> How to Use > バックアップと復元 > EaseUS Todo Backupを選ぶ理由トップ10(Windows 11/10対応)

EaseUS Todo Backupを選ぶ理由トップ10(Windows 11/10対応)

EaseUSの筆者のプロフィール写真

kenji | カテゴリ: バックアップと復元 | 2022年03月25日に更新

概要:

Windows 11/10で使われるバックアップとリカバリーソフトを選ぶとき、大勢なソフトがあり、どれを選ぶのかを迷っている方がいると思います。これから、レビューサイトとユーザーデータベースに集めてきたデータを基づいたEaseUS Todo Backupを選ぶ理由トップ10を紹介したいと思います。

無料体験Windows向け
クローンのアイコン システム/ディスククローン 自動バックアップのアイコン 自動バックアップ
 

Windowsバックアップ&リカバリーソフトとは?

バックアップは、ファイルの紛失を防ぐために、Windowsコンピュータ上のデータを別の場所にコピーまたは保存することです。ローカルのハードドライブ、外部ストレージドライブ、NASドライブ、またはクラウドにファイルを預けることです。そして、リカバリーは、元のデータが失われたときに、バックアップの所から失われたデータを復元することます。したがって、Windows のバックアップとリカバリーは、個人、組織、および企業をデータ損失による大惨事ならないように予防するための方法です。

バックアップを作成し、安心してリカバリーを実行できるようにするには、それをサポートするソフトウェアが必要です。Windows バックアップおよびリカバリーソフトウェアは、その役割を担っています。

EaseUS Todo Backupを選ぶ理由トップ10

Windowsのバックアップとリカバリーソフトウェアは、サイバーセキュリティと予測できない事故のために不可欠です。本文では、EaseUS Todo Backupをおすすめする10の理由をご紹介します。

個人および家庭での使用は100%無料

EaseUS Todo Backupは、ユーザーのニーズに応じて複数のエディションが用意されているのが特徴です。無料版は名前の通りに無料でダウンロードでき、何日でも、何ヶ月でも、何年でも使用することができます。EaseUS Todo Backupに慣れると、99%以上のお客様が他のユーティリティに頼らなくなります。これが、EaseUSバックアップ&リカバリーソフトがダウンロードする価値のある証明でございます。

ディスク/パーティション、ファイル、システム、メールの完全なバックアップ

EaseUS Todo Backupだけで、データバックアップソリューションの全部を手に入れることができます。ネットで「何をバックアップすればいいのか」「Windowsシステムをバックアップできるソフトは何か」等と検索したら、私たちからのアドバイス:大事にする全部のデータです。

気になることはすべて保存しておくのがおすすめです。プロカメラマンの方は、写真作品をHDを失わないようにバックアップします。企業であれば、企業機密に関わるデータベースのバックアップは必須です。IT企業では、ハードディスク全体やパーティションをバックアップして、ストレージのストレステストをすることが一般的です。EaseUS Todo Backupは、あなたが誰で何をする人であっても、幅広いバックアップソリューションが用意されているので、誰のニーズでも満たしています。ファイル、ドキュメント、写真、ビデオ、HDD、SSD、パーティション、Windows OS、Outlook、Exchange、SQLなどのバックアップに問題はありません。

スケジュールによる自動バックアップ

人々がバックアップソフトに邪魔される理由があるとならば、それはバックアップソフトの使いにくいですから。EaseUS Todo Backupには、こいうようなトラブルが起こりませんのでご安心ください。最初のフルバックアップの後、すべてのバックアップは自動的に実行します。

高度なオプションバックアップスケジュールを設定する:

  • 各バックアップタスクの時間または間隔を設定する
  • 毎日、毎週、毎月、またはイベント時に新しいバックアップを開始する
  • System startupーシステム起動時に自動的にバックアップを実行する
  • System shutdownーシャットダウン時に自動的にバックアップを実行する
  • User log on ー バックアップはWindowsのログイン時に自動的に実行する
  • User log off ーWindowsのログオフ時に自動的にバックアップを実行する
  • USB device plugged inーUSBデバイスを接続すると、バックアップ先に設定されている場合は、自動的にバックアップを実行する

EaseUS Todo Backupを試してみませんか?

無料体験Windows向け
クローンのアイコン システム/ディスククローン 自動バックアップのアイコン 自動バックアップ

ローカルバックアップとクラウドバックアップを一挙に実現する

安全なバックアップは、通常、複数のバックアップロケーションに依存します。ローカルバックアップとクラウドバックアップは、ファイルと画像を保存するための最も一般的な方法です。ローカルバックアップとクラウドバックアップには、それぞれの利点や欠点があります。

それでも、EaseUS Todo Backupは、ローカルディスク、外付けHDD、USBドライブ、NASドライブにバックアップを保存することが可能です。同時に、EaseUSのクラウドが統合されていて、ログインするだけで、あなたのバックアップをクラウドサービスで保護できます

完全、増分と差分バックアップ

バックアップはデータの安全性を確保しますが、作成するバックアップの数が増えれば、バックアップイメージは非常に大きなサイズになります。ドライブのサイズを考慮して、EaseUS Todo Backupでは、完全バックアップ、増分バックアップ、差分バックアップを選択的に作成することができます。

完全バックアップ:ドライブを全般的にコピーし、バックアップする。ファイルのサイズが最も大きく、リカバリーの速度が最も長い。

増分バックアップ:前回のバックアップから変更されたデータのみをバックアップする。バックアップの速度を上げ、保存容量を減らすためのバックアップ方法です。

差分バックアップ:フルバックアップで開始し、以降のバックアップは変更されたデータのみを含む。フルバックアップよりもストレージの消費量が少ないが、増分バックアップよりもリカバリーが遅い

バックアップイメージの圧縮と結合

フルバックアップ、増分バックアップ、差分バックアップのバックアップ方法をベースに、より小さなサイズに圧縮したり、多くのバックアップファイルを1つにまとめたりして、ユーザーはバックアップイメージファイルを管理することができます。大きなデータベースをバックアップする組織では、バックアップイメージの圧縮が必要です。ビジネスユーザなら、ぜひEaseUS Todo Backupの圧縮機能をお試しください。

One-clickスマートバックアップ

これはEaseUS Todo Backupの特徴的な機能です。スマートバックアップは、設定した後スケジュールによって自動的に行うものです。スマートバックアップは、日々のバックアップで最も頻繁に使用されるバックアップ方法です。

コンピュータでスマートバックアップタスクが開始されると、以下のように動作します。

  • パソコンは、スマートバックアップモードで7日ごとに固定なパターンでバックアップする
  • まずは最初の1日目はバックアップタスクを作成し、フルバックアップする
  • 残りの六日は毎日増分バックアップする
  • 毎日は差分バックアップを同時に実行する

スマートバックアップには、パソコンを起動する必要がありますのでご注意ください。

Pre-OSおよびWinPEブータブルUSBのサポート

システムがシャットダウンされ、二度と起動しなくなった場合、OSを起動せずにバックアップを復元する必要があります。そこで、WinPE環境にアクセスし、EaseUS Todo Backupソフトを通じて復元作業をします。

簡単・高速なシステムリカバリ

パソコン初心者にとって、システムクラッシュに遭遇し、すべてをゼロからやり直すのは少し難しいと思います。オペレーティングシステムの再インストールのはまして不可能に思える。それによって、未然に防ぐために、定期的なシステムのバックアップする必要があります。

EaseUS Todo Backupを開いて、バックアップ済みののシステムを選択し、「リカバリー」をクリックするだけで、元にに完全に復元されます。

1.EaseUS Todo Backupを実行して、右上にある「ツール」をクリックして「システムクローン」を選択します。

システムクローン手順1

2.ターゲットディスクを選択して、[次へ]をクリックします。

システムクローン手順2

注意:ターゲットディスクに十分な未割り当て領域がありません。システムクローンを開始するためにパーティションを削除します。

3.ターゲットディスクのレイアウトをプレビューまたは調整できます。問題がない場合は、「実行」をクリックすると、システムクローンが開始します。

システムクローン手順3

ディスククローンとWindows Portable USB Creatorの統合したソフト

EaseUS Todo Backup は、幅広いバックアップ需要に対応する一流の Windows バックアップおよびリカバリーツールに限らず、HDD、SSD、ディスクパーティションにも対応するトップクラスのソフトです。

クローンモードは、MBRとGPTの両方でのディスクとパーティションのクローンをサポートしています。並びに、システムクローンはシステムドライブとブートドライブのOSを移行して、クローンしたハードディスクからWindowsを起動できます。

さらに、システムクローンの単独機能は、WindowsポータブルUSBドライブを作成できます。オリジナルのWindowsオペレーティングシステム、構成、設定とプログラムを運び込まれたポータブルドライブは、どうの環境で、任意のデバイス上でそれを使用できます。

ステップ1. 「バックアップ内容を選択」ボタンをクリックし、バックアップを開始します。

データバックアップ手順1

ステップ2. 「ファイル」「ディスク」「OS」「メール」の4つのデータバックアップオプションがありますので、「ファイル」をクリックします。

データバックアップ手順2

ステップ3. ローカルファイルとネットワークファイルが左側に表示されます。ディレクトリを展開すると、バックアップするファイルを選択することができます。

データバックアップ手順3

ステップ4. 画面上のガイドに従って、バックアップを保存する先を選択します。

データバックアップ手順4

「オプション」をクリックして、「バックアップオプション」でパスワードの設定、バックアップスケジュールの設定し、特定のイベント時にバックアップを開始する時間の設定など多くのオプションがあり、必要に応じてバックアップタスクをカスタマイズすることができます。

ステップ5. バックアップはローカルドライブ、EaseUSのクラウドサービス、NASに保存することができます。

データバックアップ手順5

ステップ6. EaseUS Todo Backupは、サードパーティのクラウドドライブと独自のクラウドドライブの両方にデータをバックアップすることができます。

データバックアップ手順6

クラウドドライブにデータをバックアップしたい場合、ローカルドライブを選択し、スクロールダウンしてクラウドデバイスを追加し、アカウントを追加してログインします。

また、EaseUS独自のクラウドドライブを選択することもできます。EaseUS クラウドをクリックし、EaseUSアカウントでサインアップし、ログインします。

ステップ7. 「今すぐバックアップ」をクリックし、バックアップを開始します。バックアップタスクが完了すると、パネルの左側にカードの形で表示されます。バックアップタスクを右クリックして、さらに管理します。

データバックアップ手順7
 

EaseUS Todo Backupに目を惹かれる他の理由

ソフトウェア自体の数多くの機能加え、カスタマーサポートの対応が市場で最も優秀なサービスと誇られています。また、当社のウェブサイトには、EaseUS Todo Backup の使用方法に関する学習用文章やガイドが多数掲載されています。お気軽に使ってください。

ここまで、EaseUS Todo Backupをダウンロードする10の理由を紹介しました。 よろしければ、一度ダウンロードし、EaseUS Todo Backupを試してみませんか?

無料体験Windows向け
クローンのアイコン システム/ディスククローン 自動バックアップのアイコン 自動バックアップ

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

EaseUS Todo Backup

PC中のデータのセキュリティのため、完全・自動的にバックアップを実行できるバックアップソフトでもあり、ハードディスク・OSを完璧にクローニングできる高度なクローンソフトでもあります。