> How to Use > パーティション管理 > Windows 10でのディスククリーンアップ:ディスクスペースを解放しよう

Windows 10でのディスククリーンアップ:ディスクスペースを解放しよう

EaseUSの筆者のプロフィール写真

Bak | カテゴリ: パーティション管理 | 2020年12月16日に更新

概要:

ディスクをクリーンアップするのはパソコンにとってはかなり重要なケアといわれます。ディスクのストレスを解消し寿命を延ばすほか、パソコンのパフォーマンスを上げることもできます。この記事では簡単にディスククリーンアップを行う方法を二つ皆さんに紹介します。

今すぐダウンロード
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼
 

Windows 10でのディスククリーンアップについて

皆さんは、今使っているパソコンでのディスクの状況を知っていますか。ディスクをクリーンアップするのはパソコンにとってはかなり重要なケアと言われています。ディスクのストレスを解消し寿命を延ばすことができますし、パソコンのパフォーマンスを上げることもできます。Windows 10でディスクのクリーンアップを行うため、Windows内蔵のディスククリーンアップツールを使うことができます。しかし、時々、内蔵クリーンアップツールが使いにくくて、クリーンアップ自体もとても不完全なので、強力のサードパーティーを使ってディスクをクリーンアップする必要もああります。本文では、これらの2つの方法について皆さんに紹介します。

1.強力的なクリーンアップソフトでジャンクファイル/大容量ファイルをクリーンアップしてWindows 10ディスクスペースを解放する。

2.Windowsに内蔵の「ディスククリーンアップ」でジャンクファイルをクリーンアップしてWindows 10ディスクスペースを解放する。

EaseUSクリーンアップツールでWindows 10ディスクをクリーンアップ

ここで皆さんにお薦めしたいのは、クリーンアップツールが搭載されるEaseUS Todo PCTransという強力ツールを使うことです。それでは、下記の操作ガイドを参考して、Windows10でディスクをクリーンアップしましょう。

今すぐダウンロード
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

1.システムクリーンアップでジャンクファイルをクリーンアップ

ステップ1.パソコンでEaseUS Todo PCTransを開きます。ソフトの初期画面で「システムクリーンアップ」を選択し、「スキャン」をクリックします。

ジャンクファイルをクリーンアップするステップ1

ステップ2.スキャンのプロセスが完了したら、ジャンクファイルが全て表示されます。ここで削除したいファイルを確認します。

ジャンクファイルをクリーンアップするステップ2

ステップ3.クリーンアップ」ボタンをクリックすることで操作を実行します。

ジャンクファイルをクリーンアップするステップ3

上記のように、簡単な3ステップだけディスクのクリーンアップ操作を実行して、ディスクのスペースを解放することができます。

2.大容量ファイルをクリーンアップしてディスクの容量を解放

ハードディスクの容量を最も占めているのは、もちろん大容量ファイルです。EaseUS Todo PCTransというクリーンアップは、大容量ファイルを完全に検出して削除することも可能です。大容量ファイルをクリーンアップするには、下記のステップに従ってください。

ステップ1.パソコンでEaseUS Todo PCTransを開きます。ソフトの初期画面で「大容量ファイルクリーンアップ」を選択し、スキャンしたいパーティションを選択した上、「スキャン」をクリックします。

大容量ファイルをクリーンアップするステップ1

ステップ2.スキャンのプロセスが完了したら、容量が20MB以上のファイルが表示されます。これらのファイルから削除したいファイルを選択します。

大容量ファイルをクリーンアップするステップ2

ステップ3.削除」ボタンをクリックすることで操作を続けます。それから、ホップアップされるウィンドウで削除ファイルをもう一度確認し、削除をクリックします。

大容量ファイルをクリーンアップするステップ3

今すぐダウンロード
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

「ディスククリーンアップ」でWindows 10ディスクをクリーンアップ

第三者ソフトを使うのが気に障るなら、Windowsシステムで搭載される「ディスククリーンアップ」を使いましょう。

ディスクをクリーンアップするため、一時ファイルの削除

プログラムのファイル、thumbnailsファイルやログファイルは、プログラムがインストールされてから自動的に生成されたファイルです。これらのファイルは基本的に不要なファイルですが、ハードディスクの容量を結構占めています。Windowsに内蔵の「ディスクのクリーンアップ」ツールを使用することで、これらのファイルを削除することができます。次はその操作手順を皆さんに紹介します。

ステップ1.スタートボタンの右側にある「ここに入力して検索」ボックスで「ディスククリーンアップ」を入力します。

ステップ2.ディスククリーンアップを実行するドライブを指定します。

ディスククリーンアップでドライブを選択

ステップ3.ここで「ダウンロードされたプログラムファイル」、「インターネット一時ファイル」、「縮小表示」が黙認にチェックされています。これ以外のファイルを削除したい場合は、項目の前にチェックしてください。

クリーンアップしたいファイルを選択

 

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

高機能なディスク管理

パーティション管理ソフトのボックス

Partition Master Professional

一番使いやすいディスク管理ソフトで、素人でもディスク/ パーティションを自由に変更できます!