> How to Use > PC画面録画 > 5つの簡単な方法|Macの内部音声を録音する方法ーEaseUS

5つの簡単な方法|Macの内部音声を録音する方法ーEaseUS

EaseUSの筆者のプロフィール写真

Yiko | カテゴリ: PC画面録画 | 2021年03月16日に更新

概要:

Macパソコンで内部音声を録音するには、Soundflowerを併用するか、EaseUS RecExpertsなどのソフトを活用する方法が簡単です。本記事では、いくつかの便利なツールを使った内部音声の録音手順を詳しく解説していきます。

 

Mac対応の内部音声録音ソフトを検索すると、たくさんのソフトを見つけることができますが、その多くは、マイク音声の録音で、システム音声の録音ではありません。もし、システム音声を録音できるソフトを探している場合は、この記事を参考に、ソフトを見つけてみてください。

おすすめ方法|EaseUS RecExperts

Macパソコンで、一般的なオーディオレコーダーを使用したことがある方は、マイクからの音声の録音は簡単にできるけど、システム音声を録音するのは複雑そうというイメージがある方も多いと思います。Macパソコンでは、基本的にSoundflowerなどのオーディオキャプチャソフトを使用しないとシステム音声を録音できないようになっています。

試された方はわかるかと思いますが、その設定方法なども若干複雑ですよね。そこで、今回は、システム音声を録音できる優秀なスクリーンレコーダーEaseUS RecExpertsを紹介します。このソフトを使えば、その他のソフトを併用せずに、内部音声や外部音声を録音することが可能になります。簡単な操作のみで、パソコンのシステム音声、マイクやその他外部端末からの音声を録音することが可能です。また、EaseUS RecExpertsを使って、音声と映像を同時に収録することもできます。

おすすめポイント:

以下から早速EaseUS RecExpertsをダウンロードして、簡単に内部音声の録音や画面録画をしてみましょう。

EaseUS RecExpertsの操作方法

ステップ1.EaseUS RecExpertsを開き、4つの機能が見られます。音声を記録するには、【オーディオ】を選択します。左下にあるアイコンをクリックして記録する音声の種類を設定することもできます。録音を開始するには、「REC」ボタンをクリックします。

recexpertsで録音するステップ1

ステップ2.録音の画面が表示されます。録音を停止するには、停止アイコンをクリックしましょう。

recexpertsで録音するステップ2

ステップ3.録音が終わると、ファイルリストで録音ファイルを確認することができます。ここで録音ファイルを編集したり、プレビューしたりすることもできます。

recexpertsで録音するステップ3

Soundflowerを併用する方法4選

Macパソコンでは、Soundflowerというソフトを使うことでシステム音声を録音できるようになります。このソフトを使用して、システム音声の仮想出力デバイスを作成し、録音用のソフトで仮想スピーカーを使って、システム音声を録音します。以下でおすすめの録音用のソフトを紹介します。

1.QuickTime Player 

Macでシステム音声を録音するには、QuickTime Playerを使うことができます。Macユーザーであれば、このソフトを既に使ったことがあり、メディアプレイヤーじゃないのか、と思う方もいらっしゃると思いますが、実は、メディアの再生以外の機能もあるんです。

QuickTime Playerを使えば、音声・動画メディアの再生だけでなく、音声や映像の収録作業を行うこともできます。画面収録機能を使って、画面上でのあらゆる動作を記録することが可能です。また、オーディオ録音オプションもあり、Soundflowerを併用して、システム音声やマイク音声の録音が可能になります。

以下の操作手順に沿って、QuickTime Playerを使ったシステム音声録音を試してみてください。

(操作手順)
1.QuickTime Playerを起動し、「ファイル」>「新規オーディオ収録」を選択。

quicktime player

2.収録開始ボタン横の下向きの矢印をクリックし、マイクと品質を設定する。ここでSoundflower(2ch)を選択。

QuickTime Playerでシステム音声録音ステップ2

3.オーディオソースを選択したら、収録ボタンをクリックして収録を開始し、終了するときは停止ボタン、またはTouch Barを使用し、録音を完了する。

QuickTime Playerでシステム音声録音ステップ3

4.再生アイコンをクリックして、録音した音声を聞く。問題がなければ、「ファイル」>「保存」と選択して、収録に名前を付けて保存する。

QuickTime Playerでシステム音声録音ステップ4

2.シンプルレコーダー・ボイスレコーダー 

シンプルレコーダーは、macで使用可能なボイスレコーダーです。このコンパクトかつ効率的なソフトで、数クリックのみの操作で自分のボイスやシステム音声を録音することができます。このソフトでの録音作業より簡単なものはないくらいに、非常に簡単に操作することができます。

また、ソフトを使用する際には多くの設定オプションを調節することも可能です。録音を始めるには、ソフトをインストールし、オーディオソースを選択、収録開始ボタンをクリックする操作のみです。以下の操作手順を参考に、音声録音にトライしてみてください。

(操作手順)
1.アプリをインストールし、メニューバーに表示されるアプリのアイコンをクリックする。ここで、内部音声ソースを特定し、Soundflowerを選択する。

シンプルレコーダーで録音ステップ1

2.録音ファイルの保存先を選択する。標準の設定では、収録する度にファイルの保存先を選択するようになっている。この設定を変更するには、「環境設定」「規定のフォルダの設定」からオーディオファイルの保存先を設定する。

シンプルレコーダーで録音ステップ2

3.再度「環境設定」をクリックして、サンプルレートやファイルフォーマット等のオーディオ録音のオプション設定を行う。

4.最後に録音ボタンを押して、内部音声の録音を開始する。録音を停止したい時に、メニューバーの停止ボタンを押して、録音を完了する。

シンプルレコーダーで録音ステップ4

録音されたファイルは、設定したフォルダに保存されます。

3.Easy Audio Recorder Lite

Easy Audio Recorder Liteは、その名前の通り、macで簡単にオーディオ録音をすることができるソフトです。このソフトを使って、あらゆるタイプの録音を行うことができます。既に説明したように、出力デバイスを設定するだけで、内部音声を録音できるようになります。

また、このソフトは、コンピュータ音声を録音するための様々なオプションを使用可能です。今すぐに録音作業を始めたいという場合でも、ボタンをクリックして素早く作業を始められます。さらに、設定パネルによって、細かい設定もすぐに調整できます。以下の操作手順に従って、簡単に内部音声を録音してみましょう。

(操作手順)

1.画面上部の歯車アイコンをクリックして、設定メニューを開く。設定メニューから、「入力デバイス」のドロップダウンメニューからSoundflowerを選択する。

2.オーディオソースを選択した同画面から、録音のファイルフォーマットを選択する。「フォーマット」横のオプションから内部音声録音のファイルフォーマットを選択し、「OK」を押し、変更を保存する。

3.赤いボタンを押して、録音を開始する。録音が終わったら、停止ボタンを押して録音を完了する。

Easy Audio Recorder Lite

4.設定メニューから、録音したファイルにアクセスする。するとフォルダが開き、保存したファイルを再生できる。

4.MP3 Audio Recorder

Macで内部音声録音をするには、カスタマイズオプションが利用可能なMP3 Audio Recorderもおすすめです。このアプリを使って、簡単に素早く録音作業を行えるだけでなく、たくさんのオプションを指定して、録音設定をカスタマイズ可能です。このアプリによって、細かい録音設定を行い、望み通りのオーディオファイルを作成できます。

このオーディオレコーダーを使って、簡単な操作のみで高度なカスタム録音を行うことができます。以下のステップに従って、内部音声の録音を行ってみましょう。

(操作手順)
1.アプリを起動して、メイン画面のオーディオデバイス」横のドロップダウンメニューから、macの内部音声アウトプットを選択する。Soundflowerやその他同様のソフトを選択する。

2.オーディオソースを指定したら、設定アイコンをクリックして、設定メニューを開き、オーディオ録音設定の詳細を変更する。終わったら、完了ボタン「Done」を押して、変更を保存する。

MP3 Audio Recorder で録音するステップ2

3.メイン画面に戻り、赤い録音ボタンを押して、macでの内部音声録音を開始する。録音が終了したら、停止ボタンを押して、録音を完了する。

MP3 Audio Recorder で録音するステップ3

4.アプリが自動で保存先のフォルダを開くので、録音したファイルをダブルクリックし、再生・内容確認する。

まとめ

上記のツールを使って内部音声録音をすれば、非常に簡単な操作のみでシステム音声録音ファイルを作成できます。今回紹介した、操作手順を参考に録音してみてください。

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

EaseUS RecExpertsのボックス
  • EaseUS RecExpertsの機能1
  • EaseUS RecExpertsの機能2
  • EaseUS RecExpertsの機能3
  • EaseUS RecExpertsの機能4

1クリックで

目で見える、耳で聞こえるものを記録

無料ダウンロード

*無料でダウンロードから最高な画面収録体験を始めましょう。

無料|100%セキュリティ|プラグインなし