> How to Use > パーティション管理 > Windows 10 バージョン1511へアップデートする方法

Windows 10 バージョン1511へアップデートする方法

2016-04-22 Posted by ishi to パーティション管理

概要:
Windows 10の大型アップデートであるバージョン1511(Build 10586.218)のインストールメディアのダウンロードができなくなっています。本記事の詳細なチュートリアルの手順やヒントに従って、Windows 10 バージョン1511を楽しみましょう。

概要

Windows 10の大型アップデートであるバージョン1511(Build 10586.218)のインストールメディアのダウンロードができなくなっています。本記事の詳細なチュートリアルの手順やヒントに従って、Windows 10 バージョン1511を楽しみましょう。

ステップ1.Windows 10 バージョン1511に更新する前、システムのエラーを修正

Windows 10 バージョン1511へアップデートする途中に予想できる問題を避けるために、更新作業を始める前、PCとWindows10をちゃんとチェックする必要があります。最初にやるべきことはシステムエラーを修正し、システムをきれいにすることです。
Windows10組み込みのエラーチェックツールを使用して、手動でエラーを確認してから、Windowsの管理ツールでエラーを修正することができます。Windowsの管理ツールに詳しくない場合は、専門的なパーティション管理ソフト--EaseUS Partition Masterを使って、システムエラーを検出したり、修正したりすることをお勧めします。

ターゲットパーティションを右クリックして、「パーティションをチェックする」を選択

2.パーティションのエラーをチェックする方法を選びます。必要に応じて、「パーティションのプロパイをチェックする」・「windowsのchkdsk.exeを使用して検出したエラーを修正する」・「サーフィステスト」にチェックを入れ、「OK」ボタンをクリックします。

「パーティションのプロパイをチェックする」・「windowsのchkdsk.exeを使用して検出したエラーを修正する」・「サーフィステスト」にチェックを入れる

3.EaseUS Partition Masterが自動的にパーティションをチェックしてエラーを修正します。終ったら「OK」ボタンをクリックし、完了させます。

ステップ2.システムドライブまたはシステム予約済みパーティションを拡張

10586.218ビルドを成功に更新するために、遅いブートやスタック問題を予め防いだほうがいいです。ですので、システムパーティションとシステム予約済みパーティションに十分な領域があることを確保する必要があります。それでは、次の手順に従って、システムドライブまたはシステム予約済みパーティションを拡張し、更新する前にシステム全体とコンピュータの準備を整えます。
1.EaseUS Partition Masterを起動し、パーティションを右方向に移行させ、システムドライブまたはシステム予約済みパーティションの後ろに未割り当て領域を作り出します。
2.システムドライブまたはシステム予約済みパーティションを右クリックし、「パーティションのサイズを調整或いはパーティションを移動する」を選びます。

「パーティションのサイズを調整或いはパーティションを移動する」を選ぶ

3.システムドライブの右ハンドルをドラッグし、空き領域をシステムドライブに追加できます。

システムドライブの右ハンドルをドラッグし、空き領域をシステムドライブに追加

ステップ3.Windows 10をバージョン1511にアップデート

Windows 10 バージョン1511の更新通知を受け取っている場合、或いはお使いのコンピュータにこの更新プログラムを検出した場合、下記の簡単な手順を参考にして、バージョン1511へアップデートしましょう。
「コントロールパネル」>「システムとセキュリティ」>「 Windows Update 」>「更新プログラムの確認」
10586.218ビルドをダウンロードし、インストールしてから、Windows 10 バージョン1511を楽しみましょう。

 

EaseUSが選ばれる理由