EaseUS RecExperts

画面上の内容なら、なんでも録画可能な使いやすいスクリーンレコーダー

  • キャプチャーの範囲を自分で自由に選択可能
  • ディスクプレイ、ウェブカム及び音声を同時に、または別々で記録可能
  • オンライン会議、ストリーミング動画/音楽など、1クリックで録画可能
  > How to Use > PC画面録画 > [2020] TOP10 オススメ無料ストリーミングビデオ録画ソフト

[2020] TOP10 オススメ無料ストリーミングビデオ録画ソフト

EaseUSの筆者のプロフィール写真

Tioka | カテゴリ: PC画面録画 | 2020年12月21日に更新

概要:

本文では、最も高機能で信頼できるストリーミングビデオ録画ソフトのトップ10を皆さんに紹介します。本文で紹介するソフトから最も適切な1つを選択して、ストリーミング動画を録画し、データとして保存しましょう。

 

ストリーミングとは?

ストリーミングとは、インターネット上で動画や音声などのコンテンツをダウンロードしながら逐次再生することで、YouTube、Google Video、Windows Media Player等を使って受信します。ストリーミングしながら動画を閲覧するため、データを保存する容量を心配する必要はありませんし、こういったストリーミングビデオはダウンロードオプションがないことが多いです。しかし、場合によって動画をして保存できないかと考えたことがある人も多いのではないでしょうか。そういった場合の、最も簡単な動画保存方法は、ストリーミング動画を録画し、データとして保存する方法です。

インターネット上には、非常にたくさんのビデオレコーダーが存在するので、その中でもオススメの10選ストリームビデオ録画ソフトを紹介します。

1. 【初心者向け】トップ5 簡単に操作できるストリームレコーダー

  • 1. Flashback Express
  • 2. Monosnap
  • 3. Screencast-O-Matic
  • 4. Jing
  • 5. Ouick Time Player 

1. Flashback Express (Windowsのみ)

Flashback Expressは、簡単に使用できるにも関わらず、機能性にかなり優れています。様々なランキングの上位に入るこのソフトですが、最も魅力的なのは、ウォーターマークがない点です。 

flashback express

メリット

デメリット

PCスクリーンのどこでも録画可能

ウォーターマーク、制限時間なし

解説などのオーディオも追加可能

共有も楽々

無料バージョンは30日間のみ使用可能

無料ver.は映像編集機能がない

出力フォーマットはMP4, AVI, WMVのみ

2. Monosnap (Windows/mac OS)

Monosnapはスクリーンショットやビデオ録画、クラウドストレージ等の機能以上に、チームの作業効率を上げることに役立ちます。さらに、カスタマイズ機能も豊富で、それぞれのニーズに合わせた使い方ができます。

monosnap

メリット

デメリット

無料版でも制限なし

オーディオとビデオを動じに記録可能

60FPSでの録画でスムーズなプレイバック

様々なプラットフォームに出力可能

映像編集機能はない

モバイルでの録画は不可能

3. Screencast-O-Matic(Chromebook/Mac/Windows) 

screen-o-matic

教育機関、フォーチュン100企業、190カ国のユーザーから信頼を得る、動きがよく、無料のストリーミングビデオレコーダーです。画面録画だけでなく、必要に応じて動画編集も可能です。このウェブアプリは、Javaベースのクロスプラットフォームなので、異なる様々なオペレーションシステムで使用可能です。

メリット

デメリット

シンプルな仕様

ワンクリックで保存、アップロード可

Javaのインストールされていない、アップロードしていない場合、動画の閲覧や編集に問題が生じる可能性あり

4. Jing(Windows/mac OS)

jing

Jingは、スピード重視のユーザーにおすすめのアプリです。PC上の画面を素早くキャプチャ、共有しましょう。

メリット

デメリット

短時間の動画作成向け

使い方がわかりやすい

移動可能なアイコンでいつでも録画開始可能

保存ボタンの表示はキャプチャ後に表示される

5分間の録画のみが可能

5. Quick Time Player(Macのみ)

Macユーザーであれば、Ouick Time Playerはとてもお馴染みのアプリだと思います。このアプリは、ただのビデオプレーヤーではなく、スクリーン録画や、映像編集の機能も備えています。QuickTime Player は、CD プレーヤーや DVD プレーヤーと同様の画面上の再生コントロールで操作します。

quick-time-player

メリット

デメリット

コンパクトでシンプルなUI

オーディオとビデオの同時記録可能

Skypeをフルスクリーンで録画可能

ウェブサイトからのビデオも保存可能

録画機能に制限あり

パソコンの音声録音不可

2. 【プロ向け】トップ5 最強ストリームレコーダー

  • 1. OBS
  • 2. VLC
  • 3. Active Presenter
  • 4. Adove Presenter Ⅱ
  • 5. ShareX 

1. OBS Studio(クロスプラットフォーム)

OBS Studio は、無料でオープンソースのソフトウェアで、ビデオコーディングとライブストリーミングに特化にしています。設定画面で様々な微調整を行うことができ、カスタマイズも十分にできます。Windows, Mac,Linuxに対応しています。

obs-studio

メリット

デメリット

Twitch, YouTube, Facebookなどでのストリーム動画に対応

フルスクリーン、ウィンドウ別、選択範囲別、ウェブカメラ、マイクでの記録可能

ウォーターマーク、期限なし

一時停止機能なし

時々、管理部署により異なるパッケージが挿入されることもある

2. VLC(クロスプラットフォーム)

VLCは無料で、オープンソース、クロスプラットフォームで仕様可能なマルチメディアプレーヤーです。このアプリは、動画再生アプリとして使用するされることが多いですが、動画の変換や録画もできます。

vlc 

メリット

デメリット

Window, Mac, Linuxでの動作サポート

ネットワーク、インターネット上でのメディアストーリーム可能

様々な仕様用途のある万能アプリ

映像編集機能なし

全スクリーンでの録画のみ対応

3. Active Presenter (Windows/macOS) 

ActivePresenterは、Microsoft Windows、Mac OS X対応のキャプチャ、e-Learningソフトです。PC上でデモを行ったり、シュミレーションを行う時や、課題を作成する時に仕様されることが多いです。このソフトでは、HTML5やSCORM、xAPIへの出力も可能です。無料・有料バージョンがあるので、まずは無料版から試してみるとよいかもしれません。

active-presenter

メリット

デメリット

多様なプラットフォームに対応

質の高いスクリーンレコーディング

仕様端末に合わせたレイアウト変化

Javascriptを使う

無料版はウォーターマークあり

4. Adove Presenter Ⅱ (Windows/macOS) 

Adobe Presenterは、WindowsとOS Xに対応した、Adobeの提供する製品です。主にe-Learningのための教材作りに活用されています。このアプリの主要機能は、スクリーンに映し出したプレゼンテーションを録画し、インタラクティブなコンテンツに変換させます。

adobe-presenter

メリット

デメリット

インタラクティブe-Learningコンテンツ作成のための機能が豊富

学習者の進捗状況に合わせた自由度の高い教材づくりが可能

Mac OSユーザーは機能の制限あり

コンテンツの掲載ではSWFファイルが採用される

5. ShareX (Windows) 

Share Xは、オープンソースのプログラムで、PC画面上のどこでもキャプチャが可能です。さらに、スクリーンキャプチャと録画はそれぞれのクラウドにアップロードすることができ、画像ホスティング、オンラインストレージ、SNSにて共有可能です。 

sharex

メリット

デメリット

高性能なスクリーンキャプチャと録画

共有オプションの豊富さ

ページをスクロールしてキャプチャすることも可能

特定の解像度の対応なし

初心者向けではない

 

3.【編集向け】オススメ編集ソフト[日本語対応]

ストリーミングビデオの録画に役立つソフトウェアを上記で紹介しました。ここでは、録画した動画を編集する場合に便利な日本語対応のソフトウェアを紹介します。簡単に操作できるビデオ録画・編集ソフト「EaseUS RecExperts」は、プロの方はもちろん、初心者の方でも、プロのような動画をつくることができます。対応環境は、Windows 10/8/7です。

EaseUS RecExperts

  • 分かりやすい操作方法で誰でもプロ級の動画編集を
  • 映像・画像・オーディオ・テキストのクリップ可能
  • トリミング、動画回転、オーディオ追加、ズーム、モザイクなどの機能で映像編集を上級なものへ
  • ワンクリックでYouTube, Facebook, Vimeoなどのプラットフォーム上や友人と動画の共有ができる

EaseUS RecExpertsで画面録画をする方法

ステップ1.EaseUS RecExpertsを開き、4つの機能が見られます。全画面を録画するには【フルスクリーン】を選択して、「REC」ボタンをクリックします。

recexpertsで動画を録画するステップ1

ステップ2.5秒後、画面録画が自動的に開始されます。録画中にツールバーが表示されるので、ここでスクリーンショットを撮ったり、ツールバーを画したりすることができます。

recexpertsで動画を録画するステップ2

ステップ3.録画が終わると、録画リストで録画のファイルを確認することができます。録画ファイルを右クリックすると、録画ファイルを「編集」したり、「圧縮」したりすることができます。

recexpertsで動画を録画するステップ3

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

EaseUS RecExpertsのボックス
  • EaseUS RecExpertsの機能1
  • EaseUS RecExpertsの機能2
  • EaseUS RecExpertsの機能3
  • EaseUS RecExpertsの機能4

1クリックで

目で見える、耳で聞こえるものを記録

無料ダウンロード

*無料でダウンロードから最高な画面収録体験を始めましょう。

無料|100%セキュリティ|プラグインなし