> How to Use > パーティション管理 > 【データ損失なく】Windows Server 2008でパーティションのサイズを変更する

【データ損失なく】Windows Server 2008でパーティションのサイズを変更する

EaseUSの筆者のプロフィール写真

モンディー | カテゴリ: パーティション管理 | 2023年02月23日に更新

概要:

EaseUS製パーティション管理ツールを使用すると、パーティションのサイズを簡単に変更できます。データを失うことなくWindows Server 2008のパーティションをリサイズする方法については、この記事をお読みください。

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼
 

Windows Server 2008パーティションのサイズ調整について

Windows Server 2008は、Microsoftがこれまでに最も誇りに思っているサーバー向けオペレーティング システムです。Windows Vistaと同じコードをベースに開発されているため、Windows Vistaと同じアーキテクチャと機能をある程度共有しています。

パソコンのCドライブの容量が不足している場合、パーティションをサイズ調整したいかもしれません。ブート パーティションに空き領域がないと、パソコンの動作が遅くなります。この問題を解決するには、他のパーティションから空き容量を移動することが推奨されます。

Windows Serverは、企業の機密データが大量に含まれているため、通常のパソコンよりも重要です。そのため、Windows Serverユーザーがパーティションのサイズを変更したい場合、安全かつ高速な使いやすいツールが必要です。この記事では、Windows Server向けのパーティション マネージャーであるEaseUS Partition Masterと2つの一般的な方法を紹介します。

  • DiskpartコマンドでWindows Server 2008パーティションのサイズを変更
  • ディスクの管理でWindows Server 2008パーティションをリサイズ
  • EaseUS Partition MasterでWindows Server 2008のパーティションをサイズ調整

 

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

1.DiskpartコマンドでWindows Server 2008パーティションのサイズを変更

操作ガイド:

手順1.検索ボックスに「cmd」と入力し、「Enter」キーを押します。
手順2.コマンド プロンプトで「diskpart」と入力します。
手順3.「list volume」と入力し、「Enter」キーを押します。
手順4.「select volume *」と入力し、「Enter」キーを押します。
手順5.「shrink/extend desired = (* MB)」と入力し、「Enter」キーを押します。
手順6.「exit」と入力し、「Enter」キーを押してdiskpartを終了します。

ご注意:

1.パーティションの拡張は、拡張するパーティションの後ろに未割り当て領域がある場合にのみ、Diskpart.exeによって実行可能です。

2.Diskpartコマンドでパーティションを移動できません。拡張するパーティションの後ろに未割り当て領域がない場合、または使用できる未割り当て領域がない場合、プロのサーバー製パーティション管理ツールでWindows Server 2008パーティションのサイズを変更するしかありません。

2.ディスクの管理でWindows Server 2008パーティションをリサイズ

Windows Server 2008に組み込まれているディスクの管理は、ボリュームの縮小および拡張機能を備えています。それを使えば、Windows Server 2008パーティションのサイズを変更できます。

Windows Server 2008のボリュームを縮小するには、ターゲット ボリュームを右クリックし、[ボリュームの縮小]を選択します。

Server 2008のボリュームを縮小する

Windows Server 2008のボリュームを拡張するには、ターゲット ボリュームを右クリックして[ボリュームの拡張]を選択し、追加したい領域のサイズを調整します。

Windows Server 2008のパーティションを拡張する

実際には、Windows Server 2008ディスクの管理はDiskpart.exeと同じように動作するため、同じ制限もあります。

3.EaseUS Partition MasterでWindows Server 2008のパーティションをサイズ調整

EaseUS Partition Master企業向けバージョンは、組織、企業、IT管理者、技術者、およびサービス プロバイダ向けに設計され、Windows Serverで最高のディスク管理機能を提供しています。EaseUS Partition Masterを使用すると、OSを再インストールすることなく、システム パーティションを簡単に拡張し、Windows Serverのパフォーマンスを高速化できます。

Windows Server 2008パーティションのサイズ調整だけでなく、Windows Serverパーティションの移動、作成、削除、結合、フォーマット、およびOSをHDD/SSDに移行することもサポートしています。今すぐEaseUS Partition Masterをダウンロードし、Windows Server 2008パーティションのサイズを変更しましょう。

EaseUS Partition Master企業向け‐信頼できるWindows Serverディスク マネージャー

  • システム ドライブを拡張し、パーティションを結合/分割
  • ディスクのクローンを作成し、OSをHDD/SSDに移行
  • データ損失なしでMBRをGPTに、GPTをMBRに変換
  • ワンクリックでディスク レイアウトを調整し、ボリュームを作成

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

パーティション操作を行う前に、EaseUS Todo Backup企業版でデータのセキュリティを確保してください。
 

ステップ1. EaseUS Partition Masterを実行して、ソフトのメイン画面で容量を調整したいパーティションを右クリックして、「サイズ調整/移動」を選択します。

ご案内:EaseUS Partition Masterは「スマートリサイズ技術」を採用しています。この技術によりますと、ディスクにある未割当容量を自動的に検出され、パーティションの末の黒点をトラックして、直接に選定のパーティションに容量を調整できるので、隣接領域で未割当容量を作る必要がありません。

EaseUS Partition Masterでパーティションのサイズを変更する1

ステップ2. パーティションの末にある黒い点を右にトラックしてパーティションの容量を拡大し、左にトラックして容量を縮小して「OK」ボタンをクリックします。

EaseUS Partition Masterでパーティションのサイズを変更する2

ステップ3. ソフトのメイン画面で上部で保留中の操作をクリックして、「適用」をクリックして、変更を適用します。

EaseUS Partition Masterでパーティションのサイズを変更する3

対応オペレーティング システム

このWindows Server 2008パーティション マネージャは、Windows 2000 SP4、Windows 2000 Advanced Server SP4、Windows Server 2003 Standard Edition、Windows Server 2003 Enterprise Edition、Windows Server 2003 x64 Standard Edition、Windows Server 2003 x64 Enterprise Edition、Windows Server 2008、およびWindows Server 2008 x64 Enterprise Editionをサポートできます。

まとめ

Windows Server 2008でパーティションのサイズを変更する方法についての説明はこれで終わりました。最初に紹介した2つの方法は、一般的なWindows PCにも適用できます。好きな方法を1つ選んで、パーティションのサイズを変更してみましょう。

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

高機能なディスク管理

パーティション管理ソフトのボックス

Partition Master Professional

一番使いやすいディスク管理ソフトで、素人でもディスク/ パーティションを自由に変更できます!