> How to Use > パーティション管理 > windows 10へアップグレード中のエラーを抑える方法

windows 10へアップグレード中のエラーを抑える方法

2016-05-18 Posted by Bak to パーティション管理

概要:
windows 10へアップグレードする時エラーが出たり、アップグレードに失敗したりすることがよく発生します。この文章はWindows10アップグレードに失敗した時の対処法を皆さんに紹介しますので、是非ご参照ください。

皆さんは、windows 10にアップグレードする時、Windows10アップグレードのエラーが出たり、Windows10アップグレードに失敗したすることがありますでしょうか。Windows10アップグレードに、何エラーが発生するのはちょっと耳なれますが、多くのユーザーは、どうしたらエラーを回避できるかが分からないようですので、ここで、皆さんに幾つかのヒントを教えようと思います。

ヒント1.Windows 10アップグレードを成功させるため、パーティションを拡張

Windows10アップグレードに失敗した原因について、システムドライブの空き容量が足りないことは多く取り上げられていました。それゆえ、Windows10のアップグレードを成功させるために、システムパーティションを事前に拡張することが必要でしょうか。ただし、パーティションのサイズを変更するというのは、ちょっとプロらしい作業で、多くのユーザーにとって難しすぎると思います。

ご心配なく、ここでパソコン初心者でも簡単にシステムパーティションを拡張する方法を皆さんにおススメします。システムパーティションを拡張することで、アップグレードに必要なスペースを作りましょう。ここは、パーティション管理専門家であるEaseUS Partition Master Freeを皆さんにおススメしたいです。フリーソフトでありながら、リサイズ、結合、分割などのパーティション変更操作を見事に済ませます。

windowsパーティションをリサイズするガイドこちらにご参照ください。下の操作ガイドビデオもご覧ください。

ヒント2.Windows10アップグレードに失敗したら、トラブルシューティングで修復

エラーを排除しうまくアップデートできるようにするため、windowsにはトラブルシューティングというツールが搭載されています。次は詳しく使い方を説明します。

サーチにて、トラブルシューティグを検索し実行します。

②システム&セキュリティでアップデート中の問題を修復してみてください。

③修復が終わったら、問題が解決されたかを確認します。

ヒント3.Software Distribution folderを削除することでWindows10アップグレードを成功に

0xc000017/80240020/80200056などのエラーコード出る場合には、パソコンでのSoftware Distribution folderを削除するのは一番有効的なソリューションかもしれません。

C:\Windows\SoftwareDistribution\Download folderにてすべてのファイルを削除します。

②スタートを右クリックし、Command Prompt(admin)を開けます。

③exe/updatenowと入力してEnter

④windowsアップデートにて問題が解決されたかをチェック。

ヒント4.手動的にwindowsアップデートコンポーネントをリセットすること

手動的にwindowsアップデートコンポーネントをリセットすることもかなり効率的な手段です。ネットで調べれば相関ガイドがありますが、やはり複雑すぎると思ったら、パソコンに詳しいプロに頼ればとお勧めします。

EaseUSが選ばれる理由