> How to Use > パーティション管理 > マイクロソフの「修理する権利」の方針!その意味とは?

マイクロソフの「修理する権利」の方針!その意味とは?

EaseUSの筆者のプロフィール写真

Yiko | カテゴリ: パーティション管理 | 2022年09月21日に更新

概要:

最近、Microsoftが「修理する権利」を支持する方針を提出しました。その方針はどういう意味ですか、何をできますか?ここでは、「修理する権利」について詳しく紹介します。また、 自力でMicrosoftを修復したい場合は、Stellar Toolkit for File Repairを実行して、Microsoft Officeファイルを修復してください。

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼
 

マイクロソフトの「修理する権利」方針とは

この「修理する権利」方針は、2021年6月に提出された、自社製品をより簡単に修理できるようにすることの環境効果を慎重に調査することを要求する株主決議に対応するもので、より重要な修理の権利キャンペーン-何年も前からペースと勢いを増して-に促されていたものです。本日の記事では、マイクロソフトの「修理する権利」方針の実際の意味について詳しく紹介します。それでは、始めましょう。

マイクロソフトの「修理する権利」方針

「修理する権利」とは、技術メーカーに対して、製品を修理する方法をユーザーに提供することを義務付ける法律を指します。それはしばしば、部品、工具、診断手順、文書などの形をとります。

多くの技術系企業は、長年にわたってオリジナルの部品やメンテナンスマニュアルへのアクセスを制限してきました。それとは別に、アップルやサムスンのような一流企業は、かなりのコスト差にもかかわらず、承認された修理拠点のみを利用するようユーザーを説得する試みを何度も行ってきました。

この1年、「修理する権利」キャンペーンは多くの共感をもらいました。人々は自分のものを修理したいと願い、企業や政府はそれをより簡単なものにしようとし始めているのです。欧州連合(EU)は携帯電話の充電器を標準化する措置をとりました。そしてFCCは、消費者が自由に機器を修理することができるという意見を公に受け入れたのです。

「修理する権利」方針はユーザにどのような影響を与えるか

[修理する権利」運動は、世界中で広がっています。消費者や個人の修理業者からサムスンやアップルのような大企業まで、製品や電子製品の生産・購入に関わるすべての人に影響があります。

「修理する権利」キャンペーン

機器メーカー

メーカーの中には、このキャンペーンの人気が高まることを懸念しているところもあります。なぜなら、彼らは自分たちの部品やガイドラインをプライベートなものと考えており、これらのマニュアルが一般に公開されることを望んでいないからです。彼らは、これらの知識が企業秘密またはビジネス上の秘密であると感じているのです。この例として、アップル社が独自のネジを開発し、消費者が高価な工具を使わずにガジェットを開けることを禁止したことが注目されます。

一方、このような個人情報の正当化は、他の企業にとってはそれほど重要ではありません。デル社やパタゴニア社は、自社で製造した機器や製品の説明書やスペアパーツを喜んで消費者に提供している。修理が得意な人には、必要な工具をすべて提供し、必要な文書にアクセスできるようにしている。

修理工場

「修理する権利」キャンペーンの成功から最も恩恵を受けるのは、修理業者です。修理業者は、ユーザーから携帯やコンピュータのバッテリーのような基本的なものを入手することができます。今、修理工場に部品や機材を販売する企業も出てきています。

消費者と修理の権利

家電製品は顧客の所有物です。それを修理する手段を一般の人が利用できるようにし、企業が十分なカスタマーケアを提供できない場合に責任を負わせることは、公共の利益になります。法律が制定されれば、消費者は意図的な陳腐化から保護されることになリます。

「修理する権利」キャンペーンの支持者は、これはむしろ、最終的に機器を正常に動作するように維持することを約束することをやめる企業から電話を借りるようなものだと主張しています。

待たずに自分で修理しよう

これまで説明してきたこととは別に、ユーザーの皆さんは、何かを修理するために待つ必要はありません。以下では、Microsoftファイルを修復するための2つの最良の方法を概説しています。

方法1. Microsoft Office ドキュメントを修復する

破損の程度やファイルのサイズによっては、Word、Excel、PowerPointなどの破損したMicrosoft Office文書を修復することは困難な作業となる場合があります。ここでは、Stellar Repair Toolkit は、破損した Word、Excel、PowerPoint ファイルを修復するシンプルで効率的な方法を提供します。

また、ファイル修復ツールを使って指定された場所にデータを保存する前に、修復されたWord、PPT、Excel、およびPDFファイル内に含まれるデータを調べることができます。このツールキットのプレビュー機能により、ユーザーは修復を進める前に、修復結果が選択したファイルの元データと一致しているかどうかを判断することができます。

EaseUS Repair Toolkitの主な機能:

  • Word (.doc and.docx) ファイルの修復
  • Excel (.XLS/.XLSX) ファイル修復/復元
  • PowerPoint (.ppt/.pptx/.pptm) ファイルを修復/復元
  • 損傷、破損、アクセス不能になったPDFファイルの内容を修復/復元
  • 修正後のファイルのプレビューを表示する機能を搭載

Word文書などのOfficeファイルを一刻も早く修復するために、このツールをダウンロードし、とりあえず無料体験してください。

操作手順

ステップ1.ファイルの種類を選択します。

Stellar Toolkit for File Repair をダウンロードし、インストールします。ソフトのメイン画面から「Repair Spreadsheet」を選択し、修復したいMS Office 文書を修復します。

エクセルファイルの選択

ステップ2.破損したドキュメントをスキャンします。

次の画面から、修復する破損したファイルを選択します。あなたは、システム上の破損したオフィスファイルを見つけるために、 「Select File 」または 「Select Folder 」オプションを選択することができます。破損したファイルを選択したら、「scan」をクリックして、スキャンを開始します。

Excelファイルを修復する手順

ステップ3. ドキュメントを修復して保存する。

スキャンが終了すると、すべての復元可能な情報がソフトウェアの左側のパネルに表示されます。修復する前に、任意の項目をクリックしてプレビューしてください。修復されたデータを保存するには、ファイルメニューから「Save File」クリックし、任意の保存先を入力し、「OK 」を押してください。

プレビューと保存の手順

方法2. ファイルシステムエラーを修正

システムエラーと格闘するのは大変なことです。コンピュータのパフォーマンスの低下や長いロード時間にうんざりしている方には、EaseUS Partition Master Freeをお勧めします。

EaseUS Partition Master Freeに「システム最適化」の機能が搭載されています。CHKDSKコマンドの完璧な代替品です。このワンクリックツールを使って、破損したファイルシステムを簡単に修正することができます。

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

ステップ1. お使いのコンピュータにEaseUS Partition Master Freeをダウンロードし、インストールを完了します。

ステップ2. ソフトウェアを実行します。「システム最適化」をクリックし、「ファイル表示」を選択します。

システム最適化

ステップ3. 、右側の「最適化」をクリックして、「ファイル表示」を選択します。

ステップ4.  システムドライブを選択して、「ファイルシステムのエラーをチェック&修復」の前にチェック入れます。「実行」ボタンをクリックして、ツールが修復タスクを実行するのを待ちます。

システムエラーを修正する手順

まとめ

本記事では、Microsoftの「修理する権利」方針について詳しく紹介しました。また、日常で破損した資料や写真などのデータを修復する場合は、上記で紹介している2つの方法を利用することができます。

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

 

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

高機能なディスク管理

パーティション管理ソフトのボックス

Partition Master Professional

一番使いやすいディスク管理ソフトで、素人でもディスク/ パーティションを自由に変更できます!