogle Drive、Dropbox、OneDriveなどの他のクラウドサービスにバックアップを保存することができます。

EaseUS todo backup クラウドバックアップ

Q6:企業向けなら、どれが良いでしょうか?

より高度なバックアップ機能については、どちらのソフトもビジネストレードに対応できるようになっています。例えばEaseUS Todo Backup Enterprise Editionは、幅広いバックアップ機能を搭載しており、その一部をご紹介します。

  • Windowsサーバー対応
  • SQL/Exchangeのバックアップと復元
  • 一元管理 
  • イメージリザーブ戦略
  • ユニバーサルリストア
  • コマンドラインによる事前/事後バックアップ
  • PXEサーバー対応
  • OEMリブランディングサービス

Macrium Reflect にはスタンドアロンでのビジネスバックアップバージョンがあります。それはプレミアム版である Macrium Server で、ビジネス応用機能として、以下のいくつかのハイテクノロジーの機能があります。

  • 物理または仮想サーバを1つの圧縮イメージファイルに完全バックアップ
  • Windowsイベントロギング
  • ファイルやフォルダーを単一の圧縮ファイルへバックアップ

無料体験Windows向け
クローンのアイコン システム/ディスククローン 自動バックアップのアイコン 自動バックアップ

Q7:スマートバックアップができるのか?

スマートバックアップは、最初のファイルフルバックアップ後の操作を簡略化することを目的します。今、スマートバックアップはWindowsのためのバックアップソフトを選択する重要な基準である。EaseUS Todo Backupにはスマートバックアップオプションがあり、指定したファイルやフォルダを30分ごとに監視し、30分以内に変更があった場合に新しいバックアップイメージを自動的に作成するものです。

これは、以下のようなシナリオに対して非常に実用的なソリューションです。

  • 頻繁に変更されるデータベースファイルをバックアップしたい
  • 共有ユーザーによって頻繁に更新される共有ファイルをバックアップしたい
  • リカバリやロールバックのための復元ポイントを複数作成する場合

easeus-todo-backupのスマートバックアップ

しかし、Macrium Reflectでは、ここでバックアップのスケジュールを手動で設定することしかできないのです。初めてだと少しわかりにくいので、慣れるまで少し時間がかかります。

macrium-reflectスマートバックアップ

Q8:パソコンが起動できない状態でもリカバリーを行うことができますか?

コンピュータのシステムクラッシュは、誰にでも一度は起こりうることです。Windowsオペレーティングシステムにさえアクセスできないとき、どのようにシステムリカバリを実行すればよいのでしょうか。幸い、EaseUS Todo Backup や Macrium Reflect のような優れたバックアップソフトウェアでは、起動可能なレスキューメディアを作成することができます。

EaseUS Todo Backupは、ユーザーのコンピュータに起動可能な環境を作成するために、2つのオプションを提供しています。「PreOSを有効にする」と「緊急ディスクを作成する」です。PreOSを有効にするには何もデバイスが必要ありませんが、緊急ディスクを作成するには通常USBフラッシュドライブが必要です。

easeus-todo-backup緊急ディスクの作成

Macrium Reflect では、「Other Tasks」メニューの中に、緊急ディスクを作成するためのオプションが1つ用意されています。

Q9:システムイメージを他のハードディスクや他のパソコンに転送して復旧させることはできますか?

そう、これはEaseUS Todo BackupとMacrium Reflectの両方に搭載されている機能なのです。違いは、システム転送機能は現在インストールされているEaseUS Todo Backupのエディション内にありますが、Macrium ReflectのシステムイメージはReDeployという別のアプリケーションを使わないと復元できないです。また、Macrium ReflectのProfessionalとServerエディションにのみ適用されます。

無料体験Windows向け
クローンのアイコン システム/ディスククローン 自動バックアップのアイコン 自動バックアップ

Q10:差分バックアップと増分バックアップに対応できますか?

バックアップイメージが最終的に多くのディスクスペースを占有することはご存知の通りです。従って、ディスクスペースの負担を解放するための妥協案は、バックアップファイルをクラウドに保存するか、バックアップファイルをスマートな方法で管理するかのどちらかです。もう一つは増分バックアップや差分バックアップを行う方法です。

嬉しいことで、両方の製品には、差分バックアップと増分バックアップを作成するオプションがあることがわかります。

増分バックアップと差分バックアップのバックアップ方法は、ファイルバックアップ、ディスクバックアップ、システムバックアップを作成する過程で、「バックアップ方式」の項目で確認して選択してください。

Todo Backup vs. Macrium Reflect

10の比較に従って、以下の表の情報を収集し、2つの製品の究極の比較をしてみましょう。

  EaseUS Todo Backup Macrium Reflect
発展歴史 中国会社、18年歴史を持つ イギリス会社、16年歴史を持つ
無料版の有無
使いやすさ とっても使いやすい 難しくない
バックアップ機能 豊富 豊富
クラウドバックアップ ×
料金プラン  $19.95から $59まで  $69.95
スマートバックアップ ×
緊急ディスクの作成 ×
差分/増分バックアップ
大手企業/組織に対応

これで、皆さんがバックアップソリューションを選択するための心がまえが整ったはずと思います。EaseUS Todo Backupは、Macrium Reflectよりも優れたユーザー体験とワークフローを備えているようなので、ソフトを慣れるまでの貴重な時間を費やせずに、バックアップ機能をフル活用できるEaseUS Todo Backupは個人的のお勧めです。

無料体験Windows向け
クローンのアイコン システム/ディスククローン 自動バックアップのアイコン 自動バックアップ

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

EaseUS Todo Backup

PC中のデータのセキュリティのため、完全・自動的にバックアップを実行できるバックアップソフトでもあり、ハードディスク・OSを完璧にクローニングできる高度なクローンソフトでもあります。