> How to Use > バックアップと復元 > Windows 10/8/7向け|システムの復元ポイントを作成する方法

Windows 10/8/7向け|システムの復元ポイントを作成する方法

モンディー
更新者:モンディー 2024/02/28
   

概要:

Windowsシステムの復元ポイントは、OSやデータが破損したといった、何か問題があった場合に役立てるものです。 Windowsを再インストールしてデータを失うことなく、Windowsを元のシステム状態に戻すことができます。この記事では、EaseUS Todo BackupとWindows内蔵のシステムの復元機能を含む、システムの復元ポイントを作成するための2つのオプションを提供します。

無料体験Windows向け
クローンのアイコン システム/ディスククローン 自動バックアップのアイコン スマートバックアップ
 

Windowsシステムの復元ポイントは、OSやデータが破損したといった、何か問題があった場合に役立てるものです。古いですが、機能しているシステム状態に、Windowsを戻すことができます。しかも、Windowsを再インストールしてデータを失うこともありません。この記事では、システムの復元ポイントを作成するためのガイドを提供します。即ち、Windows 10/8/7のシステムバックアップを作成する方法です。システムバックアップイメージを作成するには、2つの方法があります。1つはEaseUS Todo BackupというサードパーティのWindowsバックアップおよび復元ツールでです。もう1つはWindows内蔵の「システムの復元」機能です。

システムバックアップに進む前に、システムの復元ポイントの作成に関連するいくつかの質問を理解する必要があります。

windows10をバックアップする方法

 Windowsバックアップの仕組みについて

Q1:復元ポイントの作成は何の役に立つのですか?

復元ポイントを作成することで、OSの状態と独自のデータを保存できるため、将来の変更によって問題が発生した場合でも、システムとデータを変更前の状態に復元できます。

Q2:システムの復元ポイントは自動的に作成されますか?

いいえ。システムの復元はデフォルトで無効になっています。つまり、システムの復元を有効にした後、Windows 10が復元ポイントを自動的に作成しかできません。サードパーティのプログラムを使用する場合にも、状況は同じです。自動バックアップを有効にするには、まず完全なシステムイメージバックアップを作成する必要があります。

Q3。復元ポイントを作成する必要がありますか?

はい。特に、普通のコンピュータユーザーは、Windows OSを自分で再インストールすることがほとんどできないかもしれません。これらのユーザーにとっては、使用可能なシステムの復元ポイントを含むシステムバックアップイメージを保持する必要があります。これで、クラッシュした時の復旧は可能になります。

注:システムイメージとは?

システムイメージの作成をどこから始めますか?

デフォルトではシステムの復元を作成するツールはないため、よく実行されているOSの状態を自分で完全バックアップする必要があります。バックアップを作成し、障害発生後にシステムを簡単に復元できるために、まず適切なバックアップ方法を選択します。特定のファイル拡張子を持つ、唯一のバックアップイメージをWindowsバックアップツールは作成します。つまり、2つの異なるバックアップユーティリティ間で同じシステム復元ポイントを使用することはできません。

さらに、増大するシステム復元ポイントのファイルサイズを最小限に抑えるには、以前のシステムバックアップを新しいバックアップに置き換える必要があります。すなわち、差分バックアップまたは増分バックアップを作成することです。

その他、復元の過程と速度を考えなければなりません。同時に、システム回復の可能性が100%かどうかを確認します。コース中に中断または停止されるかどうかに関連しているからです。

総じていえば、デフォルトのWindowsシステムの復元機能ではなくEaseUS Todo Backupを選択することをお勧めします。EaseUS のWindowsバックアップソフトウェアは、Windows OSだけでなく、ハードドライブ/パーティション、ファイル、電子メールなどに対して、より包括的なバックアップソリューションも提供しています。

無料体験Windows向け
クローンのアイコン システム/ディスククローン 自動バックアップのアイコン スマートバックアップ

ヒント
Windowsのシステムの復元機能は、システムのバックアップイメージを非常にインテリジェントに作成するのに制限があります。以前のシステムの復元ポイントからパソコンを復元しようとすると、「システムの復元は正しく完了しませんでした」などの問題が発生する場合もあります。それにしても、コンピュータを保護するためには、このデフォルトのWindows内蔵ツールはなかなかいい選択です。EaseUS Todo Backup以外、第一の保護方法としていいです。

Windows 10/8/7用のシステムの復元ポイントを作成する方法

EaseUS Todo Backupを利用する利点

  • 簡単に実行でき、マウスを数回クリックするとバックアップタスクが完了します。
  • イメージの圧縮や暗号化、自動バックアップスケジュールの設定など、バックアップを効率的にする補助バックアップオプションがあります。
  • WindowsがオンまたはオフになるときにOSのバックアップによって、システムイメージを異なるハードウェアに復元できます。

ステップ1. EaseUS Todo Backupを実行して、「バックアップを作成」をクリックします。

バックアップを作成

ステップ2. バックアップ対象として、「システム」をクリックします。

システムをクリック

ステップ3. 「オプション」ボタンをクリックすると、バックアップモードやスケジュールなどを設定することができます。

オプション

ステップ4. 最後は、バックアップ先を選択し、バックアップを開始します。

バックアップ開始

システムの復元ポイントからWindows 10/8/7を復元する方法

システムの復元ポイントからコンピューターを復元する場合は、起動可能なEaseUS Todo Backup USBフラッシュドライブからコンピューターを起動してから、復元を始める必要があります。

無料体験Windows向け
クローンのアイコン システム/ディスククローン 自動バックアップのアイコン スマートバックアップ

注:起動できないマシンでシステムの復元を実行するには、EaseUS Todo Backupでブータブルディスクを作成することで、コンピュータを起動してみてください。

1. EaseUS Todo Backup を実行して、「参照して復元」をクリックします。

参照して復元

2. 作成したシステムイメージファイルを選択して、「OK」をクリックします。

ファイルを選択

3.復元先を選択します。元の場所に復元するか、既存のファイルに上書きするか、他の場所に復元するかを選ぶことができます。

復元先を選択

4.「実行」ボタンをクリックすると、復元プロセスが始まります。

無料体験Windows向け
クローンのアイコン システム/ディスククローン 自動バックアップのアイコン スマートバックアップ

EaseUS Todo Backupについて詳しくは>>

EaseUS Todo Backup

PCのデータのセキュリティのため、完全・自動的にバックアップを実行できるバックアップソフトでもあり、ハードディスク・OSを完璧にクローンできる高度なクローンソフトでもあります。