> How to Use > パーティション管理 > Windows 10/8/7でインターネットブラウザが作動不能時の対処法

Windows 10/8/7でインターネットブラウザが作動不能時の対処法

2017-01-10 Posted by Bak to パーティション管理

概要:
インターネットブラウザはネットでの最新情報を得るための重要な窓口であり、パソコンを使う人なら誰でも利用するツールとも言えます。しかし、Windows 10/8/7環境では、インターネットブラウザが作動不能になることはよく発生してしまいます。どうすれば対処できるでしょうか?その方法を皆さんに紹介します。

「Windows 10のシステムアップデートを行った後、インターネットブラウザの作動が原因不明に停止され、再び実行できなくなりました。どうすれば修復できるでしょうか?」

「Google Chrome、Opera、Mozilla FireFox、Internet Explorerなど、全てのブラウザがおかしくなって、何かを入力して検索することまでできなくなりました。対処法のご教授よろしくお願いいたします。」

ブラウザはネットでの最新情報を得るための重要な窓口で、利用されることがとても多いです。しかしエラーの発生も散見されていて、日常の使用に大きな不便を与えてしまいます。次は、Windows 10/8/7でインターネットブラウザが作動不能時の対処法を皆さんに紹介します。

対処法一:ブラウザを最新バージョンにアップデート

Windowsシステムアップデートした後のブラウザ作動不能は、ブラウザを最新バージョンにアップデートすることで解決するのは普通です。もし、システムアップデートを行うことがありましたら、まずはブラウザのバージョンアップを試しましょう。

対処法二:ネットワークトラブルシューターで修復

  • サーチにて「troubleshooter」と入力して「Troubleshooting」を実行します。
  • 「ネットワーク&インターネット」「インターネットに接続」をクリックします。
  • 修復ツールが自働的にパソコンを検索します。
  • インターネットブラウザエラーでも対処可能です。
  • 修復プロセスが完了すると、パソコンを再起動し変更を保存します。

対処法三:ディスクエラーをチェックして修復

ディスクではエラーが存在する場合、インターネットブラウザが作動不能状態になる可能性も高いです。ディスクでのエラーを修復するには、無料のディスクエラー修復ツール―EaseUS Partition Master Freeを皆さんにお薦めします。無料ソフトでありながら、ディスクを全般的に検査し、検出されたエラーを修復することが可能です。

1.ソフトを実行して、チェックしたいディスク/パーティションを右クリックして、「パーティションをチェック」を選択します。

「パーティションをチェック」を選択する

2.「OK」を押して、エラーチェックプロセスを実行します。

修復プロセスを実行する

EaseUSが選ばれる理由