> How to Use > パーティション管理 > データ損失なしでWindows ServerでGPTをMBRに変換「三つの方法」

データ損失なしでWindows ServerでGPTをMBRに変換「三つの方法」

さわこ
更新者:さわこ 2023/11/24
   
aoki
執筆者:aoki
   

概要:

この記事では、Window Serverユーザーがデータを失うことなく、Windows ServerでGPTをMBRに変換する3つの方法について検証しています。このページに従って、ディスクをGPTからMBRに簡単に変換する方法をご覧ください。

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼
 

Windows ServerでGPTをMBRに変換する三つの方法

GPTディスクとMBRディスクは似たような機能を果たしますが、その仕様には違いがあります。GPTディスクはUEFI(Unified Extensive Firmware Interface)を使用し、ディスク上に4つ以上のパーティションをサポートしますが、MBRディスクは一方、標準のBIOSパーティションテーブルを使用し、ディスク上に4つのパーティションしか保持しません。

しかし、GPTディスクをMBRディスクに変換する必要がある場合があります。例えば、Windows 2003 32bit、Windows 2000、Windows NT4、Windows 95/98/ME、Windows XP 32bitなどのWindowsサーバーOSは、GPTディスクパーティションと互換性がない場合があります。GPTディスクを認識させるために、MBRに変換する必要があります。

Windows ServerユーザーがディスクをGPTからMBRに変換するには、3つの方法があります。

この記事では、GPTをMBRに変換する3つの方法について、ユーザーにご案内します。ただし、最初の方法は、Windows Serverディスクに最適なディスク変換ツールであるEaseUSのディスクコンバーターソフトウェア - EaseUS Partition Master Enterpriseが必要になります。また、2と3の方法を試す前に、データの完全な損失を防ぐために、すべての重要なディスクデータをバックアップする必要があります。それでは、さっそく始めましょう。

方法1:Windows ServerでEaseUS Partition Master Enterpriseを使ってGPTをMBRに変換

EaseUS Partition Master Enterpriseは、データを失うことなく、ディスクをGPTからMBRに難なく変換する効果的で信頼性の高いツールです。GPTからMBR、MBRからGPTへの変換、ベーシックディスクからダイナミックディスク、FAT32からNTFSへの変換、パーティションの作成、リサイズ/移動、調整、結合、移行など、総合的な機能を備えたディスクパーティションソフトウェアです。

EaseUS Partition Masterは、GPTからMBRへの変換において、ディスク管理およびDiskpartコマンドプロンプトを凌駕していることは言うまでもないでしょう。GPTからMBRへの変換中に、ディスク上のすべてのデータを安全に保存し、変換プロセス中にすべての既存パーティションがそのまま維持されることを確実にします。

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

ステップ1.EaseUS Partition Masterをパソコンにインストールして起動し、「ディスクコンバーター」セクションに進みます。

ステップ2.「GPTをMBRに変換」を選択し、「次へ」をクリックして進みます。

「GPTをMBRに変換」を選択し、「次へ」をクリックして進む

ステップ3.MBRに変換したい対象のGPTディスクを選択し、「変換」をクリックすると変換が開始されます。

「変換」をクリックすると変換が開始される

このツールは、Windows Serverで最高のディスクパーティショニングを実現するために設計されており、あらゆるレベルのWindows管理者がWindows Serverコンピュータのハードディスクを管理できるようにします。このように、EaseUS Partition Master Enterpriseは、GPTをMBRに変換するための最高の選択であるべきです。

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

方法2:ディスクの管理を使ってGPTをMBRに変換

ディスクの管理は、様々なディスクパーティショニング作業にアクセスし、実行するために使用されるWindowsの組み込みツールです。GPRをMBRに変換する際にディスク管理を採用するには、ディスク上のすべてのボリュームを削除する必要があります。したがって、変換を開始する前に、重要なデータを別のディスクまたは外付けドライブにバックアップし、ディスクにアクセスするプログラムを終了します。

以下は、ディスクの管理を使用してGPTをMBRに変換するためのガイド手順です。

  • スタートメニューから「コントロールパネル」を入力し、「Windows ツール」をクリックし、最後に「コンピュータ―の管理」をクリックして、新しいウィンドウを表示します。
  • ストレージの下にある「ディスクの管理」を選択します。

注:ディスクの管理でディスクをGPTからMBRに変換するには、すべてのディスクボリュームを削除する必要があります。

ボリュームを右クリックして、「ボリュームの削除」を選択します。これがすべてのパーティションに対して行われることを確認してください。

「ボリュームの削除」を選択する

注:ディスクの管理でディスクをGPTからMBRに変換するには、すべてのディスクボリュームを削除する必要があります。すべてのパーティションに対してこれを行うことを確認してください。

  • ターゲットディスクを右クリックし、「MBRディスクに変換」を選択します。

「MBRディスクに変換」を選択する

変換が実行されると、MBRディスクができあがり、必要に応じてパーティションを作成することができます。

方法3:CMDを使ってGPTをMBRに変換

Windowsのコマンドプロンプトは、空のディスクをGPTからMBRに変換することしかできません。変換する前に、GPTディスクの既存のパーティションをすべて削除する必要があり、データ損失が発生します。そのため、CMDを使用してGPTをMBRに変換する際にデータの損失を防ぐには、まず貴重なデータを別のディスクまたは安全な場所にバックアップしてください。次に、以下の手順で変換を開始します。

  • 「Windows + R」キーを押し、「ファイル名を指定して実行」ウィンドウに「cmd」と入力します。
  • 次に、diskpart.exeと入力し、Enterキーを押します。
  • list diskと入力し、Enterキーを押します。GPTディスクを表すディスク番号が表示されていることを確認します。
  • select disk n(nはディスク番号、例:GPTディスク番号が1の場合、select disk 1と入力) と入力し、Enterキーを押します。
  • cleanと入力し、Enterを押します。選択したディスクのすべてのデータとパーティションが消去されます。
  • 次に、converts MBRと入力し、Enterキーを押します。

コマンドプロンプトでMBRに変換する

  • 最後にexitと入力して、コマンドプロンプトを閉じます。

ディスクの管理またはCMDを使ってMBRへの変換後のディスクのパーティション分割

GPTディスクをMBRに変換した後、ハードディスクを再パーティションして空き領域を確保し、ディスクをファイルシステムに割り当てる必要があります。この作業は、ディスクの管理またはCMDを使用して行うことができます。

#1. ディスクの管理を使用して新しいボリュームを作成します。

必要なことは、ディスクの管理を開いて、割り当てられていないスペースを右クリックし、新しいシンプルボリュームを選択することです。

「新しいシンプルボリューム」を選択する

  • 新しいシンプルボリュームウィザードのウィンドウで、パーティションサイズの設定、ドライブ文字の割り当て、システムファイルでのフォーマットなど、必要な設定を行います。

パーティションサイズの設定、ドライブ文字の割り当て、システムファイルでのフォーマットなど、必要な設定を行う

#2. CMDを使用してディスクを再パーティションします。

Windows CMDは以下の手順で変換後のディスクを再パーティション化することができます。

  • Win + Rキーを押して、「ファイル名を指定して実行」ボックスを起動します。cmdと入力し、Enterキーを押します。
  • diskpartと入力し、Enterキーを押します。ユーザーアカウント制御のウィンドウが表示されたら、「はい」をクリックします。
  • ここで、次のコマンドを1つずつ入力します。各コマンドでEnterキーを押してください。

list disk
select disk n (nは変換後のディスクの番号)
list partition
select partition 1
create partition primary size=* (MB)
assign letter=* 
format fs=ntfs quick
exit

CMDを使用してディスクを再パーティションする

exitと入力すると、コマンドプロンプトウィンドウが閉じ、ディスクの再パーティションが成功したことを示します。

#3. 高度なサーバーパーティションマネージャーソフトウェアの使用 - EaseUS Partition Master

しかし、変換したディスクの再パーティションをディスク管理やCMDで行う煩雑なストレスから解放されるには、EaseUS partition Master Enterpriseの使用をお勧めします。ディスクレイアウトの調整機能により、新しいドライブを自動的に検出し、ワンクリックで新しいMBRドライブに四つのドライブのパーティショニングをサポートします。

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

ステップ1. EaseUS Partition Masterを起動し、パーティションマネージャ―を開き、ポップアップした新しいディスクのガイドウィンドウで「このディスクをパーティション分割」をクリックします。

ステップ2. 作成するパーティションの数を設定し、パーティションスタイルをディスクに設定します - MBRまたはGPT

または、EaseUS Partiton Masterが提供するデフォルトの設定を受け入れることができます。完了したら、「OK」をクリックします。

パーティションサイズなどを設定する

ステップ 3. 「1タスクの実行」と「適用」をクリックして、新しいHDD/SSDまたは外付けディスクのパーティショニングを確定します。

「1個のタスクを実行」と「適用」をクリックして、新しいHDD/SSDまたは外付けディスクのパーティションニングを確定する

まとめ

データを失うことなくGPTをMBRに変換するには、EaseUS Partition Mater Enterpriseを使用するのが最適です。ただし、ディスクの管理やCMDを使う場合は、ディスク上のデータを完全に消去する必要があるため、変換前に必要なファイルをすべてバックアップしておく必要があります。煩雑な作業で時間的にも非効率です。EaseUSディスク変換ソフトをダウンロードしてインストールすれば、数回のクリックで操作できます。

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

データ損失なしでWindows ServerでGPTからMBRへの変換についてよくある質問

1.どのようにデータを失うことなくGPTをMBRに変換できる?

データを失うことなくGPTをMBRに変換するには、変換する前に重要なデータをバックアップする必要があります。

2.GPTからMBRに変換すると、データが削除される?                                                                   

ディスクが2TB以上の場合、はい、データは失われます。それを避けるために、余分なデータを外付けハードドライブまたはUSBフラッシュドライブに移動することができます。

3.Windowsを再インストールせずにGPTをMBRに変換するにはどうすればよい?

  • 健康なパソコンで起動可能なUSBまたはCDを作成します。
  • 起動可能なドライブをパソコンに接続し、起動優先順位を変更します。
  • EaseUS Partition Masterを起動し、GPTをMBRに変換します。

EaseUS Partition Master Free の詳細については>>

高機能なディスク管理

パーティション管理ソフトのボックス

Partition Master Professional

一番使いやすいディスク管理ソフトで、素人でもディスク/ パーティションを自由に変更できます!