> How to Use > バックアップと復元 > [超簡単]USBドライブを別のWindows10コンピュータにクローンする方法

[超簡単]USBドライブを別のWindows10コンピュータにクローンする方法

EaseUSの筆者のプロフィール写真

Harumoe | カテゴリ: バックアップと復元 | 2023年03月29日に更新

概要:

この投稿では、EaseUS Todo Backupを使用して、簡単な手順でUSBドライブを別のUSBドライブやWindowsPCにクローンする方法を紹介します。この方法を通じて、データを失うことなく、起動可能なUSBドライブを別のUSBにコピーできます。EaseUS USBイメージ ツールを使用すると、USBドライブのイメージを作成して、他のドライブにクローンすることもできます。

無料体験Windows向け
クローンのアイコン システム/ディスククローン 自動バックアップのアイコン 自動バックアップ
 

ユーザーの投稿

「Windows10が入った起動可能なUSBドライブを別のUSBドライブにコピーしたいです。ただファイルをコピーして貼り付けるつもりですが、ブータブルUSBドライブのイメージを作成し、別のドライブにそれを復元するほうがいいと言われました。どうすればいいのでしょうか?USBドライブを別のドライブにクローンする一番早くて簡単な方法は何でしょうか?」

ファイルをコピーするのではなく、USBドライブをクローンする理由

USBドライブのバックアップというと、ユーザーはUSBドライブからコンピュータまたは別のフラッシュドライブにファイルを手動でコピーすることを考えています。そして、USBドライブにそれらを復元したいときは、いつでもそれらをコピーバックすることができます。個人的なファイルやドキュメントをUSBドライブに保存しておくだけなら、これは効率的な方法です。

しかし、起動可能な USB ドライブをバックアップしたい場合、この方法は使えません。隠しファイルであるドライブのマスター ブート レコードとパーティション テーブルはコピーされないからです。それに、もし一つの起動できないUSBドライブから同じ容量の複数のユニットにファイルをコピーする必要がある場合、USBのクローンを作成するのが一番良い解決策かもしれません。

では、どのようにUSBドライブをクローンするのですか。信頼性のあるディスク クローン作成ソフトウェアであるEaseUS Todo Backupによって、USBのクローンを作成し、マスター ブート レコード (MBR)、スラック スペース、および使ってないスペースを含む内容の正確なコピーを作成する必要があります。

無料体験Windows向け
クローンのアイコン システム/ディスククローン 自動バックアップのアイコン 自動バックアップ

EaseUS Todo Backupで、USBドライブをクローンする方法 

EaseUS Todo Backup は、プロなUSBドライブ クローン ソフトです。このプログラムは、起動可能なUSBドライブを複製したり、USBドライブ上のファイルをバックアップしたりするのに非常に役立ちます。

直接クローンとイメージの作成及び復元という2種類の方法があります。

数回クリックで、USBをクローンする

事前準備:ドライバー、パワー スプリッター アダプター ケーブル、SATAケーブル、または USB - SATAアダプター。対象の HDD/SSDが現在のドライブの使用容量よりも大きいことを確認してください。M.2SSDの場合、接続用のPCIeスロットがあるかどうかを確認してください。

ステップ1.2台目のハード ドライブを接続します。

ハード ドライブを接続

ターゲット ディスクをコンピュータに接続します。

  • デスクトップの場合、ドライバーでメインフレームを開き、SATAケーブルでディスクをメインボードに接続し、ディスクのパワー スプリッター アダプター ケーブルを電源ボックスに接続します。
  • ラップトップの場合、USB - SATA アダプタを使用してディスクを接続できます。

新しいHDD/SSDを使用する前に、、MBRまたはGPTに初期化します(ターゲットの新しいディスクを現在のディスクと同じスタイルに保つため)。

ステップ2.ディスク複製ユーティリティをダウンロードします。

EaseUS Todo Backupは、システム/ディスク クローン、バックアップ、復元、システム転送など、複数の機能を統合したクローン作成ソフトウェアです。

easeus todo backup

  • ハードドライブをより大きなドライブに更新したり、OS のクローンを作成したりするなど、ディスクのクローン作成の要求をすべてカバーします。
  • IDE、EIDE、SATA、ESATA、ATA、SCSI、iSCSI、USB 1.0/2.0/3.0 など、あらゆる種類のディスクをサポートします。
  • ベーシック/ダイナミック ディスクと MBR/GPT ディスクのクローン作成をサポートします。

ステップ3.クローン手順の準備をします。

システム クローン:[システム クローン]を選択 > ターゲット ディスクを選択 > [次へ]をクリックして開始します。[詳細オプション]で、[ポータブル Windows USB ドライブを作成する]オプションを選択して、システムをUSBドライブに複製できます。

オプション

ディスク/パーティション クローン:[クローン]を選択 > リソース ディスクまたはパーティションを選択 > ターゲット ディスクを選択 > [次へ]をクリックして開始します。

クローン

ステップ4.クローンハードドライブから起動します。

オプション1.古いディスクと新しいディスクの両方を保持する場合

PCを再起動し、F2 (F8、F10、DEL...)を押してBIOS設定に入ります。

起動オプションで、新しいHDD/SSDを新しい起動ドライブとして選択します。

BIOSを終了し、コンピューターを再起動します。

オプション2. 新しいディスクのみを保持する場合

古いディスクを取り外し、新しいディスクが正しく接続されていることを確認します。

コンピュータを再起動してください。

USBドライブのイメージ作成を通じて、USBをクローンする

USBドライブのイメージングは​​、それをクローンやバックアップする効率的な方法です。その保存されたイメージを取得し、複数のUSBスティックで復元できます。EaseUS Todo Backupを使用すると、すべての可視ファイルと非表示ファイル、およびUSBドライブの未使用領域で構成されるイメージを作成して、USBドライブをバックアップできます。

無料体験Windows向け
クローンのアイコン システム/ディスククローン 自動バックアップのアイコン 自動バックアップ

USBからUSBへのイメージ作成方法については、以下のステップ バイ ステップ ガイドを参照してください。

ステップ1.EaseUS Todo Backupを起動します。「ツール」>「システムクローン」をクリックします。

回復ドライブの作成1

ステップ2.ターゲットディスクを選ぶ時、画面下の「高度なオプション」をクリックして、「ポータブルWindows USBドライブを作成」を選びます。

回復ドライブの作成2

ステップ3.ターゲットディスクのレイアウトをプレビューまたは調整できます。そして「実行」をクリックすると、クローンのプロセスが開始します。クローン作成プロセスが終了したら、USBドライブを安全に引く抜きます。

回復ドライブの作成3

USBドライブのイメージを作成した後、元のストレージ デバイスと一致する容量を持つUSBスティックにUSBイメージを転送して復元します。作成したイメージの復元はとても簡単です。EaseUSバックアップ ソフトウェアを開き、ディスク/パーティション バックアップ列の[リカバリ]ボタンをクリックし、復元したいUSBイメージを選択します。そうすると、すぐ復元できます。

無料体験Windows向け
クローンのアイコン システム/ディスククローン 自動バックアップのアイコン 自動バックアップ

結論

本記事では、USBクローンについて、直接クローンとイメージの作成および復元という二つの方法を紹介しました。EaseUS Todo Backupを使って、USBのクローンを簡単かつ迅速に作成できます。そして、このソフトにはWindowsOSの移行、緊急ディスクの作成、データのバックアップなど、より高度な機能も備えています。

USBドライブのクローンに関するよくある質問

1.USBフラッシュ ドライブのクローンを作成するにはどうすればよいですか?

EaseUS Todo Backupを通じて、USBドライブのクロンが簡単に作成できます。まず、USBフラッシュ ドライブのイメージを作成し、そして、そのイメージを別のドライブに復元します。

ステップ1.USBフラッシュ ドライブを PC/ラップトップに接続します。

ステップ2.PCで EaseUS Todo Backupを起動して、ホーム画面の [ディスク/パーティション]をクリックします。または、左上隅にあるメニュー アイコンをクリックし、[ディスク/パーティション バックアップ] を選択します。

ステップ3.イメージを作成するUSBを選択し、別のUSBフラッシュ ドライブをコピー先ディスクとして選択して、選択したUSBデータのバックアップ イメージを保存します。

ステップ4.[続行]をクリックして、今すぐUSBからUSBへのクローン作成を開始します。プロセスが終了したら、USBフラッシュ ドライブを取り外すことができます。ソースUSBフラッシュ ドライブのすべてのデータは、復元を行われたターゲットUSBフラッシュ ドライブに表示されます。

2.Windows10で、USBドライブのクローンを作成するにはどうすればよいですか?

Windows10でUSBドライブをクローンするには、EaseUS Todo Backupを使用するのが最も簡単な方法だと思われています。これにより、簡単なクリックでHDD、SSD、USBフラッシュ ドライブ、またはその他の外付けハード ドライブをクローンできます。

ステップ1.EaseUS Todo Backupを起動し、左側のリストから[クローン]機能を選択します。

ステップ2.ソース ディスクとしてUSBフラッシュ ドライブを選択し、[次へ] をクリックします。

ステップ3.別のUSBドライブ、HDDまたはSSDを宛先ディスクを選択します。宛先ディスクの容量がUSBドライブよりも大きいことを確認してください。次に、「次へ」をクリックします。

ステップ4.ディスク レイアウトをプレビューし、[続行]をクリックします。

3.ブータブルUSBは別のUSBにコピーできますか?

起動可能なフラッシュ ドライブを別のフラッシュ ドライブにコピー アンド ペーストすることはできません。マスター ブート レコードまたはパーティション テーブルがコピーされないからです。

4.USBからUSBに写真を転送するにはどうすればよいですか?

大量の写真をUSBからUSBに転送する最も簡単な方法は、USBドライブを複製することです。

EaseUSクローン作成ソフトウェアでUSBドライブをクローンしてファイルを転送する手順:

ステップ1.両方のUSBフラッシュ ドライブをコンピューターに接続します。EaseUS Todo Backupを起動します。

ステップ2.USB ディスク1をソース ディスクとして選択し、[次へ]をクリックします。USBディスク2(ディスク 1 と同じサイズまたはそれ以上のサイズ)をコピー先ディスクとして選択し、[次へ]をクリックします。

ステップ3.ディスク レイアウトをプレビューし、[続行]をクリックして、USBのクローン作成とUSBからUSBへの写真の転送を開始します。 

無料体験Windows向け
クローンのアイコン システム/ディスククローン 自動バックアップのアイコン 自動バックアップ

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

EaseUS Todo Backup

PC中のデータのセキュリティのため、完全・自動的にバックアップを実行できるバックアップソフトでもあり、ハードディスク・OSを完璧にクローニングできる高度なクローンソフトでもあります。