> How to Use > PC画面録画 > [2020] ベスト10 無料スクリーンキャプチャー(ゲーム用)

[2020] ベスト10 無料スクリーンキャプチャー(ゲーム用)

EaseUSの筆者のプロフィール写真

Yiko | カテゴリ: PC画面録画 | 2021年02月26日に更新

概要:

ゲームプレイ実況・解説動画をつくるには、ゲームプレイの様子を録画するためのスクリーンキャプチャーソフトが必要です。数多くあるスクリーンキャプチャーの中から、特におすすめのソフト10選をまとめましたので、参考にしてみてください。

 

最近人気のゲームプレイ実況・解説動画の投稿や共有をしたい場合、ゲーム録画に対応しているソフトを使用する必要があります。一般的な画面録画ソフトはスクリーンレコーダーやスクリーンキャプチャソフトなどと呼ばれますが、ゲームプレイ録画をしたい場合は、それ専用の録画モードがあるものを使った方が便利です。最も使いやすく、性能もよくて、コスパがいいソフトはどれか、今回は、MacとWindows用のゲームプレイ録画用スクリーンキャプチャーを10選まとめて紹介します。

1.EaseUS RecExperts

対応OS:Windows

EaseUS RecExpertsは比較的新しいですが、ゲームプレイ録画に対応している優れたスクリーンレコーダーです。ゲームプレイの様子のデモに加えて、自分の顔の映像も同時に記録、さらに、システム音声とマイクからの自分の音声も同時に記録することのできる万能画面録画ソフトです。さらに、同じEaseUS社から開発されたEaseUS Video Editorを使って、録画映像を自在に編集することも可能です。さらに、録音音声向上、ノイズキャンセリング動画の不必要な部分のクロップなどの便利な機能もあります。必要があれば、録画映像のファイルフォーマットを変更することも可能です。

EaseUS RecExpertsの特徴

  • ゲームプレイ録画専用モード
  • PCの内部音声とマイクからの外部音声を同時に録音
  • 自動録画機能で設定した時間に自動で録画開始
  • バックグラウンドノイズを除去して音質向上

EaseUS RecExpertsの使い方

ステップ1.EaseUS RecExpertsを開き、4つの機能が見られます。【ゲーム録画】を選択すると、ソフトは自動的にゲームの領域を検出します。

recexpertsでゲームを録画するステップ1

ステップ2.ゲーム録画のフレームレートを設定して「REC」ボタンをクリックします。(フレームレートが高ければ高いほど、録画が滑らかになります。)

recexpertsでゲームを録画するステップ2

ステップ3.ゲームの録画を始めると、録画中にツールバーを利用して、スクリーンショットを撮るなど、様々な機能が利用されることが可能です。

recexpertsでゲームを録画するステップ3

ステップ4.録画が終わると、録画リストで録画のファイルを確認することができます。録画ファイルを右クリックすると、録画ファイルを「編集」したり、「圧縮」したり、「共有」したりすることができます。

recexpertsでゲームを録画するステップ4

2.Gecata 

対応OS: Windows 7/8/10

Gecataは、軽い動作で知られるWindows用ゲームプレイ録画対応ソフトです。このソフトを使って、ワンクリックでゲームプレイやデスクトップ全体を簡単に録画できます。多くのショートカットキーがあるので、ゲームを離れることなく録画作業をすることが可能です。ファイルサイズは大きくなりますが、より品質のいい録画を行うためにビットレートを変更することも可能です。さらに、Gecataには2つのオプションがあり、「小さいファイルサイズ」から「より良い品質」から選べるシンプルなVBR(推奨)と、カスタム(必要なビットレートをkbpsで入力する)の2つから好きな方法で録画可能です。現在、開発者はストリーミングモードを追加することを約束しているので、プレーヤーはリアルタイムのゲームプレイ中にTwitchにファンベースを作ったり、YouTubeゲームチャンネルで録画を続けたりすることもできるでしょう。

 

gecata

メリット

  • シンプル、簡単、無料で使え
  • 4K、60FPSゲーム録画可能
  • フルスクリーン録画、ウィンドウモード録画、ウェブカメラ、オーバーレイ
  • Intel、NVIDIAハードウェアでCPUロードを削減

デメリット

  • 設定に限界あり
  • 無料版はウォーターマーク表示あり

3.Streamlabs OBS

対応OS: Windows 10/8.1/8/7

Streamlabs OBSは、ビデオ録画&ストリーミングプラットフォーム用のツールで、シンプルで初心者でも使いやすいインターフェースが特徴です。このツールは、ゲームプレイ録画を簡単・完璧に行うための様々な機能が搭載されています。このソフトを使うには、Streamlabsのアカウントを作ル必要がありますが、サイトからたくさんのツールをインポートできるようになります。完全にカスタマイズ可能なアラートでサポーターがストリーム上でライブを認識し、ライブストリームまたは録画されたビデオに表示されるソースを選択できます。

steamlabs OBS

メリット

  • Twitch、YouTube、Facebookなどでの配信
  • シングルモニター用のダイナミックなゲーム内オーバーレイ
  • クラウド上のリソースと設定を節約

デメリット

  • すべてのアドオンでクラッシュする可能性が高くなる
  • OBSソフトよりも少ないエンコーディングオプション
  • 現在ベータ版のため、不具合が生じる可能性がある

4.Fraps 

対応OS: Windows XP/7/10

Frapsは、Windows向けのゲームプレイ録画対応ソフトで、シンプルで簡単に操作できます。Frapsでは、ビデオ録画のフレームレートを30~120FPSの間で設定できます。さらに、外付のマイクなどからの音声とPCからから流れる内部音声の両方を録音可能です。また、ゲームプレイの録画中にカーソルを表示させることもできます。

fraps
メリット

  • 軽い動作のゲーム録画ソフト
  • カスタムFPSバリューの設定
  • ライブFPSカウンター

デメリット

  • 録画ソフトのサイズが大きい
  • 最新のアップロードが2013年のため、最新の機能は使えない

5.Dxtory

対応OS: Windows 10/8.1/8/7/Vista/XP

Dxtoryは、DirectX/OpenGLプラットフォーム上での全ての動作を記録することのできるシンプルなスクリーンキャプチャソフトです。このソフトも、その動作の軽さが評判です。設定も自由に変更可能ですし、インターフェースがシンプルなので、操作に迷うこともありません。高画質でゲームプレイの映像を録画したり、システム音声とマイク音声を同時に録音したりすることも可能です。さらに、ビデオコーデック、フレームレート(10~120FPSの間)、ソース、サイズ、ファイルフォーマットの調整や変更も行うことができます。

dxtory

メリット

  • 直感的なユーザーインターフェース
  • 解像度を設定し、ゲーム録画可能(720pで録画し、1080pでプレイなども可)
  • テンプレートの作成可能

デメリット

  • トライアルの通知が目障り
  • 初心者向けではない
  • 録画映像を保存する時のラグが目立つ

6.Nvidia GeForce Experience 

対応OS: Windows 10/8.1/8/7

ゲームプレイのビデオ、ライブストリームを録画して、YouTube、Twitch、Facebook で共有できるようになりました。NVIDIA ShadowPlay™ テクノロジにより、パフォーマンスのオーバーヘッドを最小限に抑えて配信できるため、ゲームのどんな瞬間も逃すことがありません。GeForce Experience のゲーム内オーバーレイを使用することで、ゲーム配信を素早く、簡単に行うことができます。navidia geforce experience

メリット

  • GPUでビデオエンコードを処理
  • 60FPS、最大4Kで好きなだけゲームプレイ録画可能
  • Facebook、YouTube、Googleにスクリーンショットや録画したゲームプレイ映像をアップロード

デメリット

  • Nvidia GPUsでのみ動作
  • ハードドライブに十分なスペースが必要
  • Twitchストリーミングとシャドープレイ録画を同時に行えない

7.Radeon ReLive

対応OS: Windows

AMDには、Radeon ReLiveという独自のゲーム録画ソフトがあります(以前はAMD ReLiveと呼ばれていました)。このソフトウェアは、ほとんどのエンコーディングにAMDグラフィックカードを使用し、他のタスクのためにCPUパワーを節約します。フレームレートへの影響はわずかですので(通常は最大10%)、問題ありません。ソフトウェアはアップスケーリングをサポートしているため、ディスプレイ1080pで再生している時に、4Kでビデオを録画することもできます。また、特定のゲームでGPUをオーバークロックする機能も搭載しています。

randomrelive

メリット

  • 4Kで録画
  • 録画中にスクリーンショット撮影可能

デメリット

  • Windows7の場合、Aero/DWMが有効である必要あり
  • 2GB VRAMメモリー、またはそれ以下は非対応

8.Monosnap

対応OS: macOS

Monosnapは、mac用の無料のスクリーンショットエディターでApp Storeから直接ダウンロードできます。編集や注釈追加も可能なスクリーンキャプチャで、録画中の一時停止や再開も可能です。無料のソフトですが、ゲームプレイ録画を含む様々な録画場面に活用できます。編集や注釈機能を使って、重要な部分や強調したい部分にペンやテキスト、矢印、図形でハイライトをつけることも可能です。さらに、ぼかし効果で公開したくない個人情報やその他必要のない部分を隠すことも可能です。録画動画は簡単に保存し、共有することが可能です。

monosnap
メリット

  • FTP, SFTP, WebDAV, S3サーバーを追加
  • エディター画面からドラッグアンドドロップ可能
  • ワンクリックでクリップを共有

デメリット

  • スクリーンショットはJPEGかPNGでのみ保存
  • 無料と記載があるが、有料の機能もある

9.TinyTake  

対応OS: macOS/Windows

TinyTakeは、非常に簡単にスクリーンショット撮影や画面録画を行えるソフトで、2GBの無料のクラウドストレージがあり、クラウド上でコンテンツの共有や保管を行うことが可能です。このソフトは特に、初心者の方におすすめで、シンプルな操作で、動画にボイスを追加することもできます。注釈などのより高度な機能が使いたい場合は、プレミア版を購入できます。

tiny take

メリット

  • 選択した画面範囲やウェブカメラから最大120分までの録画が可能
  • 製品レビュー、ゲームプレイ動画、などへの注釈追加に最も便利なソフト
  • ビデオに簡単に注釈をつけたり移動させたりすることができる

デメリット

  • 5分間のみの録画
  • ストレージは2GBのみ
  • このソフトでの配信は非対応

10.Screencast-O-Matic 

対応OS: macOS

Screencast-O-Maticは、直観的でコスパのいい動画作成ツールで、簡単な操作のみで画面のあらゆる領域を記録したりウェブカメラやマイクでナレーションを追加することができます。ビデオ編集機能によって、テキスト・図形・画像追加などを行い動画の質を上げることも可能です。その他にも、アニメーションの追加やスムーズなトランジションを適用できます。Minecraft, Sonic, Roblox, Fortniteなど、いずれのゲームをプレイしていても、あらゆるゲームプレイの様子を録画することが可能です。

screencast o matic
メリット

  • ワンクリックでYouTube, Google Drive, Dropboxにアップロード
  • speech-to-text機能搭載
  • 簡単に使える優秀なクロム拡張機能

デメリット

  • ウォーターマーク表示あり
  • 最大で15分間まで
  • 有料版のみ編集機能使用可能

まとめ

お気にいりのゲームプレイを録画したい場合、スクリーンレコーダーが必要です。全画面録画をしたいか、ウィンドウごとの録画をしたいかに関わらず、多くのスクリーンレコーダーから選ぶことが可能です。このページでは、かなり多くあるスクリーンレコーダーの中からおすすめを10個まとめて紹介しました。

Windowsユーザーであれば、EaseUS RecExpertsが最もおすすめです。EaseUS RecExpertsを使えば、同ソフト内での編集機能に加え、EaseUS Video Editorとの併用もスムーズに行え、より品質の高いゲームプレイ動画を作成することが可能です。さらに、録画中に注釈を追加したり、録画後にGoogle DriveやDropboxへ直接共有したりすることもできるので、非常に便利です。

 

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

EaseUS RecExpertsのボックス
  • EaseUS RecExpertsの機能1
  • EaseUS RecExpertsの機能2
  • EaseUS RecExpertsの機能3
  • EaseUS RecExpertsの機能4

1クリックで

目で見える、耳で聞こえるものを記録

無料ダウンロード

*無料でダウンロードから最高な画面収録体験を始めましょう。

無料|100%セキュリティ|プラグインなし