> How to Use > パーティション管理 > Windowsアップデートのためのエラー修復

Windowsアップデートのためのエラー修復

2016-12-27 Posted by Bak to パーティション管理

概要:
Windowsアップデートを行う時、アップデートプロセスが何時間待っても進まなかったり、アップデート後スクリーンが青になって起動できなくなったりなど、様々なエラーが現れるのはよくあります。どうすれば、Windowsアップデートエラーを解決できるでしょうか?その方法を皆さんに紹介します。

Windowsアップデートエラーについて

Windowsアップデートを行う時、プロセスが進まない、スクリーンが青くなるなど、エラーの頻発がいつも指摘されています。実は、パソコンの調子が悪くて、アップデートにはまだ準備できていないことが原因です。どうやってそれらのエラーを修復して、Windowsアップデートをうまくさせられるでしょうか?次はそれについて皆さんにご紹介します。

Windowsトラブルシューターでエラーを解決

Windowsにはトラブルシューティングというエラー修復ツールが備えています。まずはそれを利用して、エラーを修復してみましょう

  • サーチにて、トラブルシューティグと検索して実行します。
  • 「システム&セキュリティ」でアップデート中のエラーを修復します。
  • 再度アップデートを試します。

Software Distributionフォルダを削除

0xc000017/80240020/80200056など明確なのエラーコードが出る場合、パソコンでのSoftware Distributionフォルダを削除するのは一番効果的だと思われます。。

  • C:\Windows\SoftwareDistribution\Download folderにてすべてのファイルを削除します。
  • スタートを右クリックして、Command Prompt(admin)を開けます。
  • exe/updatenowと入力してEnterキーをタップします。
  • 再度アップデートを試します。

Windowsシステムパーティションを拡張

システムドライブが容量不足なのは、アップデート中のエラーを起す一つ主な原因です。システムドライブに十分な空き容量を残すことは、アップデートの成功には重要です。ここで、無料のパーティション管理ソフトであるEaseUS Partition Master Freeを皆さんにお薦めします。無料ソフトである一方、パーティションをリサイズ、結合、分割するなど多様な機能を備えています。

1.ソフトを実行します。初期画面で、システムディスクパーティションを右クリックして、「パーティションのサイズ調整/移動」を選択します。

「パーティションをリサイズ/移動」を選択する

2.後ろの矢印を右へドラッグして、あとの未割り当て容量を占めて、パーティションを拡張します。

パーティションを拡張する

3.最後に、変更を実行して、パソコンを再起動すればいいです。

チュートリアルビデオ

EaseUSが選ばれる理由