> How to Use > パーティション管理 > Windows 10/8でのキャッシュを削除する方法

Windows 10/8でのキャッシュを削除する方法

2017-05-17 Posted by Bak to パーティション管理

概要:
Windowsでのキャッシュがあまりにも多くなると、pc動作が遅くなります。Windows 10/8でのキャッシュを削除するには、どうすればいいでしょうか?その方法を皆さんに紹介します。

Windowsでキャッシュ削除の必要性

簡単に言うと、キャッシュは読み込み速度を速くするために自動的に生成された一時ファイルです。例えば、ブラウザで初めてページを開く時はかなり時間がかかりますが、2回目以降は開く時間が短くなります。

しかし、キャッシュが大量に貯まってしまうとデメリットも生み出されます。パソコンでのキャッシュが多すぎると、システム起動とPCの動作スピードも遅くなります。そのため、定期的にキャッシュファイルを削除し、パソコンでクリーンな環境を作ることは重要です。

次は、Windows 10/8でのキャッシュを削除する二つの方法を皆さんに紹介します。

ディスククリーンアップでキャッシュを削除(Win10向け)

Win10ではディスククリーンアップという内蔵ツールが搭載されます。そのツールを利用して、一時ファイルやキャッシュ、または他のジャンクファイルを検出して削除するのが可能です。

一時ファイルの削除

1. タスクバーで「Disk cleanup」と検索して、ディスククリーンアップツールを開きます。
2. 「ファイルの削除」で、削除したい一時ファイルの詳細設定を指定します。
3. 最後に「OK」をクリックします。

キャッシュの削除

1. ディスククリーンアップで、「システムファイルをクリーンアップ」を選択します。
2. キャッシュファイルのタイプを指定します。
3. 最後に「OK」をクリックします。

第三者ソフトでキャッシュを削除(Win10/8向け)

今回は、無料のPCクリーンアップツールEaseus Partition Master freeを皆さんにお薦めします。パソコンでのジャンクファイルを迅速的に検出し、削除するのは可能です。

ソフトを実行し、初期画面で「クリーンアップ/最適化を実行」をクリックして、ジャンクファイルや無駄の大容量ファイルを削除します。

パソコンでのジャンクファイルや無駄の大容量ファイルを検出して削除する

システムディスクを右クリックして、「パーティションをチェック」を選択して、ディスクでのエラーを検出し、修復することが可能です。

システムディスクでのエラーを検出し、修復する

EaseUSが選ばれる理由