EaseUS RecExperts

画面上の内容なら、なんでも録画可能な使いやすいスクリーンレコーダー

  • キャプチャーの範囲を自分で自由に選択可能
  • ディスクプレイ、ウェブカム及び音声を同時に、または別々で記録可能
  • オンライン会議、ストリーミング動画/音楽など、1クリックで録画可能
  > How to Use > PC画面録画 > [無料]トップ8 Windows向けパソコン画面録画ソフトーEaseUS

[無料]トップ8 Windows向けパソコン画面録画ソフトーEaseUS

EaseUSの筆者のプロフィール写真

Yiko | カテゴリ: PC画面録画 | 2021年03月09日に更新

概要:

数多くあるスクリーンレコーダーを実際に使い、どれが機能性が高く、コスパがいいのか検証しました。どの画面録画ソフトを使用したらいいか悩んでいるという方は、この記事を参考にして、それぞれのソフトのメリット・デメリットを比較して、お気に入りのスクリーンレコーダーを見つけてください。

 

検索すると、数多くのスクリーンレコーダーがありますが、その中からどれを使ったらいいのか悩んでいるという方も多いのではないでしょうか。そこで、今回私たちは、どのスクリーンレコーダーがより機能性が高いのか、実際に使って検証してみました。

Windows10には標準でインストールされているスクリーンレコーダーがありますが、Windows8では内蔵のスクリーンレコーダーがないので、この記事を参考にして、画面録画ソフトをもっておくと便利だと思います。また、ここで紹介するスクリーンレコーダーは、標準でインストールされているものよりも、性能の高いものが多いので、既存の機能では物足りない方にもおすすめかとおもいます。ぜひお気に入りのスクリーンレコーダーを見つけてください。

1.EaseUS RecExperts 

対応OS:Windows10/8.1/8/7

EaseUS RecExpertsは、Windowsパソコン画面でのあらゆる動作を記録することのできるスクリーンレコーダーです。この無料ツールでは、ゲームプレイ録画、アプリウィンドウ録画、Skypeビデオ通話収録、ライブ配信やウェビナーの録画などをサポートしています。また、このソフトを使った画面録画は、スケジュール録画機能があり、指定した日時に自動で録画を開始することも可能です。EaseUS RecExpertsは、Windows7/8/8.1/10で動作可能です。さらに、マイク音声の録音やウェブカメラ録画、システム音声の録音を同時に行うことも可能です。

EaseUS RecExperts

特徴

  • 簡単に音声解説を録音
  • 画面の一部分を録画、全画面を録画
  • ストリーミング動画を録画
  • Vimeo/YouTubeなどのソーシャルプラットフォームに直接録画をアップロード

以下から実際にソフトを無料ダウンロードして、EaseUS RecExpertsの機能性を体験できます。

EaseUS RecExpertsの操作方法

ステップ1.EaseUS RecExpertsを開き、4つの機能が見られます。全画面を録画するには【フルスクリーン】を選択して、「REC」ボタンをクリックします。

全画面ではなく、画面の一部のみを録画したい場合は、「エリア」を選択しましょう。

recexpertsで動画を録画するステップ1

ステップ2.ここで画面の録画が開始されます。停止するには、停止ボタンをクリックしてください。

recexpertsで動画を録画するステップ2

ステップ3.録画が終わると、録画リストで録画のファイルを確認することができます。録画ファイルを右クリックすると、録画ファイルを「編集」したり、「圧縮」したりすることができます。

recexpertsで動画を録画するステップ3

その他のおすすめスクリーンレコーダー7選
上記で紹介したソフト以外のソフトも見てみたいという方に、以下で7つのおすすめスクリーンレコーダーを紹介します。このパートでは、ソフトのメリット・デメリット両方を検証し、記載しているので参考にしてください。

2.FlashBack Express  

対応OS:Windows 10/8.1/7

このスクリーンレコーダーは、好きな画面範囲を選択して、画面録画を行うことのできる優れたソフトです。画面の記録が完了すると、ビデオは使いやすいエディターに表示され、必要に応じてトリミングできます。また、ウェブカメラの映像を画面の記録に追加することもできます。さらに、録画動画には透かしがありません。録画したコンテンツは、YouTubeやFlashBackConnectで簡単に共有したり、後で参照できるように端末にダウンロードしたりできます。このスクリーンレコーダーの使いやすいインターフェースは、初心者ユーザーでも簡単に操作できるようにデザインされているので、誰でも問題なく使用できます。

flashback express

メリット

  • ウォーターマーク表示なし
  • キャプチャー映像を簡単にオンラインで共有
  • 録画時間制限なし
  • ビデオをAVI/MP4/WMVでエクスポート
  • ライセンスキー必要なし

デメリット

  • いくつかの機能は有料版でのみ使用可能
  • 無料版は30日間のみ使用可能
  • 効なEメールアドレスを登録する必要あり
  • 他のソフトと比較してCPU使用率が高い
  • トライアル版では、録画動画の編集不可

3.TinyTake  

対応OS:Windows 10/8.1/8/7

Tiny Takeは、多機能のスクリーンショットキャプチャーで、MangoAppsから開発されています。このソフトの矢印・テキストボックス・ハイライト等の追加機能を使って、教育系のコンテンツを作成するのに活用できます。全画面録画をしたり、ウェブカメラ録画、画面の一部分を記録するには、マウスを使って数クリックし、簡単な設定調整を行うのみです。さらに、このソフトは、ユーザーフレンドリーなインターフェースを持っているので、誰でも迷うことなく、簡単に操作することができるでしょう。

TinyTake

メリット

  • 録画をYouTubeにアップロード
  • リンクを使って録画を簡単に共有
  • 60分間の録画が可能
  • ドラッグ&ドロップ機能で録画を共有、注釈を追加

デメリット

  • 無料版は商用利用不可
  • トライアル版はオンラインチャット機能なし
  • 共有先のソーシャルプラットフォームが限定的
  • ベーシック版は2GBのみのクラウドストレージが利用可能

4.OBS Studio 

対応OS:Windows 10/8.1/8

オープンソースのスクリーンレコーダーとして知られるOBSでは、ウェブカメラ録画、画面録画、マイク音声の録音などを行うことができます。また、オーディオキャプチャー、ミキシングなどの高度な機能も使用できます。好みに応じてレイアウトを再配置したり、各ドックに対応するウィンドウに移動したりすることで、プロ仕様の録画作業を行うことができます。

OBS Studioは、直接GPUから録画し、ゲームプレイ録画を全画面モードで行うことも可能です。60FPS以上で記録することにより、マルチコアCPUを最適に活用できます。また、ユーザーは、シーンを切り替える際、カスタマイズ可能なさまざまなトランジションの中から選択することができたり、ライブストリーミングの前に、シーンとソースの両方をスタジオモードでプレビューもできます。録画または配信のあらゆる側面を微調整するのに役立つ多数のオプションの搭載された設定パネルで、作業を効率化可能です。

obs studio

メリット

  • ゲームプレイ録画向き
  • 複数ソースやミキシング対応
  • Facebook、YouTube、Twitchに録画動画を配信
  • 動画の時間制限なし
  • ウォーターマークなし

デメリット

  • 初心者には操作習得が大変かも
  • 一時停止機能がない
  • 設定が複雑
  • 上級者向け

5.Acethinker無料オンラインスクリーンレコーダー 

対応OS:オンライン

Acethinker無料オンラインスクリーンレコーダーを使って、最高のクオリティの録画を行うことができます。このスクリーンレコーダーは、ウェブベースなので、新しくソフト等をダウンロードせずに、画面録画を行うことができます。録画された動画は、すぐにYouTube、Google Drive、Drop Boxなどに共有可能です。また、このツールでの画面録画では、すきな画面範囲を指定して画面を録画できるので、後から編集をする際にも非常に効率的です。

acethinker

メリット

  • AVI/MP4/WMV/MOV形式でビデオを録画
  • 直観的なインターフェースであらゆる経験値のユーザーに対応
  • ウェブカメラ録画(映像&音声の両方)
  • システム音声込み・なしで収録
  • チュートリアル動画やオンライン会議、ゲームプレイの録画向き

デメリット

  • プロレベルの編集向けではない
  • スピードランピング、クロマキー、FPS調整などの高度なビデオ編集オプションなし
  • インターネット環境の状態が操作に影響する録画後は動画のクオリティが落ちやすい
  • 内蔵のエディターやフィルターなし

6.VSDC無料スクリーンレコーダーソフトウェア

対応OS: Windows 10/8.1/7

この無料スクリーンレコーダーは、画面の映像を録画して、様々なファイルフォーマットからすきなものを選択して、動画を作成することのできる便利なソフトです。画面の全体を録画するか、一部分のみを記録するか自由に選択することもできます。また、自分の声を外付けのマイクなどから録音することも可能です。さらに、描画モードに切り替えて、キャプチャー中の動画に書き込むことも可能です。これらの機能の音声・動画エフェクトの活用は、動画をよりクリエイティブに記録するのに便利です。

VSDC無料スクリーンレコーダーソフトウェア
メリット

  • 音声付・なしでの録画
  • 豊富なオプションから画面解像度を選択
  • 録画範囲の選択
  • シンプルなインターフェースや設定で初心者でも簡単に操作できる
  • 描画ツールで図形やアノテーションを追加

デメリット

  • スクリーンショット撮影非対応
  • プラットフォームへの動画直接アップロード非対応
  • カーソルオーバーレイは正直あまり役に立たない
  • 常用の動画編集機能の不足
  • 無料のソフトでは、ウェブカメラ録画ができない

7.XSplit Broadcaster 

対応OS:Windows 10/8.1/8/7

無料で使用可能なXSplit Broadcasterでは、パソコン画面の録画、ウェブカメラ録画、ビデオカードの録画などの様々なメディアドキュメントの記録に対応しています。また、ライブ配信やスクリーンキャスティング、ゲームプレイ録画などを簡単に行うことも可能です。このソフトは、ドラッグ&ドロップグラフィックや相互的なナビゲーションを搭載しており、特定の画像やフォルダーから探したり、配信画面に直接配置したりするのに役立ちます。XSplit Broadcasterで、多くのファイルフォーマットをサポートしている中、画面録画には、PNGフォーマットが最もおすすめです。さらに、ユーザーは、ブロードキャストの選択をスキップして、必要に応じたローカル録画オプションに切り替えることもできます。

XSplit Broadcaster 

メリット

  • プラグインやカスタマイズが豊富
  • ストリーミングのレイアウトが自動で読み込まれる
  • マクロやホットキーの作成
  • カスタムRTMPを含む多くのプラットフォームでの配信が可能
  • 配信の品質が変更可能

デメリット

  • 上級者向けなので、初心者には操作が難しく感じるかも
  • いくつかの機能を使用するとウォーターマークが表示される
  • 無料版は広告表示あり
  • 複数の端末と使用すると操作が複雑になる
  • トライアル版は機能に制限あり

8.iSpring Free Cam 

対応OS:Windows 10/8/7

このソフトを使って、音声付の画面録画を行ったり、編集作業を行ったりすることもできます。また、録画動画は、720p解像度のWMVフォーマットで保存されます。iSpring Free Camでは、録画したコンテンツをワンクリックで簡単に、YouTubeに共有することが可能です。

iSpring Free Cam 
メリット

  • マイクでのボイスオーバー録音
  • 全画面録画&領域録画
  • 様々なアプリやプログラムの音声を録音
  • 内蔵の音声・動画編集機能

デメリット

  • エクスポートフォーマットはWMVファイルのみ
  • ウェブカメラ録画非対応
  • クラウド録画非対応
  • 比較的CPU消費が大きい
  • 注釈機能なし

まとめ

今回は、おすすめのスクリーンレコーダー8選をメリット・デメリットを含め紹介しました。今回紹介した中でも、特におすすめなのが、EaseUS RecExpertsです。EaseUS RecExpertsは、直観的なインターフェースで、簡単に操作を行える上、豊富な収録モードを搭載しています。また、このソフトで、バックグラウンドノイズ除去や豊富なファイルフォーマット(WMV, MP4, FLV, MOV, ASF, AVIなど)での保存も可能です。

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

EaseUS RecExpertsのボックス
  • EaseUS RecExpertsの機能1
  • EaseUS RecExpertsの機能2
  • EaseUS RecExpertsの機能3
  • EaseUS RecExpertsの機能4

1クリックで

目で見える、耳で聞こえるものを記録

無料ダウンロード

*無料でダウンロードから最高な画面収録体験を始めましょう。

無料|100%セキュリティ|プラグインなし