> How to Use > パーティション管理 > Windows 7で仮想ディスクをコピーする方法

Windows 7で仮想ディスクをコピーする方法

2014-11-04 Posted by Bak to パーティション管理

概要:
一部のユーザがデータをより安全な場所に移行するために、VHDを物理ディスクまでコピーしようとしていますが、Windows 7は仮想ディスクのコピーを支持していません。こういう場合では、第三者のパーティションソフト仮想ディスクをコピーしてくれます。Windows 7パーティションマネージャ-EaseUS Partition Masterが仮想ディスクを簡単にコピーできます。そのほか、仮想パーティションの移動、サイズ変更、FAT VHDからNTFSへの変更などの機能を備えています。

仮想HDDについて

VHD(virtual hard disk)は一つのホストマシンで複数のオペレーティングシステムが置かれ、ハードウェアに損害なしで異なったOS環境でソフトをテストすることができますので、ソフトウェア開発者にとても人気があります。この操作システムはホストOSがある場合も、ない場合も、Windows 7を完璧にサポートしできます。今、Windows 7及びWindows 2008 R2のみがこの機能をサポートしています。

Windows 7で仮想ディスクのコピーについて

一部のユーザがデータをより安全な場所に移行するために、VHDを物理ディスクまでコピーしようとしていますが、Windows 7は仮想ディスクのコピーをサポートしていません。こういう場合では、第三者のパーティションソフト仮想ディスクをコピーしてくれます。

Windows 7のパーティションソフトでVHDをコピーする手順

Windows 7パーティションマネージャ-EaseUS Partition Masterが仮想ディスクを簡単にコピーできます。そのほか、仮想パーティションの移動、サイズ変更、FAT VHDからNTFSへの変更などの機能を備えています。

1.まずはこのパーティションマネージャーをダウンロードしてください。

2.VHDファイルを次のステップに従って接続してください。

「マイコンピューター」を右クリック > 「管理」 > 「ディスクの管理」を右クリックして、「VHDの接続」を選択してください。

EaseUS Partition Masterでvhdコピー

3.EaseUS Partition Masterを実行して、コピー元の仮想ディスクを選択してください。

EaseUS Partition MasterよりWindows 7で仮想ディスクをコピーする方法

4.ディスククローンウィザードは自動的にコピー元の仮想ディスクをチェックします。未割り当ての領域を目的ディスクとして選択してください。

ノート:選択したディスクにパーティションがある場合、ウィザードはディスクですべてのパーティションを削除することを要求しますので、データをバックアップするのは必要です。

5.目的ディスクでパーティションサイズを調整します。次のステップで、目標ディスクの情報は表示されます。「完了」をクリックして、VHDのコピーが完成しました。

6.左側のパネルで「保留中の操作」をチェックして、適用をクリックしてください。

メモ:

1.ダイナミックディスク、ブートディスクまたは不良ディスクは目的ディスクとして指定できません。

2.目的ディスクは仮想ディスクより小さいかもしれませんが、コピー元のディスクで使われた領域のサイズと同じまたはそれより大きいことにご注意ください。

Windows 7でVHDパーティションをコピーするほかに、EaseUS Partition Masterはパーティションサイズの調整、パーティションの移動、システムパーティションの拡張、パーティションの結合など高度な機能を備えています。

EaseUSが選ばれる理由