> How to Use > パーティション管理 > Windows 10 Creatorアップデートのためシステム回復ディスクを作成する方法

Windows 10 Creatorアップデートのためシステム回復ディスクを作成する方法

2017-04-07 Posted by Bak to パーティション管理

概要:
Windows 10のCreatorアップデートがもうすぐリリースされます。システムアップデートを行う前に、システム回復ディスクを作成しておくのはいいですが、やり方が分からない方は多いでしょう。この記事では、Windows 10 Creatorアップデートのため、システム回復ディスクを作成する方法を皆さんに紹介します。

Windowsシステムアップデートをする前に、システム回復ディスクを作成し、万が一アップデート失敗してシステムが崩壊した場合役立たせるのは普通です。でもシステム回復ディスクの作成し方が分からない人が少なくありません。

システム回復ディスクの作成方法を紹介する前に、まずシステム回復ディスクは何という問題を明らかにしないといけません。簡単に言うと、システム回復ディスクが応急用の臨時システムです。更に簡単にいうと、起動システムが入れられたUSBなどの記憶装置が回復ディスクの正体です。

システム回復ディスクの作成方法

ここで、システム回復ディスク作成ツールを備えるEaseUS Partition Masterを皆さんにお薦めします。簡単なステップで、システム回復ディスクを作成できます。

1.ウインドーの左上側にある「ブータブルディスクを作成」をクリックします。

「ブータブルディスクを作成」をクリックする

2.USB或いはCD/DVDを挿入し、設定を確認してから「実行」をくりっくします。

USB或いはCD/DVDで作成する

3.もしブートディスクの作成に失敗したら、ISOをエクスポートして第三者書き込みソフトで作成してください。

ISOをエクスポートして第三者書き込みソフトで作成

Windowsのインストールディスクを利用して回復ディスクを作成するのも可能です。

  • Windowsのインストールディスクをパソコンに接続し、そこでPCを起動します。
  • 「Repair」をクリックして、コマンドプロンプトを選択します。
  • 「recdisc」とタイプして、Enterキーを打ちます。
  • 回復ディスクのラテルを指定します。

EaseUSが選ばれる理由