> How to Use > パーティション管理 > windows 10へアップグレード中のエラーを抑える方法

windows 10へアップグレード中のエラーを抑える方法

2016-05-18 Posted by Bak to パーティション管理

概要:
windows 10へアップグレードする時エラーが出たり、アップデートが失敗したりすることがよくあります。この文章はアップデート中のエラーを回避する方法を教えます。

皆さんは、windows 10にアップグレードする時、エラーが出て失敗したことがありますか?なかったら幸いですが、実はエラーが発生する状況はよくあります。どうしたらエラーを回避できるでしょうか。今日は、皆さんに幾つかのヒントを教えます。

ヒント1 windowsでのトラブルシューティングツールを使うこと

エラーを排除しうまくアップデートできるようにするため、windowsにはトラブルシューティングというツールが搭載されています。次は詳しく使い方を説明します。

サーチにて、トラブルシューティグを検索し実行します。

②システム&セキュリティでアップデート中の問題を修復してみてください。

③修復が終わったら、問題が解決されたかを確認します。

ヒント2 Software Distribution folderを削除すること

0xc000017/80240020/80200056などのエラーコード出る場合には、パソコンでのSoftware Distribution folderを削除するのは一番有効的なソリューションかもしれません。

C:\Windows\SoftwareDistribution\Download folderにてすべてのファイルを削除します。

②スタートを右クリックし、Command Prompt(admin)を開けます。

③exe/updatenowと入力してEnter

④windowsアップデートにて問題が解決されたかをチェック。

ヒント3 手動的にwindowsアップデートコンポーネントをリセットすること

手動的にwindowsアップデートコンポーネントをリセットすることもかなり効率的な手段です。ネットで調べれば相関ガイドがありますが、やはり複雑すぎると思ったら、パソコンに詳しいプロに頼ればとお勧めします。

ヒント4 プロなパーティション管理ソフトでwindowsパーティションをリサイズすること

パーティションをリサイズすることで、システムドライブに十分なスペースを与えることができます。ここは、パーティション管理専門家でありEaseUS Partition Master Freeを皆さんにおススメしたいです。フリーソフトでありながら、リサイズ、結合、分割などのパーティション操作を見事に済ませます。

windowsパーティションをリサイズするガイドこちらにご参照ください。下の操作ガイドビデオもご覧になれば幸いです。

 

もちろん、有料版もありますので、ダイナミックボリュームのサイズ変更や、windows pe/コマンドラインでのサポートに需要がある方は、有料版をご検討ください。

 

 

 

 

 

EaseUSが選ばれる理由