> How to Use > PC引越し > 超簡単!Server間のデータ移行を行う方法

超簡単!Server間のデータ移行を行う方法

Tioka | カテゴリ: PC引越し | 2019年11月20日に発表

概要:

Windows Serverから他のWindows Serverにデータ/ファイルを移行できる最簡単な方法は何ですか? Server間で大容量のファイルを移行するにはどうすればいいですか?もしServer間のデータ移行対策を探している場合、EaseUS Todo PCTransが役に立ちます。

今すぐダウンロード
6,000万利用者がご信頼
 

この対策の適用対象:Windows Server 2019/2016/2012/2008/2003

合計375,000個ファイル、151GBをWindows Server 2008からWindows Server 2016に移行する最も効率的な対処法を教えてください!

「最近、1つプロジェクトがあるので、合計375,000個、151GBのデータをWindows Server 2008からWindows Server 2016に移行する必要があります。ファイル数が多くて、ファイルの総容量も大きすぎるので、コピー、又はRobocopy で移行する場合は、50+時間がかかりそうです。だから、もっと効率的で速くデータを移行可能な対策が欲しい!教えてください!」

EaseUS Todo PCTrans: 1クリックだけでServer間のデータ移行を実行

Windows Serverから別のWindows Serverにファイルを移行するのは極めて複雑な作業ですが、たくさんの手段によってこのタスクを完成することができます。結局何の方法を利用するのは具体的な状況次第です。もし、Robocopyなどのコマンドラインを利用したくない場合は、EaseUS Todo PCTransがこちらのおススメです。

今すぐダウンロード
6,000万利用者がご信頼

EaseUS Todo PCTransは、とても使いやすいデータ移行ソフトとして、たくさんの場合でも役に立ちます。

  • ファイル、フォルダー、個人設定、ユーザーアカウント、又はドメインアカウントなどを他のPC・Serverに移行できます。
  • インストール済みのソフトでも他のパソコンに移行可能です。
  • 大量のファイルを短時間でServerから別のServerに移行可能です。
  • Serverで移行したいファイルをまとめてイメージファイルを作成して別のServerで復元します。
  • ドメインアカウントを別の機器に移行します。
  • Windows Server 2019/2016/2012/2008/2003にも対応する幅広い互換性。

Windows Server間で効率的にファイルを移行する方法

それでは、このWindows Server向けのデータ移行ソフトを今すぐインストールして、下記の詳細な手順に従ってデータの移行を始めましょう。また、もし2台以上のパソコンで操作したい場合は、 PCTrans Technicianをご利用ください。

Step 1:Todo PCTransを2台のPCに同時に実行し、「PCからPCへ」を選択します。(画面の右上にある「認証コード」をクリックすることで本PCの認証コードを確認することが可能)

データ転送するステップ1

Step 2:ここで移行可能なPCが自動的に検出され、左側に表示されます左側から目標PCを選択して「接続する」ことができます。目標PCがない場合は、「PCを追加」ボタンをクリックしてipアドレスで追加することができます。

データ転送するステップ2

ご案内:認証コード」をクリックして認証コードでPCを追加することも可能です。

データ転送するステップ3

Step 3:転送したいファイル、アプリ、またはアカウントを選択します。「編集」ボタンをクリックして転送したいデータを自由に選択します。

データ転送するステップ5

Step 4: 転送したいデータを全て決定した後、「転送」ボタンをクリックして、移行を始めてください。

データ転送するステップ6

今すぐダウンロード
6,000万利用者がご信頼

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>