> How to Use > パーティション管理 > Windows 10ビルド14316へアップデート!エラー0x80240031処理法

Windows 10ビルド14316へアップデート!エラー0x80240031処理法

2016-04-26 Posted by Bak to パーティション管理

概要:
Windows 10ビルド14316にアップグレードする時エラーコード0x80240031が出るのをEaseUS Partition Master Freeを使うことで避ける方法、それを紹介します。

Windows 10の新しいビルド14316が4月6日にリリースされましたが、エラーコード0x80240031でアップデートできなかったユーザーが現れたそうです。ここで、エラー0x80240031を避けて簡単にWindows 10ビルド14316にアップデートする方法を、アップデートできなかった方々にご紹介いたします。

ヒント1 システムドライブとパーティションを拡張することでWindows 10システムに充分なスペースを残します


システムにスペースが不足なのでアップデートできなくなることが多いです。ですから、システムドライブとパーティションを拡張して、アップデートに充分なスペースを支えるのは大事なのです。ここで、フリーパーティション管理ソフトEaseUS Partition Master Free をお勧めいたします。

ステップ1.EaseUS Partition Master Freeを起動してから、右ドラッグでシステムドライブやパーティションの後にスペースを作ります。

ステップ2.システムドライブやパーティションを右クリックして、「パーティションのサイズを調整或いはパーティションを移動する」を選びます。

EaseUS Partition Master FreeでWindows 10ビルド14316にアップデートするステップ1

ステップ3.システムドライブやパーティションの後ろ側を右へドラッグして、スペースを加えます。

ステップ4.変更を実行する」をクリックします。


ヒント2 Windows 10ビルド14316にアップデートする前に、システムエラーをクリーンし、又は直します。


アップデート中のエラーを避けるため、Windows 10でのエラーをチェックして、それをクリーンにすることが肝要です。エラーのチェックと直すことを済ませるなら、EaseUS Partition Master Freeを使って、下記の操作を行えば簡単です。

ステップ1.EaseUS Partition Master Freeを起動し、チェックしたいパーティションを右クリックして、「パーティションをチェックする」を選びます。

ステップ2.チェックするやり方を選んで、「OK」をクリックします。

EaseUS Partition Master FreeでWindows 10ビルド14316にアップデートするステップ2

ステップ3.EaseUS Partition Master Freeが自動的にエラーをチェックして直します。プロセスが終わると、「OK」をクリックします。

EaseUS Partition Master FreeでWindows 10ビルド14316にアップデートするステップ3


ヒント3 ESDファイルがちゃんとWindows 10に保存したかと確認します。


ESD to ISOファイルが確実にPCにインストールされたのを確認するのが必要です。もしPCでESD to ISOファイルが見つからない場合なら、コンテンツをダウンロードして、ESDフォルダーに置きます。操作を済ませると次の段取りへ行きます:

ステップ1.ESD to ISO.SMD」を右クリックします。

ステップ2.Run as administrator」を選びます。

ステップ3.2」を選んでファストプランを行います。
数分後、アップデートするためのISOファアイルができます。それで、クリーンなシステムインストールを続けられます。


Windows 10ビルド14316にアップグレード!


上記のプロセスを終えれば、安心しながらビルド14316にアップデートしましょう!0x80240031などのエラーコードが現れずに、順調にアップデートするのが可能です。

 

EaseUSが選ばれる理由