> How to Use > PC画面録画 > [12選] Windows/Mac向け 無料で動画を録画する方法

[12選] Windows/Mac向け 無料で動画を録画する方法

EaseUSの筆者のプロフィール写真

Yiko | カテゴリ: PC画面録画 | 2020年12月21日に更新

概要:

ウェブカメラ録画や画面録画をして動画を作成したい場合は、本体内蔵の録画機能を使うか、専用のスクリーンレコーダーを使う方法が便利です。今回は、12個の画面録画ソフトを厳選し、まとめました。それぞれのの公式サイトリンクと製品詳細を紹介します。

 
カメラで撮影した動画やパソコンのウェブカメラなどで撮影した動画を使って、編集し動画をつくったり、ストリーミング動画を録画したり、ゲームプレイ録画、アプリの操作デモの記録をしたり、様々な用途で動画を録画する必要がでてきます。

動画を録画する時、どんなツールを使っていますか?最近では、パソコンやスマホの本体に画面録画機能がついているものも多いですが、より豊富な録画設定のカスタマイズや、録画後の編集を行いたい場合は、画面録画専用のソフトを使うことをおすすめします。今回は、Windowsとmac向けの動画録画ソフトを紹介します。

1.EaseUS RecExperts(Windows 10/8/7)

Windowsパソコンを使用している方に最もオススメのソフトは、EaseUS RecExpertsです。このEaseUS RecExpertsを使えば、ディスプレイ画面に加えてウェブカメラからの録画にも対応しています。

このソフトを使って、画面録画やウェブカメラ録画、システム音声・マイク音声録音、ゲームプレイ録画、ストリーミング動画録画などを簡単に行うことが可能です。また、画面録画モードも豊富で、例えば、全画面録画、領域録画、単一ウィンドウ録画から録画画面範囲を選択できます。多機能なのに、その操作方法は非常に簡単で、初心者でも問題なく使いこなせます。

EaseUS RecExpertsの特徴

  • 録画画面範囲を選択できる
  • 画面と音声の同時記録が可能
  • スケジュール録画機能が自動で録画を開始
  • YouTubeなどのサイトに簡単に共有可能

EaseUS RecExperts対応OS等

対応OS Windows 7/Windows 8.1/Windows 10
対応の動画/音声の形式

動画 - mp4, wmv, avi, FLV, mpeg, vob など

音声 - wav, mp3,aac など

 

対応の写真形式

bmp, jpg, png, gif, tiff など

詳しくソフトの操作手順を紹介します。

(EaseUS RecExpertsの操作手順)

ステップ1.EaseUS RecExpertsを開き、4つの機能が見られます。全画面を録画するには【フルスクリーン】を選択して、「REC」ボタンをクリックします。

recexpertsで動画を録画するステップ1

ステップ2.5秒後、画面録画が自動的に開始されます。録画中にツールバーが表示されるので、ここでスクリーンショットを撮ったり、ツールバーを画したりすることができます。

recexpertsで動画を録画するステップ2

ステップ3.録画が終わると、録画リストで録画のファイルを確認することができます。録画ファイルを右クリックすると、録画ファイルを「編集」したり、「圧縮」したりすることができます。

recexpertsで動画を録画するステップ3

2.Badicam(Windows 8/7/Vista/XP) 

Bandicamは、Windows向けの画面録画ソフトで、あらゆる動画録画に対応できます。このソフトでは、ゲームプレイ録画、ウェブカメラ、Xbox、IPTVなどの外付け端末からの録画なども可能です。特に、ゲームプレイの録画であれば、2D/3D、4K UHDのゲームを480fpsで記録することもできます。また、高画質で録画した動画も、高い圧縮率で保存してくれます。録画後の動画は、YouTubeやVimeoなどの配信サイトへ簡単にアップロードが可能です。

bandicam録画ソフト

メリット

  • 画面録画にオーバーレイ追加
  • 好きな解像度の選択
  • クロマキー合成対応

デメリット

  • 動画編集機能なし
  • 動画ファイルフォーマット数が少ない
  • 無料版は使用機能に制限あり

3.Web Camera(オンライン) 

今後も使い続ける予定がある場合は、EaseUS RecExpertsなどのソフトをインストールして使った方がいいですが、一回のみ、数回のみの使用予定の場合は、ブラウザ上で使える録画ソフトの使用が便利です。Web Cameraのようなオンライン録画ソフトの場合は、Windowsでもmacでも動作し、新しいソフトのダウンロードなしですぐに使い始めることが可能です。ブラウザにアクセスし、数クリックで、録画して動画を作成することが可能です。また、ウェブカメラの録画にも対応しています。

webcamere(オンライン)

メリット

  • ソフトインストールの必要なし
  • ウェブブラウザから使用可能
  • 多様な解像度サポート

デメリット

  • フルHD録画不可
  • 同時にマイクとシステム音声録音不可
  • アウトプットフォーマット選択不可

4.CamDesk(Windows)

CamDeskは、デスクトップに自由に表示できるウィジェットで、すぐにウェブカメラにアクセスできるソフトです。このソフトを使って、ウェブカメラで撮影した映像をプレビューすることが可能で、同時に録画のオプションもあるので、ここから簡単にウェブカメラ録画を行うことも可能です。さらに、ウェブカメラウィジェットの透明度を変更することが可能で、背景映像も問題なく視聴・操作できます。CamDeskは、割りとシンプルなソフトで、他のソフトと比べると多くの機能はないですが、特定の目的のみで画面録画を行いたい方は、操作も複雑でなくおすすめのソフトです。

camdesk(windows)画面録画

メリット

  • ウェブカメラ寸法変更可能
  • ウェブカメラの透明度変更
  • クロマキー合成対応

デメリット

  • 機能が多くない
  • 編集ツールなし
  • サポートしていない動画フォーマットあり

5.Debut(Windows 8/7/Vista/XP)

Debutは、基本的な画面録画、音声録音に加え、ウェブカメラ外付けデバイスからの収録や、ストリーミング動画の収録、ゲームプレイ録画などが可能な、優れたスクリーンレコーダーです。また、ウェブカメラのオーバーレイ追加などの機能も使用できます。このソフトは、多くのファイルフォーマットに対応しているので、様々な場面で役立つソフトだと思います。より高度な機能が必要な場合は、有料版を購入する必要がありますが、無料版もあるので、公式サイトから無料でトライアル版を試してもいいと思います。

Debut画面録画

メリット

  • 複数デバイスからの動画録画
  • 音声なしで録画
  • 豊富な編集機能

デメリット

  • SNSに直接共有できない
  • 初心者には高度&豊富過ぎる機能も
  • まれなバグ

6.Logitech Capture(Windows)

スクリーンレコーダーの中には、古いインターフェースを持つものが多くありますが、このLogitech Captureは、洗練されたインターフェースを持つので、古いUIに飽きている方には、おすすめのソフトです。このツールを使って、ウェブカメラの録画をして、動画作成を行うことが可能です。このソフトでの収録作業では、複数のウェブカメラの選択や、オーディオソースの選択などが可能で、自分だけの動画作成を行えます。

logitech capture録画ソフト

メリット

  • 複数の端末から録画
  • クロマキー対応
  • 動画配信対応

デメリット

  • 初心者には多すぎる機能
  • UIが少し複雑
  • アップデートが不定期

7.QuickTime Player(macOS) 

QuickTime Playerは、Mac向けの多機能ソフトで、主に動画、音声再生ソフトとして使われることが多いと思います。しかし、このQuickTime Playerは、メディアプレイヤーとしてだけでなく、画面映像や音声の記録も行えます。録画・録音のための設定を簡単にカスタマイズして、全画面録画や、選択範囲、ウェブカメラ録画などを行えます。Mac標準で搭載されているソフトなので、新しいソフトをダウンロードする必要もなく、すぐに録画作業を無料で始められます。

quicktime player 画面録画

メリット

  • MacOS標準の機能
  • 高画質録画
  • キーボードショートカット対応

デメリット

  • 動画ファイルフォーマットが多くない
  • ウェブカメラオーバーレイなし
  • システム・マイク音声の同時録音非対応

8.CamWiz Webcam Recorder(macOS X 10.9以降)

CamWiz Webcam Recorderは、macの内部搭載ウェブカメラ録画以外だけでなく。USB接続のウェブカメラ録画にも対応している優れたスクリーンレコーダーです。外付けのウェブカメラからの映像も問題なく録画することができるので、より高画質な動画づくりも可能です。さらに、このソフトには、夜間ビジョンモードもあり、画質や明るさを調節し、より高品質な動画を録画できます。また、映像記録だけでなく、音声の記録にも対応しています。

camwiz webcam recorder 画面録画

メリット

  • 動画の録画とプレビュー
  • タイマーで画面録画
  • 録画にタイムラプスを追加

デメリット

  • 動作が遅い
  • インターフェースが複雑
  • 時々、録画動画が開けない

9.ShareX(Windows 10/8.1/7) 

ShareXは、フルスクリーン録画、内・外部音声の収録、マイクオーディオの収録に対応できる、割と有名なオープンソースの画面録画ソフトです。ShareXは、スクリーンショットを撮影して共有する作業がメインですが、画面映像の録画を行うことも可能です。簡単な録画設定をして、画面録画をして動画を作できます。また、このソフトの最大のメリットは、ワークフロー機能が備わっているため、作業効率を上げられる点です。

sharex画面録画ソフト

メリット

  • 画面とウェブカメラの同時録画
  • 素早く録画コンテンツをシェア
  • ファイルサイズ無制限

デメリット

  • 録画設定変更オプションにより、上級者むけ
  • UIが複雑
  • 編集機能なし

10.Screeny(macOS X 10.7以降) 

Screenyは、mac対応のスクリーンショットの撮影と画面の録画ができる柔軟性のあるソフトです。このソフトを使った画面記録では、画面やウェブカメラの録画したい範囲をして記録をすることができす。さらに、フレームレートの変更や、高画質での保存、録画後のトリミングなどの作業も行うことが可能です。このソフトを使ったウェブカメラ録画では、内部搭載のものと外付けのもの、どちらからでも録画が可能です。

screeny録画ソフト

メリット

  • 設定が簡単
  • ウェブカメラオーバーレイ対応
  • 録画を自動でクラウドにアップロード

デメリット

  • まれに録画中のクラッシュ
  • アップデートが不定期
  • システム音声の問題あり

11.ScreenFlow(macOS 10.13以降)

ScreenFlowは、画面収録とウェブカメラ録画が可能な、上級者向けソフトで、仕事でも使えるような機能がたくさんあります。Macのみの対応なので、mac端末での動作に最大限フォーカスして開発されています。また、動画編集機能もあるので、録画後の動画を1つのソフト内で編集まで行い、ハイクオリティな動画を作成することができます。

screenflow

メリット

  • 複数画面からの録画
  • ウェブカメラとオーディオのソースを選択可能
  • 多機能のビデオ編集ツール

デメリット

  • 無料版は使える機能に制限あり
  • 操作方法を習得する必要あり
  • 他の似たようなツールに比べて高い

12.Webcamoid(Windows /mac) 

Webcamoidは、多機能のウェブカメラのためのソフトで、クロスプラットフォームで使用可能です。複数のウェブカメラからの録画や、それぞれの細かい設定カスタマイズが可能で、さらん、画面自体の録画も行うことができます。Webcamoidは、一般的なプログラミング言語で書かれており、非常に効率的なソフトです。

webcamoid画面録画ソフト

メリット

  • 無料でオープンソース
  • ウェブカメラ録画
  • 多様な動画ファイルフォーマット

デメリット

  • UIが少し複雑
  • まれなバグ
  • 時々強制終了される

まとめ

Windows/mac/Linux/オンラインで使用できるウェブカメラ録画&画面録画ソフトを紹介しました。数多くのスクリーンレコーダーを試すことができますが、Windowsパソコンを使用している場合、EaseUS RecExpertsがおすすめのソフトです。EaseUS RecExpertsはウェブカメラ録画・画面録画・システム音声・マイク音声の記録を行える万能なスクリーンレコーダーです。無料でも使用できます。

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

EaseUS RecExpertsのボックス
  • EaseUS RecExpertsの機能1
  • EaseUS RecExpertsの機能2
  • EaseUS RecExpertsの機能3
  • EaseUS RecExpertsの機能4

1クリックで

目で見える、耳で聞こえるものを記録

無料ダウンロード

*無料でダウンロードから最高な画面収録体験を始めましょう。

無料|100%セキュリティ|プラグインなし