> How to Use > PC引越し > ArcGISソフトウェア移行|ArcGISのライセンスを他のパソコンに移行する方法

ArcGISソフトウェア移行|ArcGISのライセンスを他のパソコンに移行する方法

Tioka | カテゴリ: PC引越し | 2020年10月27日に更新

概要:

ArcGISソフトを他のパソコンに移行するにはどうしたらいいですか?一般的な方法によってArcGISソフトを移行する場合、ライセンスは無効になるので、ArcGISソフトの完全版も使えなくなります。本文では、ArcGISの移行に完璧に対応するソフトで簡単にライセンスを含めてArcGISを移行する方法を紹介します。

今すぐダウンロード
6,000万利用者がご信頼
 

「ArcGIS Proのライセンスを移行するにはどうしたらいいですか?特に転職する時に、現会社のパソコンでArcGIS Proのライセンスを削除して、新会社でArcGIS Proを認証することができますか?」

「ArcGIS 10.5を他のパソコンに移行したいと思っています。移行する時に、ArcGISのライセンスも一緒に移行することができます?新しいパソコンを買ったので、助けてください。」

新しいパソコンを買った場合は、プログラム及びそのライセンスを移行する必要がきっとあると思います。EaseUS Todo PCTransは非常に高機能なデータ移行ソフトとして、ファイル、プログラム、アカウントや個人設定などを他のパソコンに移動することができます。本文では、このソフトを使って、ArcGISソフトをライセンス含めて新しいパソコンに移行する方法を皆さんに紹介します。それでは、下記のダウンロードボタンからこの高機能のデータ移行ソフトを取得s手、ArcGISの移行をやり遂げましょう。

今すぐダウンロード
6,000万利用者がご信頼

ArcGISのライセンス形態

ArcGISを他のコンピューターに移行する場合、ArcGISのライセンス種類を事前に知っておく必要があると思います。

ArcGISのライセンス形態には3種類がある:

ArcGISのライセンス携帯は指定ユーザー、単独使用(SU)、同時使用(CU)といった3つの種類があります。次はこの3つの種類をそれぞれ詳しく解説していきます。

指定ユーザー:このライセンスの形態は、ArcGIS Proのみに適用されます。それに、このライセンス形態は、ArcGIS Proのデフォルトのライセンス形態となっています。ArcGIS Proで他の種類のライセンスも利用できますが、My Esriでライセンス種類を変換する必要があります。

単独使用:認証済みのユーザーはArcGIS Proでこのライセンスを認証できます。この形態のライセンスは1台PCだけで認証できますが、2台目のPCで認証できません。

同時使用:この形態のライセンスは名前通りに、複数のPCで同時に使用することができます。だから、ご法人様向けのライセンスだと思います。

ArcGISを新しいPCに移行する

この部分では、上記で触れたデータ移行ソフトのEaseUS Todo PCTransを使って、ArcGISを他のパソコンに移行する方法を皆さんに紹介します。EaseUS Todo PCTransは、プログラムの移行に完璧に対応しているので、数クリックだけで、ArcGISを完全に移行することができます。また、EaseUSは、プログラムのライセンスはユーザーに対して大切な資産だと思っているので、だから、EaseUS Todo PCTransというデータ移行ソフトは、ArcGISを移行する時に、そのライセンスも一緒に移行することもできます。それでは、まずこのソフトをダウンロードして、下記のステップに従って、ArcGISを完全に移行してみましょう。

今すぐダウンロード
6,000万利用者がご信頼

Step 1:Todo PCTransを2台のPCに同時に実行し、「PCからPCへ」を選択します。(画面の右上にある「認証コード」をクリックすることで本PCの認証コードを確認することが可能)

アプリ転送するステップ1

Step 2:ここで移行可能なPCが自動的に検出され、左側に表示されます。左側から目標PCを選択して「接続する」ことができます。目標PCがない場合は、「PCを追加」ボタンをクリックしてipアドレスで追加することができます。

アプリ転送するステップ2

ご案内:認証コード」をクリックして認証コードでPCを追加することも可能です。

アプリ転送するステップ3

Step 3:アプリカテゴリで「編集」ボタンをクリックして転送したいアプリを自由に選択します。

アプリ転送するステップ5

Step 4: 「転送」ボタンをクリックして、アプリの移行を始めます。

アプリ転送するステップ6

今すぐダウンロード
6,000万利用者がご信頼

ArcGISライセンスマネージャー(License Manager)でライセンスを移行する

ArcGIS License Managerは、ArcGIS Desktop/ArcGIS Engine/ArcGIS CityEngineのインストール及びこれらソフトのライセンスを管理するためサイトです。

Esriのライセンス移行ステップ:

ステップ1.旧パソコンでLicense Managerをダウンロードして認証します。

ステップ2.License Managerを新しいパソコンにインストールします。ここで、ArcGIS License Server Administratorが表示されます。

ステップ3.コンテンツで「認証」をクリックして、「今すぐ認証」ボタンをクリックして、ソフトウェア認証ウィザードを起動します。

ステップ4.デフォルトの「自分のライセンスサーバー上でライセンスを認証する必要がある。」オプションを選択したまま、認証する製品を選択して、「次へ」をクリックします。

ステップ5.次のパネルで、「ローカルのライセンスサーバーからソフトウェアを認証。」オプションをオンにして、「次へ」をクリックします。

ステップ6.ライセンスの移行元にするライセンスマネージャーの名前を指定します。これは、ステップ1で設定したライセンスマネージャーです。

ステップ7.機能の認証番号、及び移行するライセンスの数を入力します。

ステップ8.認証プロセスを完了します。

ステップ9.新しいパソコンで、「コンテンツ」ウィンドウの「ライセンスサービスの開始/停止」をクリックし、「開始」ボタンをクリックして、ライセンスサービスを開始します。

上記のステップに従って、ライセンスマネージャーの間でのライセンス移行ができました。

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>